ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💴|1,000万円以上のお金が振り込まれたら銀行から電話が…どうしたらいい?


写真 

1,000万円以上のお金が振り込まれたら銀行から電話が…どうしたらいい?

 
内容をざっくり書くと
個人向け国債は、銀行や郵便局、証券会社などで購入できる金融商品です。
 

退職金や満期の保険金など1,000万円以上のまとまったお金を受け取った場合、どうしたら良いのでしょう… →このまま続きを読む

 MONEY PLUS

MONEY PLUS(マネープラス)は、お金の話が苦手な人に向けて、金融・経済情報をわかりやすく伝える経済メディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

金融商品

金融商品(きんゆうしょうひん、: financial instrument)とは、一般に金融取引における商品を漠然と指す。専門用語としては、以下に述べるように特別な定義が置かれている。

会計用語としての金融商品

JGAAPにおける金融商品

日本の企業会計における用語としての金融商品は、金融資産金融負債およびデリバティブ取引に係る契約の総称であり[1][2]、複数種類の金融資産または金融負債が組み合わされているもの(複合金融商品)も含まれる[1][3]。視点を変えて、一方の企業に金融資産を生じさせ他の企業に金融負債を生じさせる契約および一方の企業に持分の請求権を生じさせ他の企業にこれに対する義務を生じさせる契約(株式その他の出資証券に化体表章される契約である。)であるともされる[2]

そして、ここでいう金融資産とは、現金預金受取手形売掛金および貸付金等の金銭債権株式その他のおよび公社債等の有価証券ならびに先物取引先渡取引オプション取引スワップ取引およびこれらに類似する取引により生じる正味の債権等をいう[4]。また、現金、他の企業から現金もしくはその他の金融資産を受け取る契約上の権利、潜在的に有利な条件で他の企業とこれらの金融資産もしくは金融負債を交換する契約上の権利、または他の企業の株式その他の出資証券であるともされる[5]

他方で、金融負債とは、支払手形買掛金借入金および社債等のならびに先物取引、先渡取引、オプション取引、スワップ取引およびこれらに類似する取引により生じる正味の債務等をいう[6]。また、他の企業に金融資産を引き渡す契約上の義務または潜在的に不利な条件で他の企業と金融資産もしくは金融負債(他の企業に金融資産を引き渡す契約上の義務)を交換する契約上の義務であるともされる[7]

いくつかの会計に関する法令においては、「金融商品」を、資産および金融負債をいうものとして定義する[8]

IFRSにおける金融商品

金融商品取引法上の金融商品

金融商品取引法においては、「金融商品」の概念は、同法の規制対象として定義される「デリバティブ取引」においてそのとなり得るもの(あるいはの算出の根拠となり得るもの)として定義されており、一般的な意味とは大きく異なる点に留意を要する。具体的には、以下のものをいう[9]

  1. 有価証券
  2. 預金契約に基づく債権その他の権利または当該権利を表示する証券若しくは証書であって、外国為替及び外国貿易法第6条第1項第7号に規定する支払手段(通貨に該当するものを除く。)、同項第11号に規定する証券および同項第13号に規定する債権であるもの(1.に掲げるものを除く。)
  3. 通貨
  4. 商品先物取引法第2条第1項に規定する商品のうち、法令の規定に基づく当該商品の価格の安定に関する措置の有無その他当該商品の価格形成及び需給の状況を勘案し、当該商 品に係る市場デリバティブ取引により当該商品の適切な価格形成が阻害されるおそれがなく、かつ、取引所金融商品市場において当該商品に係る市場デリバティブ取引が行われることが国民経済上有益であるものとして政令で定めるもの
  5. 以上のほか、同一の種類のものが多数存在し、価格の変動が著しい資産であつて、当該資産に係るデリバティブ取引(デリバティブ取引に類似する取引を含む。)について投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定めるもの(商品先物取引法第2条第1項に規定する商品を除く。)(政令が定められていないため、空振り)
  6. 1.2.5.のうち内閣府令で定めるものについて、金融商品取引所が、市場デリバティブ取引を円滑化するため、利率、償還期限その他の条件を標準化して設定した標準物(内閣府令が定められていないため、空振り)

分類表

資産分類商品タイプ
現物デリバティブ取引
有価証券その他市場デリバティブ取引店頭デリバティブ取引
長期負債(一年超)
  • 債券先物取引
  • 債券先物オプション
短期負債(一年以下)
  • 短期金利先物取引
エクイティ(合名会社持分)
  • ストックオプション
  • エクイティ先物取引
  • ストックオプション
外国為替N/A(スポット外国為替取引)
コモディティN/A(スポット商品取引)

※括弧内は金融商品に含まれない。

類似語

  • 金融類似商品 - 金融商品の利子課税に関して使われる税制上の用語であり、利息相当分が利子所得以外の所得に分類される商品を指す。定期積金の給付補てん金、抵当証券の利息、金投資口座の利益、一時払養老保険の差益など。[10][11]
  • 金融派生商品 - 通貨・金利・債券・株式などの原資産の価格を基準に価値が決まる金融商品(デリバティブ)。或いは、それから派生した先物取引、オプション取引、スワップ取引、フォワード取引などの取引形態(デリバティブ取引)を指す。[12]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 企業会計審議会「金融商品に係る会計基準の設定に関する意見書」(1999年)2頁
  2. ^ a b 日本公認会計士協会・会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」第3項
  3. ^ 企業会計基準委員会・企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」(注1)
  4. ^ 企業会計基準委員会・企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」第4項
  5. ^ 日本公認会計士協会・会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」第4項
  6. ^ 企業会計基準委員会・企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」第5項
  7. ^ 日本公認会計士協会・会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」第5項
  8. ^ 財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則第8条第41項、農業協同組合法施行規則第128条の2第2項、水産業協同組合法施行規則第143条の2第2項、地方公共団体金融機構の財務及び会計に関する省令第4条第14項など。
  9. ^ 金融商品取引法第2条第24項、金融商品取引法施行令第1条の17
  10. ^ 保険市場用語集(保険市場)
  11. ^ No.1520 金融類似商品と税金(国税庁)
  12. ^ 保健市場用語集(保険市場)

証券会社

証券会社(しょうけんがいしゃ)とは、有価証券株式債券など)の売買の取次ぎや引受けなどを行う企業

日本の証券会社

概説

法律上の規定

日本においては、通常、金融商品取引法に規定される金融商品取引業者のうち、第一種金融商品取引業有価証券関連業に該当するものに限る。)を行う者を指す。

かつては、証券取引法において登録(1998年までは免許)を受けて証券業を営む会社を指す法令用語であったが、2007年9月30日の金融商品取引法への改正施行に伴ってこの概念が廃止され、従前の証券会社は、経過規定により、金融商品取引法第28条第1項第1号、第2号および第3号ハに掲げる行為に係る業務、有価証券等管理業務ならびに第二種金融商品取引業を行う金融商品取引業者とされた(「みなし登録第一種業者」)。これまでの証券業の概念は、概ね有価証券関連業として定義された。

金融商品取引法第33条第1項により、「銀行、協同組織金融機関その他政令で定める金融機関は、有価証券関連業又は投資運用業を行つてはならない。」として、金融機関(銀行等)が有価証券関連業を行うことを禁止している。しかしながら、同法同条第2項により、有価証券関連業の一部を営むことは可能である。

第1種金融商品取引業は金融庁長官の登録制である。登録要件は(1)株式会社である(2)資本金5,000万円以上である(3)自己資本比率が120%以上である、ほかに社内の「人的構成」や主要株主の規制があり、従来の証券取引法と比較して厳格になった。

免許・登録制度

1968年4月1日に、それまでの登録制に代わる形で「免許制」が導入されたが、1998年証券取引法改正により免許制を廃し、「登録制」に移行した。

なお、免許制時代には、免許が細分化され、業務ごとに以下のような免許があり、この全ての免許を有する証券会社を「総合証券会社」と表現された。

  • 第1号免許 - 自己計算売買, (Dealing)
  • 第2号免許 - 売買仲介, (Brokerage)
  • 第3号免許 - 引受, (Underwriting)
  • 第4号免許 - 売り捌き, (Selling)

なお、登録制に移行した現在においても、有価証券店頭デリバティブ取引等の取り扱いを行う業務、有価証券の元引受を行う業務、私設取引システム(PTS)を開設・運営する業務については、第29条によりそれぞれ「認可制」となっている。

行政所管

証券会社の行政管轄は財務省の各地方財務局(北海道、東北、関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、福岡財務支局、沖縄総合事務局)が金融庁長官の委任により担当している。しかし、全国規模の証券会社に関しては内閣府傘下の金融庁が直接担当している。

主要な証券会社

一覧については日本の企業一覧 (証券・商品先物取引)も参照。
ここでは主要な証券会社[1] について、系譜を添えて紹介することとする。

大手証券

五大証券とも呼ばれ国内外に拠点を持ちリテール業務から投資銀行業務までフルサービスを提供している。

準大手証券

大手と同様にフルサービスを提供するもののリテール重視の経営形態であり、日本全国に支店網をもつ。大手証券と差別化を図るため、独自色を出す傾向がある。独立色が強く、三重県に地盤を持つ岡三証券、東海地域がメイン基盤であることを明確化している東海東京証券は、共に首都圏以外に牙城となる経営地盤を持つ。法人部門やネット証券、投信運用会社、海外拠点など総合証券会社として多くの機能をもっている。東海東京証券の場合は、地方銀行(もしくはその持株会社)と合弁の証券会社を設立し、東海東京証券の店舗を譲渡させる形式をとっているケースもあるため、東海東京証券本体の店舗が空白となった地域もある。

中堅証券

業界では上記を『中堅7社』と呼ぶ。リテール営業重視の経営形態であり、ブローカー業務からアンダーライター(引受)業務までの証券業務を幅広く展開する。大手・準大手と異なり支店網に地域的な偏りがある為、地元地域密着の営業手法を採る。

インターネット専業の証券会社

1990年代後半のインターネットの爆発的普及に加え、1999年の株式売買委託手数料の自由化により、1998年松井証券を皮切りにインターネットを利用した証券会社が登場した。それまでの対面営業と異なり、基本的に営業拠点や営業員を必要としないため、人件費などの固定費を削減が可能となり、低コストで機動的な運営ができるようになった。このため株式売買委託手数料を大幅に引き下げ、価格競争力をつける形でマーケットでのシェアを急速に伸ばした。しかしその後、低コストで運営でき参入障壁が低いため 大手銀行や商社、外資系証券に加え、証券業界最大手の野村證券も参入するなど、競争過多の状態となり、価格競争に拍車がかかった。その結果、撤退や合併が相次ぎ、また残った証券会社も価格競争だけでなく取扱商品の多様化などサービスの充実にも力を入れている。

最近では、インターネット取引サービスを提供している総合証券もあるが、その場合の手数料は数百円程度で、ネット証券に比べるとやや割高である[2]

日経新聞の定める外資ではない主要ネット証券会社

日経新聞は主要証券会社を定めていて、毎年変わるが2018年3月末は下記5社をネット証券会社のうちの主要証券会社としている。純営業収益が大きい5社である。

その他の外資ではないネット証券会社

外資のネット証券会社はこの下の外資系の証券会社を参照。

区分別証券会社一覧

ホールセール専業証券会社

投資銀行業務系証券会社

外資系の証券会社

かつては証券取引法等で国内証券会社と区別されていたが、金融商品取引法の改正により統合された。投資銀行業務等ホールセールを中心に営んでいるが、業務内容や規模は様々である。都内の一等地に事務所を構え、M&Aやデリバティブ業務など高付加価値業務を行っている会社も多い。ネット証券会社もある。

主な外国証券会社(日本法人)

主な外国証券会社(日本支店)

プロップハウス系証券

自己売買部門及び自己資金運用・ディーリング(Proprietary Trading)が収益の大部分を占める国内証券会社。

地場証券

地元に密着した証券会社であり、地縁を生かした営業活動を行っている。ただし、株式売買委託手数料が自由化されて以降、インターネットによる株式取引の活発化等で収益力が低下している。このため、これまで収益の多くを占めていた株式から投信売買に営業の比重を移したり、自己売買(ディーリング)や不動産事業に注力して収益力の強化を図っている。近年は、フィンテックを活用した新業態の業者も出てくるようになった。

地銀・ネット銀行系証券会社

先物会社系証券会社

先物会社系証券会社とは、先物会社が母体である証券会社のこと。商品先物を扱っている証券会社という意味ではない。先物会社が証券業の資格を取るケースと、既存証券会社を買収して証券会社を存続会社とするケースがある。1998年の証券取引法改正により、先物会社による証券業の参入が進んだ。先物会社系証券会社は一般的な証券会社に比べ、中国株・先物・信用取引・オプション・外国為替証拠金取引(FX)・CFDなど、リスクの大きい商品を積極的に勧める傾向がある。また証券会社であるにもかかわらず、現物株の取り扱いすら行わない証券会社も存在する。

主な先物会社系証券会社

大手・準大手証券会社の系譜

戦前から戦後
(〜1959年
高度成長〜バブル崩壊
1960年1992年
銀行系証券子会社解禁
1993年1996年
金融危機
1997年1998年
金融持株会社解禁
1999年2001年
業界再編
2002年〜)
1959年1960年1992年1993年1994年1995年1996年1997年1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2018年2019年
野村證券
1925年2001年
野村ホールディングス
2001年〜)
大和證券
1902年1999年
大和証券グループ本社
1999年〜)
住友キャピタル証券
(〜1999年
大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ
1999年2001年
大和証券SMBC
2001年2009年)2009年、大和証券グループ本社の完全子会社化
大和証券キャピタル・マーケッツ
2009年2012年)2012年、大和証券に合併

(〜2001年
日興證券
1918年2001年
日興コーディアルグループ
2001年2008年
日興シティホールディングス
2008年2009年
日興コーディアル証券
2009年2011年
SMBC日興証券
2011年〜)
明光証券
1948年1999年
明光ナショナル証券
1999年2003年
SMBCフレンド証券
2003年2017年)2018年、SMBC日興証券と合併
ナショナル証券
1948年1999年
山種証券
1933年2000年
さくらフレンド証券
2000年2003年
神栄証券
1938年1979年
神栄石野証券
1979年2000年
東京神栄証券
1945年1979年
石野証券
1933年1979年
田口証券
1894年1982年
泉証券
1982年2004年)2004年、SMBCフレンド証券と合併
山一證券
1897年1997年
1997年、自主廃業

1948年1981年
国際証券
1981年2002年
三菱証券
2002年2005年
三菱UFJ証券
2005年2010年
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
2010年〜)
三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券
2010年2020年
三菱ダイヤモンド証券
1994年1996年
東京三菱証券
1996年2002年

1993年1999年)1999年、東京三菱証券へ営業譲渡
加賀證券
1926年1969年
菱光証券
1969年1999年
東京三菱パーソナル証券
1999年2002年
大七証券
(〜1999年
一成証券
1945年2002年

同年に商号変更
1948年1984年
ユニバーサル証券
1984年2000年
つばさ証券
2000年2002年
UFJつばさ証券
2002年2005年
太平洋証券
(〜2000年
東和証券
(〜2000年
第一証券
(〜2000年
三和証券
1994年2001年
UFJキャピタルマーケッツ証券
2001年2002年
東海インターナショナル証券
1995年2001年
興銀証券
1993年2000年
みずほ証券
2000年2009年
みずほ証券
2009年〜)
第一勧業証券
1994年2000年
富士証券
1994年2000年
農中証券
1993年2004年)2004年、みずほ証券へ営業譲渡

1917年1959年)現存している日本最古の証券会社(法人)

1959年1967年
新日本証券
1967年2000年
新光証券
2000年2009年
1891年玉塚商店として創業、1944年玉塚證券に商号変更)
1891年1959年
1891年福島浪蔵商店として創業、1944年山叶證券に商号変更)
1891年1959年

1947年1968年
和光証券
1968年2000年
日本勧業証券1905年日本勧業銀行月報社として創業、1922年日本勧業証券に商号変更)
1905年1967年
日本勧業角丸証券
1967年1990年
勧角証券
1990年2000年
みずほインベスターズ証券
2000年2013年)2013年、みずほ証券に合併
角丸証券1872年今村商店として創業、1937年角丸証券に商号変更)
1872年1967年
公共証券
1961年2000年
大東証券
1927年2001年)2001年、みずほインベスターズ証券に合併
東京証券1929年高山商店として創業、1947年六鹿証券、1969年東京証券に商号変更)
1929年2000年
東海東京証券
2000年〜)
丸万証券1908年武田商店として創業、1944年丸万証券に商号変更)
1908年1996年
東海丸万証券
1996年2000年
東海証券1944年東海商事として創業、1948年東海証券に商号変更)
1944年1996年
高木証券1876年高木両替店として創業、2019年東海東京証券に合併)
日東証券
1910年1973年
三洋証券
1973年1997年
1997年、経営破綻
岡三証券1923年岡三商店として創業、1944年岡三証券に商号変更)
1923年2003年
岡三ホールディングス
2003年2008年
岡三証券グループ
2008年〜)
大阪屋證券
1918年1986年
コスモ証券
1986年2012年)1993年大和銀行の子会社となり、2004年にはCSKホールディングス2010年には岩井証券(旧)(現岩井コスモホールディングス)の子会社となる。2012年、岩井証券(新)と合併。
岩井コスモ証券
2012年〜)
1959年1960年1992年1993年1994年1995年1996年1997年1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2017年2018年

各種データ・ランキング

時価総額ランキング

  • (証券会社以外の企業も傘下に持つ)持株会社と証券会社単体が混在していることに注意。
2019年1月時点時価総額ランキング[6]
順位時価総額
野村ホールディングス11兆6570億円
大和証券グループ本社29961億円
SBIホールディングス35417億円
松井証券43108億円
東海東京フィナンシャル・ホールディングス51355億円
カブドットコム証券61290億円
ジャフコ71210億円
岡三証券グループ81095億円
91058億円
マネックスグループ101057億円
ジャパンインベストメントアドバイザー111006億円
GMOフィナンシャルホールディングス12719億円
丸三証券13556億円
澤田ホールディングス14423億円
極東証券15394億円
スパークス・グループ16393億円
いちよし証券17383億円
藍澤證券18329億円
岩井コスモホールディングス19322億円
水戸証券20187億円
東洋証券21152億円
22121億円
ヒロセ通商23118億円
だいこう証券ビジネス24104億円
マネーパートナーズグループ2599億円

過去に存在した証券会社

欧米の証券会社

米国などでは投資銀行を証券会社と呼ぶことがあり日本の証券会社とは業態が大きく異なる[9]。証券会社は日本では株式売買の取次業務が業務の中心であるのに対して、米国では引受業務やM&Aを中心に資産管理業務や年金ビジネス等も手掛けている[9]。投資銀行はトレーディング業務も行っているが日本の証券会社とは異なり取次ではなく投資銀行自体が当事者となって証券の売買を行う[9]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本経済新聞 2008年5月1日 朝刊 4頁
  2. ^ 【2020年8月ランキング】証券会社おすすめ比較!口座数が多い人気ネット証券は?”. 2020年8月24日閲覧。
  3. ^ 株主情報 - 株式会社マネーパートナーズグループ
  4. ^ 新生銀行が提供する新生パワーダイレクトを経由したサービスを用いれば、個人でも取引の一部は可能。
  5. ^ あおぞら銀行が提供するサービスを利用し、あおぞら証券の総合取引口座の開設およびあおぞら証券インターネットトレードの申込みを行えば、個人も利用可能。
  6. ^ ※銀行系を除く
  7. ^ ビルウェル証券に対する検査結果に基づく勧告について - 証券取引等監視委員会 2011年10月21日
  8. ^ ビルウェル証券に対する行政処分について (PDF) - 関東財務局 平成23年10月21日
  9. ^ a b c 野口悠紀雄『経済危機のルーツ』東洋経済新報社 pp.202 - 203 2010年

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close