ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|北海道・北広島駅西口に複合施設、日ハム本拠地移転で建設工事に着手


写真 

北海道・北広島駅西口に複合施設、日ハム本拠地移転で建設工事に着手

 
内容をざっくり書くと
北広島市は北広島駅前から車などで球場へ向かう観客もいるとみて、球場へのアクセス道路を整備するとともに、駅前の再開発に本腰を入れている。
 

中部電力グループの不動産大手・日本エスコンは、北海道北広島市栄町のJR北広島駅西口で商業施設とホテル… →このまま続きを読む

 財経新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

北広島駅前

    北広島市

    北広島市(きたひろしまし)は、北海道中部(道央地方)に位置し、石狩振興局に属する札幌市新千歳空港の間に広がるなだらかな丘陵地帯に位置する。

    概要

    地名の由来

    1884年明治17年)、札幌県札幌郡広島県人25戸103人の入植が始まったことに由来し[3][4][5]1894年(明治27年)に同郡月寒村から分離独立した際、自治体の名称を移住者に因んで北海道札幌郡広島村とした[6]1968年昭和43年)に町制施行して北海道札幌郡広島町となった。

    1996年平成8年)の市制施行の際に広島県広島市と混同することを避けるため、いったん「広島市」として市制施行、即日改称して「北広島市」になった[6][7]

    自治体名が「北広島」となる前から「きたひろしま」や「きたひろ」の通称はあり、1926年大正15年)開業の「北広島駅」は広島駅と区別するため開業時から同名を使用し[6]1971年(昭和46年)に開通した道央自動車道も供用開始時から「北広島IC」の名称を使用している。

    地理

    石狩平野のほぼ中央に位置しており、市南西部にある島松山を除くと各所に標高100 m前後の丘陵があり起伏に富んでいる[8][9]。平坦地は丘陵上部の台地と東地区に分布する台地に存在している[9]。市内を流れる河川は大半が千歳川を経て石狩川に合流し、日本海に注いでいる[10]。地質は大部分が洪積層から成っており、南西部の丘陵地帯では畑作酪農、北東部の低地では水田を中心に活用している[10]。東西15.0 km、南北14.8 kmあり[11]北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線が中央部を南北に縦断し、道央自動車道国道36号が西部地区を縦断している[11]

    地形

    山地

    主な山

    河川

    主な川

    気候

    気候は亜寒帯湿潤気候の「裏日本型」(日本海側)に属しており[12]、西部から北東方向にのびる波状台地を境に局地的な気候変化が見られる[12]。冬は北西の季節風によってが降りやすく内陸性気候のために寒冷、夏は太平洋高気圧の影響によって南東の風が吹いて日中は晴れの日が多くなるが、太平洋沿岸からの海霧の影響によって朝晩に曇ることがある[12]。また、オホーツク海高気圧が優勢な年は冷涼は北東気流の影響によって気温があまり上がらず、冷夏となることがある[12]

    人口

    住民基本台帳」によると、人口は「道営北広島団地」の開発が始まった1970年昭和45年)以降急増し[13]、「昭和50年国勢調査」では人口増加率(128.4 %)が全国2位(全道1位)になっている[14]。その後も宅地開発が進むにつれて増加し、1992年平成4年)に5万人、2004年(平成16年)に6万人を超えたが、2008年(平成20年)を境に減少傾向になっている[13]

    Demography01234.svg
    北広島市と全国の年齢別人口分布(2005年)北広島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
    紫色 ― 北広島市
    緑色 ― 日本全国
    青色 ― 男性
    赤色 ― 女性

    北広島市(に相当する地域)の人口の推移
    総務省統計局 国勢調査より

    隣接する自治体・行政区

    石狩振興局
    空知総合振興局

    歴史

    「略年表」参照[15][14]

    沿革

    江戸時代には松前藩によって石狩十三場所のひとつである「シュママップ場所」が島松川流域に開かれ、幕末頃まで存在した。

    政治

    行政

    役所

    • 北広島市役所
      • 西の里出張所
      • 大曲出張所
      • 西部出張所
      • 北広島団地住民センター市役所連絡所
      • エルフィンパーク市民サービスコーナー

    市長

    歴代首長[22]
    氏名就任年月退任年月
    戸長一色潔1894年(明治27年)2月1902年(明治35年)3月
    村長
    初代一色潔1902年(明治35年)4月1903年(明治36年)8月
    2代山崎初吉1903年(明治36年)9月1906年(明治39年)3月
    3代吉原兵次郎1906年(明治39年)4月1907年(明治40年)3月
    4代伊藤光久1907年(明治40年)4月1908年(明治41年)3月
    5代小池三郎1908年(明治41年)4月1922年(大正11年)9月
    6代仁科養1922年(大正11年)10月1924年(大正13年)6月
    7代和田郁次郎1924年(大正13年)10月1926年(大正15年)10月
    8代中村左久弥1926年(大正15年)12月1930年(昭和5年)12月
    9代山田為吉1931年(昭和6年)4月1941年(昭和16年)6月
    10代松原太郎1941年(昭和16年)6月1946年(昭和21年)11月
    11代中下武雄1947年(昭和22年)4月1959年(昭和34年)6月
    12代石橋豊次郎1959年(昭和34年)8月1967年(昭和42年)8月
    13代穴田輝行1967年(昭和42年)8月1968年(昭和43年)8月
    町長
    初代穴田輝行1968年(昭和43年)9月1983年(昭和58年)3月
    2代小野田徹雄1983年(昭和58年)4月1989年(平成元年)6月
    3代久保武1989年(平成元年)7月1993年(平成5年)7月
    4代本禄哲英1993年(平成5年)7月1996年(平成8年)8月
    市長
    初代本禄哲英1996年(平成8年)9月2005年(平成17年)7月
    2代上野正三2005年(平成17年)7月

    市民憲章・都市宣言

    北広島市民憲章

    前章
    わたしたちは、「青年よ大志をいだけ」のこころを受けつぐ北広島市の市民です。わたしたちのまちは、広島県人らによって築かれ、北海道の寒地稲作をうみだした、誇りある伝統をもつまちです。わたしたちは、いま歴史への新しい歩みを進めようとしているこのまちと、自分のくらしをしっかりみつめ、自分に何ができるかを問いかけながらこの憲章を実践します。
    第1章 まもろう 歴史がはぐくむ豊かな風土
    1. 豊かな緑を守り、自然を愛するやさしい心を育てたい。
    2. 自然との交流のなかで、スポーツやレジャーを楽しみ、生活にゆとりをもたせたい。
    3. 市の木・市の花を愛し、やすらぎのある環境をつくりたい。
    第2章 つなごう 心のかようたしかなきずな
    1. あたたかいことばをかけ合い、ふれあいの輪をひろげたい。
    2. 思いやりの心をもって、ボランティア活動をひろめたい。
    3. 地域の活動に関心をもち、進んで参加して交流を深めたい。
    第3章 のばそう 未来をつくるたくましい力
    1. 伝統を受けつぎ、汗する活動を通して創造と夢と力を育てたい。
    2. 未来に目を開いて、自らを発展させていく英知と勇気をもちたい。
    3. 幼いいのちと若い力の健やかな成長を助けるために、おとなの連帯を進めたい。
    第4章 きずこう 個性あふれる北の文化
    1. 人とまちと自然のとけあった、幅広い文化環境をつくりたい。
    2. 趣味や余暇を大事にし、進んで体験する心を育てたい。
    3. 北国の四季に親しみ、風土に根ざした文化を育てたい。
    — 昭和59年4月1日制定[3]

    都市宣言

    • 平和都市宣言(昭和63年4月1日告示)[23]

    議会

    市議会

    • 定数:22名[24]
    • 任期:2019年(令和元年)5月1日 - 2023年(令和5年)4月30日
    • 議長:川崎彰治(無会派)
    • 副議長 :滝久美子(無会派)
    • 定例会(概ね3月、6月、9月、12月[24]
    • 臨時会[24]
    • 常任委員会
      • 総務常任委員会[24]
      • 民生常任委員会[24]
      • 建設文教常任委員会[24]
    • 議会運営委員会[24]
    • 議会広報編集委員会[24]
    会派の構成[25]
    会派名議席数議員名(◎は代表)
    自由クラブ6◎中川昌憲、島崎圭介、青木崇、橋本博、久保田智、野村幸宏
    きたひろ五和会5◎沢岡信広、稲田保子、桜井芳信、坂本覚
    日本共産党3◎山本博己、永井桃、人見哲哉
    公明党2◎木村真千子、藤田豊、大迫彰
    市民ネットワーク北海道2◎鶴谷聡美、佐々木百合香
    市民クラブ2◎佐藤敏男、小田島雅博
    無会派2川崎彰治、滝久美子
    22

    道議会

    • 選挙区 : 北広島市
    • 定数 : 1名
    • 任期 : 2015年(平成27年)4月30日~2019年(平成29年)4月29日
    議員名会派名当選回数備考
    小岩均民主・道民連合1元 広島町・北広島市議会議員、元 北広島市議会議長

    衆議院

    議員名党派名当選回数備考
    和田義明自由民主党2選挙区
    池田真紀立憲民主党1比例復活

    国家機関

    厚生労働省

    • 北海道労働局札幌東公共職業安定所(ハローワーク札幌東)ジョブガイド北広島(北広島市地域職業相談室)

    国土交通省

    道の機関

    独立行政法人

    特殊法人

    施設

    警察

    本部
    警察署
    • 厚別警察署北広島交番、北広島駅前交番、大曲交番、輪厚駐在所、西の里駐在所

    消防

    本部
    消防署
    • 北広島消防署
      • 大曲出張所、西の里出張所

    医療

    主な病院
    • 北広島希望ヶ丘病院(旧称:道央病院)
    • 北広島病院
    • 順天病院
    • 西の里恵仁会病院
    • 輪厚三愛病院

    公共施設

    • エルフィンパーク(JR北広島駅直結)
    • 北広島市芸術文化ホール(花ホール)
    • 北広島市図書館
    • 北広島市営駐車場
      • 市営東駐車場
      • 市営西駐車場
    • 北広島市自転車駐車場
      • 北広島駅西口自転車駐車場
      • 北広島駅東口自転車駐車場
    • 北広島市中央公民館
    • 北広島市福祉センター
    • 北広島市夜間急病センター
    • 北広島市ふれあい学習センター(夢プラザ)
    • 北広島市農民研修センター
    • 北広島市広葉交流センター「いこ〜よ」
      • 北広島市エコミュージアムセンター知新の駅
    • 北広島市葬斎場
    • 北広島霊園
    • 北広島市クリーンセンター

    運動施設

    北海道日本ハムファイターズが「きたひろしま総合運動公園」予定地での新球場(ES CON FIELD HOKKAIDO)建設を発表しており[26]、2023年開業を予定している[27][28]

    • 北広島市総合体育館[29]
    • 輪厚児童体育館
    • 大曲ファミリー体育館
    • 西の里ファミリー体育館
    • 西部プール
    • 東部住民プール
    • 大曲住民プール
    • 西の里住民プール
    • 白樺プール
    • 緑葉公園
      • テニスコート
      • 野球場
      • 多目的広場
      • プール
    • きたひろサンパーク
      • 多目的広場
      • テニスコート
      • パークゴルフ場

    対外関係

    姉妹都市・提携都市

    国内

    姉妹都市

    経済

    北広島市は札幌都市圏にあり、就業者数の割合は第一次産業2.4 %、第二次産業18.0 %、第三次産業79.7 %となっている(平成22年)[31]

    組合

    第一次産業

    農業

    農業は農家戸数や農業人口が減少する中で観光農園への転換などが進んでいる[31]

    第二次産業

    工業

    工業は利便性などの立地条件を生かして市内に6つの工業団地(広島工業団地、広島第2工業団地、大曲工業団地大曲新工業団地大曲第3工業団地北広島輪厚工業団地)が造成されており、各種企業が進出している[31]

    第三次産業

    商業

    ショッピングセンター

    スーパーマーケット

    物流

    • ヤマト運輸千歳主管支店
      • 北広島センター
      • 大曲センター
      • 緑ヶ丘センター
    • 佐川急便札幌営業所・北海道航空営業所(所在地は札幌市白石区)
    • 日本通運
      • 札幌支店札幌自動車事業所(所在地は札幌市白石区)
      • 千歳空港営業所(所在地は千歳市)

    北広島市に拠点を置く主な企業

    50音順

    金融機関

    情報通信

    マスメディア

    新聞社

    フリーペーパー
    • 陽だまりPRESS[34]

    放送局

    ラジオ

    教育

    大学

    私立

    専修学校

    • 北海道歯科技術専門学校

    高等学校

    道立
    私立

    星槎国際高校北広島学習センター

    中学校

    市立
    私立

    小学校

    市立

    特別支援学校

    道立
    • 北海道白樺高等養護学校
    • 北海道札幌養護学校共栄分校

    幼児教育

    保育園

    市立
    • すみれ保育園[36]
    • すずらん保育園[36]
    • 稲穂保育園[36]
    私立
    • 西の里きらきら保育園[36]
    • はだかんぼ保育園[36]
    • 大曲いちい保育園[36]
    • 大地太陽森の家保育園[36]
    • 大曲はだかんぼ保育園[36]
    • 大谷むつみ保育園[36]
    • あおぞら保育園[36]
    • 小規模保育園こどものもり[36]

    幼稚園

    私立
    • 広島天使幼稚園[37]
    • 広島大谷幼稚園[37]
    • 北広島かおり幼稚園[37]
    • 広島幼稚園[37]
    • 大曲大谷幼稚園[37]
    • 大地太陽幼稚園[37]

    認定こども園

    私立

    学校教育以外の施設

    交通

    鉄道

    北海道旅客鉄道(JR北海道)

    バス

    路線バス

    都市間バス

    タクシー

    道路

    高速道路

    国道

    道道

    観光

    文化財

    国指定

    市指定

    • 天然記念物
      • バイソンの化石[46]
      • サンドリッジ成大規模斜交層理の転写標本[46]
      • キタヒロシマカイギュウの化石[46]

    名所・旧跡

    主な寺院
    • 正法山達磨寺
    主な神社

    観光スポット

    ゴルフ場

    文化・名物

    祭事・催事

    • 北広島ふれあい雪まつり(2月)
    • きたひろしま30kmロードレース(6月)[47]
    • ツール・ド・キタヒロ(夏季複数回開催)
    • 平和の灯記念事業(7月から9月)
    • 北広島ふるさと祭り(8月)
    • エルフィンパーク・イルミネーション(12月)

    名産・特産

    • 赤毛米
    • 特別栽培米「ひろっこ大志」
    • まるひろ大根
    • 地酒「大志」(アンビシャス)

    出身・関連著名人

    名誉市民

    • 松原太郎
    北広島市文化賞・スポーツ賞

    出身著名人

    ゆかりのある人物

    北広島市を舞台とした作品

    漫画

    脚注

    注釈

    [脚注の使い方]

    出典

    1. ^ a b 北広島市章及び北広島市旗”. 北広島市例規集. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    2. ^ 北広島市イメージマスコット「エルフィン」について”. 北広島市. 2017年10月30日閲覧。
    3. ^ a b 北広島市民憲章”. 北広島市例規集. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    4. ^ “広島だけど、北海道。”. 広島だけど、北海道。 (北広島市役所). (2014年7月1日). オリジナルの2019年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/V0SSL 2019年2月2日閲覧。 
    5. ^ “市長からのメッセージ~祖先の地「広島県」へアスパラをお送りしました”. 北広島市. (2022年5月25日). オリジナルの2022年5月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220525111416/https://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00146393.html 2022年6月27日閲覧。 “先祖ゆかりの地、広島市に北広島市から義援金100万円”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年9月2日). オリジナルの2014年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/llwNV 2017年11月1日閲覧。 
    6. ^ a b c 広島町はなぜ北広島市になったのか”. 北海道ファンマガジン (2010年3月13日). 2017年10月30日閲覧。
    7. ^ 市とする決定書”. 北広島市例規集. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。 町を市とする処分”. 北広島市例規集. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。 市の名称変更”. 北広島市例規集. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    8. ^ きたひろアクセスマップ”. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    9. ^ a b 北広島市の統計, p. 13.
    10. ^ a b 北広島のかんきょう, p. 3.
    11. ^ a b 北広島市の統計, p. 12.
    12. ^ a b c d 北広島のかんきょう, p. 4.
    13. ^ a b 北広島市のかんきょう, pp. 4–5.
    14. ^ a b 北広島市の統計, pp. 134–143.
    15. ^ 略年表”. 北広島市教育委員会. 2017年10月30日閲覧。
    16. ^ ゴロッケー場”. 北広島市. 2017年11月3日閲覧。
    17. ^ 第44回大会(平成元年・1989年開催)”. 日本体育協会. 2017年10月31日閲覧。
    18. ^ 「平和市長会議」加盟”. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    19. ^ “北海道初! 道央自動車道 輪厚(わっつ)スマートインターチェンジが開通します 〜ますます便利・快適に、高速道路のご利用が、より身近なものになります〜” (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2009年5月28日), https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/hokkaido/2009/0528/00006936.html 2017年10月31日閲覧。 
    20. ^ 輪厚スマートICの24時間運用について”. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    21. ^ 羊ケ丘通が全面開通しました”. 北広島市. 2017年4月1日閲覧。
    22. ^ 北広島市の統計, p. 117.
    23. ^ 平和都市宣言”. 北広島市. 2017年10月30日閲覧。
    24. ^ a b c d e f g h 議会の概要”. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    25. ^ 会派の構成”. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    26. ^ 北海道北広島市における新球場建設を正式発表, , 北海道日本ハムファイターズ, (2018年11月5日), https://www.fighters.co.jp/news/detail/00001446.html 2019年11月17日閲覧。 
    27. ^ ボールパーク特設サイト”. 北広島市. 2019年11月17日閲覧。
    28. ^ FIGHTERS SPORTS & ENTERTAINMENT”. 2019年11月17日閲覧。
    29. ^ 1986年落成。同年8月にバレーボール全日本女子合宿が行われ、10月18日には、ブラジルとの国際試合が行われた。
    30. ^ 姉妹都市”. 北広島市. 2017年10月30日閲覧。
    31. ^ a b c 北広島市のかんきょう, p. 5.
    32. ^ 北広島市建設事業協同組合”. 2017年11月1日閲覧。
    33. ^ 札幌広域圏組合”. 2017年11月1日閲覧。
    34. ^ 陽だまりWEB”. ナリオデザイン株式会社. 2017年11月3日閲覧。
    35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 小・中学校一覧(通学区域)”. 北広島市教育委員会. 2017年10月31日閲覧。
    36. ^ a b c d e f g h i j k 保育施設の紹介”. 北広島市子育てサイト. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    37. ^ a b c d e f 各幼稚園の紹介”. 北広島市子育てサイト. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    38. ^ a b 各認定こども園の紹介”. 北広島市子育てサイト. 北広島市. 2017年10月31日閲覧。
    39. ^ 北広島自動車学校”. 2017年11月4日閲覧。
    40. ^ 新札幌自動車学園”. 2017年11月4日閲覧。
    41. ^ 北海道センタ”. コマツ教習所. 2017年11月1日閲覧。
    42. ^ 事業所一覧”. 北海道中央バス. 2018年5月16日閲覧。
    43. ^ 野幌原始林 - 文化遺産オンライン文化庁
    44. ^ 旧島松駅逓所 - 文化遺産オンライン文化庁
    45. ^ 国指定史跡等”. 北広島市教育委員会. 2017年10月30日閲覧。
    46. ^ a b c 北広島市の統計, p. 82.
    47. ^ きたひろしま30kmロードレース”. 2017年10月31日閲覧。

    参考資料

    関連項目

    外部リンク

    行政

    産業

    観光

    その他


     

    Back to Top
    Close