ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|ポプラ、子会社の大黒屋食品を売却、海鮮珍味・畜産加工品製造


写真 ポプラは9月22日、海鮮珍味・畜産加工品の製造を手がける100%子会社、大黒屋食品(広島市)をまるか食品(広島県尾道市)に売却すると発表した。

ポプラ、子会社の大黒屋食品を売却、海鮮珍味・畜産加工品製造

 
内容をざっくり書くと
ポプラが一部店舗をローソンとの共同事業に切り替え、店舗数が減少したこともあり、大黒屋食品との取引高は減少していた。
 

コンビニエンスストアのポプラは9月22日、海鮮珍味・畜産加工品の製造を手がける100%子会社、大黒屋… →このまま続きを読む

 DCSオンライン

小売・流通業界の経営・販促に関するニュース情報をダイヤモンド・チェーンストアオンラインではいち早く掲載しております。小売・流通業界で働く方、必見の総合情報ニュースサイトをご覧ください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

店舗数

大黒屋食品

大黒屋食品株式会社(だいこくやしょくひん)は、広島県広島市に本社を置き、海産珍味と食肉加工品の製造・販売を手掛けている企業。まるか食品の100%子会社。

概要

1949年2月に創業し、1962年2月に法人へ改組。ポプラ発足の起源となった企業でもある[1][2][3]。主に広島名物であるせんじ肉や海産珍味の製造や販売を手掛けている。

大黒屋食品は長年にわたり、ポプラに対して商品の供給を行ってきた[2]。しかし、ポプラ本体において、一部店舗がローソンとの共同事業へ切り換えられた事、店舗の減少、施設内の店舗において珍味を取り扱わない店舗の割合が増加していたため、大黒屋食品におけるポプラとの取引は減少していた[1][2][3][4]。現在ではポプラ以外の企業との取引が増加しており、西日本有数の珍味メーカーの地位を確立している[1]

ポプラはコンビニエンスストア事業を立て直すため、2021年9月22日に大黒屋食品全株式を広島県尾道市に本社があるまるか食品へ同年10月8日に2億5000万円で譲渡することを発表[1][2][3][4]。大黒屋食品は同年10月8日付でまるか食品の完全子会社となったと同時に、ポプラグループから離脱した。まるか食品傘下入り後も、商号変更や代表取締役の異動は行わないとしている[5]

沿革

  • 1949年2月 - 創業。
  • 1962年2月 - 大黒屋食品株式会社として法人へ改組。
  • 1967年2月 - 本社を広島市西区へ移転。
  • 2021年10月8日 - 株式譲渡に伴い、まるか食品の完全子会社となる。

脚注

外部リンク


 

Back to Top
Close