ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|ものつくり大学/開学20周年記念式典開く/時代に対応するテクノロジスト輩出


写真 

ものつくり大学/開学20周年記念式典開く/時代に対応するテクノロジスト輩出

 
内容をざっくり書くと
これからの社会は加速度的に変化していく。
 

ものつくり大学(赤松明学長)は1日、開学20周年の記念式典と特別公開講座を埼玉県行田市の大学構内で開… →このまま続きを読む

 日刊建設工業新聞

日刊建設工業新聞は、建設に関するあらゆる情報を取り扱う全国版建設専門紙です。ゼネコンをはじめとする建設関連業界の皆様からのご支持を賜り、おかげ様で昨年創刊90周年を迎えました。これからも業界の様々なニュースを確実かつ迅速に発信していきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

加速度

加速度(かそくど、: acceleration)は、単位時間当たりの速度変化率(速度の時間微分[注 1])。速度ベクトルの時間的な変化を示すベクトルとして、加速度が定義される[1]

概要

加速度はベクトルとして平行四辺形法則で合成や分解ができるのは力や速度の場合と同様であるが、法線加速度接線加速度に分解されることが多い。法線加速度は向きを変え、接線加速度は速さを変える。

微小時間Δt

と定義すると、速度差Δvの定義は

であるから、これをΔtで割ってからΔt → 0として、加速度a

と定義される[1]

極座標(r,θ)で表した場合、動径方向・角方向成分はそれぞれ

となる。

一般に減速度(げんそくど)と言われるのは、(進行方向と反対)の加速度のことである。また、進行方向を変える(曲がる)のは、進行方向とは異なる方向への加速度を受けるということである。

遠心力による加速度を遠心加速度という。

物体に加速度がかかることと、が加わることとは等価である(運動の第2法則)。

加速度の単位時間当たりの変化率は、加加速度あるいは躍度とよばれる。

等加速度運動

加速度が一定

のとき経過時間t後の速度v(t)、変位x(t)は

での速度をv0、位置座標をx0とすると

で求められる[2]

また、位置座標をx(0)=0とすれば、上記2式を変形することによってtを消去した次式が得られる[3]

単位

加速度の単位には m/s2メートル毎秒毎秒)が用いられるほか、地震の揺れの加速度にはガル (Gal) という単位が使用される (100 Gal = 1 m/s2)。

標準重力を基準としたジー (G)という単位があり、1.0 G = 9.806 65m/s2である。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 物体の速度の、各時間の点での変化の割合

出典

参考文献

  • 小出昭一郎『物理学』裳華房、1997年11月10日、三訂版。ISBN 4-7853-2074-5

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close