ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📢|CCTV+:生物多様性の保護に関する放送局共同イニシアチブを立ち上げ


写真 

CCTV+:生物多様性の保護に関する放送局共同イニシアチブを立ち上げ

 
内容をざっくり書くと
人類と自然が共通の未来を持つ共同体を構成することに満場一致で同意する。
 

生物多様性の保護に関する共同イニシアチブを立ち上げ AsiaNet 92359(2478) 【北京2… →このまま続きを読む

 共同通信 PR Wire

プレスリリース・ニュースリリース配信の共同通信PRワイヤーは、”知らせたい人” から”知りたい人” へと情報をつなぎます。
自治体・大学をはじめとした官公庁、大手企業のニュースリリースも集まる、生活者も要注目のサイトです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

全会一致

全会一致(ぜんかいいっち、英語unanimities)とは、ある集団において反対論者を一人も出さずに意見をまとめ、採用すること。満場一致とも言う。

概説

集団によっては、全会一致で認められた結論のみを議決として採用する全会一致の原則を採用していることがある。

「全会」の解釈については、当該集団の所属者全員の完全な一致(欠席・棄権を認めない)とする場合もあれば、所属者のうち欠席者・棄権者を除いた(意思表明をした)者の一致で足りるとする場合もある。日本の例で言えば、閣議は前者であり、国会の採決は後者となる。後者の例は「総員」という用語にも当てはまり、たとえば国会の採決で反対派が抗議の欠席をし定員の6割の議員しか出席していなくても、採決時にその全員が賛成(起立)すれば記録上は「起立総員」であり「全会一致で可決」として扱われる。

ただし、議決は多数決によるとしながらも、全会一致の場合は、議決を無効にし、議論を振り出しに戻す制度もある。全員が賛成、あるいは反対という場合には、どこかで少数派が自己の考えを放棄し、多数派に同調したと考えられるからである。

議事進行や役職者選任などで、慣例の追認でかつ全会一致が見込まれる決議は迅速な進行のため英語版で行うことが多い。特に日本の議会などで行われる「異議無し採決」は全会一致として記録されることが前提である。

全会一致の原則が採用されている(されていた)例

ただし、近年は全会一致の慣行が破られる機会が増えている。
ただし、どうしても合意できない総務は反対演説の後に退席し採決に参加しないという慣例がある。
議決そのものは多数決によるが、議事規則上の手続きを全会一致決議で省略しないと迅速な審議が行えない。

その他

関連項目

共同体

共同体(きょうどうたい)とは、同じ地域に居住して利害を共にし、政治経済風俗などにおいて深く結びついている人々の集まり(社会)のこと(地域共同体)。組織の名称の一部として用いられることがある(欧州共同体など)。

日本語では「地域共同体」が「地域社会」をも意味し得うるため、転じて国際的な連帯やインターネット上の集まりなども「共同体」あるいは「コミュニティ」(英語:community)と呼ばれる(例:ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体アフリカ連合米州機構東アジア共同体(計画中)、国際航空通信共同体)。地域の共同体であることよりも地域住民の相互性を強調する場合、地域コミュニティとカタカナ表記する場合も多い。

また、ゲマインシャフトドイツ語:Gemeinschaft)も「共同体」を意味する語。地縁血縁友情などにより自然発生した有機的な社会集団のこと。共同体組織[1]。共同社会。ドイツ社会学者フェルディナント・テンニースが、ゲゼルシャフトドイツ語:Gesellschaft、機能体組織[1]、利益社会)の対概念として提唱したもの。近代以降の社会や組織の性格を考える上で広く受け容れられている。


ゲマインシャフトとゲゼルシャフト

テンニース1855年 - 1936年)は、人間社会が近代化すると共に、地縁や血縁、友情で深く結びついた自然発生的なゲマインシャフトGemeinschaft、共同体組織[1])とは別に、利益や機能を第一に追求するゲゼルシャフトGesellschaft、機能体組織[1]、利益社会)が人為的に形成されていくと考えた。

ドイツ語では、Gemeinschaft(ゲマインシャフト)は概ね「共同体」を意味し、Gesellschaft(ゲゼルシャフト)は概ね「社会」を意味する。テンニースが提唱したこのゲゼルシャフト(機能体組織、利益社会)とゲマインシャフト(共同体組織)とは対概念であり、原始的伝統的共同体社会(共同体組織)を離れて、近代国家会社大都市のような利害関係に基づき機能面を重視して人為的に作られた利益社会(機能体組織)を近代社会の特徴であるとする。

ゲマインシャフトでは人間関係が最重要視されるが、ゲゼルシャフトでは利益面や機能面が最重要視される。

日本においては、労働集約型の農業を基礎に「協働型社会」とも呼べるものが形成されていたと言われる。これは産業革命工業化のプロセスに従ってへと変貌したと言われる(日本型社会主義)。しかし、バブル崩壊経済グローバル化、終身雇用制の崩壊、派遣労働者の採用の増加等に伴い、かつて企業そのものが家族共同体のようであると評された日本の企業風土も1990年代以降大きく変貌したと言える。

広義の共同体

学校のクラスも学ぶということをテーマにし、それがから、準拠集団へと成長しているなら学びの共同体である。インターネット上にも、さまざまなコミュニティが存在する。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d ゲマインシャフトとゲゼルシャフト①”. 社会保険労務士事務所 早稲田労務経営. 2012年12月28日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close