ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|生協宅配、コロナ特需の終焉!? 成長のカギを握るDX戦略の今


写真 生協宅配の2021年度上期は、予想上回る好業績となった

生協宅配、コロナ特需の終焉!? 成長のカギを握るDX戦略の今

 
内容をざっくり書くと
またコープ東北サンネット事業連合は、レシピを選ぶと必要な食材がまとめて注文できるWebサービス「コープシェフ」も21年5月にリリース。
 

新型コロナウイルス感染拡大下での内食需要を追い風に、食品小売業のなかで最も成長を遂げた業態と言われる… →このまま続きを読む

 DCSオンライン

小売・流通業界の経営・販促に関するニュース情報をダイヤモンド・チェーンストアオンラインではいち早く掲載しております。小売・流通業界で働く方、必見の総合情報ニュースサイトをご覧ください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

コープ東北サンネット事業連合

生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合(せいかつきょうどうくみあいれんごうかいこーぷとうほくさんねっとじぎょうれんごう)は、本部宮城県仙台市泉区に置く、東北地方の7の生活協同組合から成る事業連合体。

概要

略称は「サンネット事業連合」を使用していたが、2014年3月21日の改組に伴い、現在では「コープ東北」を使用している。

参加組合

かつて参加していた組合

ここでは、合併経営破綻(または、隣県の生協への事業譲渡を含む)による解散および任意脱退を含む。

沿革

  • 1992年平成4年) - いわて生協、、みやぎ生協による任意組織「コープ東北サンネット」結成。
  • 1993年(平成5年) - 「サンネット商品部」設立。
  • 1994年(平成6年) - 「サンネット衣料部」設立。
  • 1995年(平成7年) - 生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合の設立総会を開催。厚生省より設立認可。共同購入の共同企画開始。
  • 1998年(平成10年) - サンネット港物流センター稼動。
  • 2001年(平成13年) - 秋田県北生活協同組合(2015年破綻)加入。
  • 2003年(平成15年) - 日本生協連全国共同開発品の共同仕入開始。秋田県北生活協同組合が全店舗を閉鎖し共同購入に特化。
  • 2004年(平成16年) - (2019年、みやぎ生活協同組合に事業譲渡)加入。新日配センター稼動。
  • 2006年(平成18年) - コープあおもり、秋田市民消費生活協同組合(現在のコープあきた)加入。共同購入ドライセットセンター稼動。共同購入新システム導入。
  • 2009年(平成21年) - 生活センター稼動。
  • 2010年(平成22年) - 共同購入統一冷凍セットセンター稼動。
  • 2012年(平成24年) - 、加入。
  • 2013年(平成25年) - コープあいづ、(2019年、みやぎ生活協同組合に事業譲渡)加入。青森県庁消費生活協同組合脱退。
  • 2014年(平成26年)3月21日 - 東北地方における生協の事業の拡大と収益の改善を目的として、店舗事業本部の新設等を行ない改組。
  • 2017年(平成29年)5月19日 - よこまちストアを運営するよこまちと業務提携の締結を発表[1][2]
  • 2019年(平成31年/令和元年)

脚注

外部リンク

コープシェフ


 

Back to Top
Close