ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💴|ふるさと納税の新常識、コスパがいい返礼品の選び方とは?年末の駆け込みをオススメしない理由も解説


写真 

ふるさと納税の新常識、コスパがいい返礼品の選び方とは?年末の駆け込みをオススメしない理由も解説

 
内容をざっくり書くと
家計が最優先であれば、お米やボックスティッシュなど、日常的に消費する返礼品を選びましょう。
 

ふるさと納税は、数々のお得情報の中でも屈指の存在感を誇ります。お得すぎて、制度が突然終了してしまうの… →このまま続きを読む

 MONEY PLUS

MONEY PLUS(マネープラス)は、お金の話が苦手な人に向けて、金融・経済情報をわかりやすく伝える経済メディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    リンクを追加

    お返し

    お返し(おかえし)は、人から物を贈られたときに、返礼としてその人に物を贈り返すこと。「うつり」、「おうつり」とも。

    様々なケースにおけるお返し

    結婚の場合は、半紙を20枚ずつ抱き合わせにして水引を結び切りにしておうつりとして、普通は、袱紗風呂敷などを返すときには、タメ、トメ、などと称して、白紙2枚くらいを四つ折りにしてそえることもある。また熨斗をいれることがあり、附木(つけぎ。硫黄を祝うの意にとって)、転じてはマッチなどが用いられる。

    祝賀を受けたときは、当日から3、4週間以内に鰹節赤飯、、真綿、袱紗などをもちい、凶事弔慰のときは、忌明のときに白木綿タオル、袱紗、まんじゅう、菓子などを返礼とする。

    病気見舞いを受けた場合は、鰹節、赤飯など、旅行餞別を受けた場合は、旅行先の土産物、賀寿の祝いに対しては、鰹節、真綿、袱紗、頭巾反物、掛け物、置物、鮮魚、などがよい。古稀、喜の字(喜寿)、あるいは米寿などはめでたい祝いだから、親戚、知人などに祝賀の詩歌、文章、絵画、書などの寄贈を乞い、記念帖などを作り分かつのもよい。また、香典返しもある。

    第三者への寄付

    お返しをせず、そのかわりに慈善事業団体などに寄付することもある。この場合はその人々にその理由を報じ、謝意を表するのが礼であるとされる。

      ボックスティッシュ


       

      Back to Top
      Close