in

📊|アングル:コロナで岐路の「現地現物主義」、メーカーはAIに活路


写真 プリンターメーカーのリコーでは、既にロボットがほとんどの工程で活躍しており、4月以降は技術者が自宅から遠隔監視を行っている。写真は部品を運ぶ自動車。7月13日、神奈川県厚木にあるリコーインダスリーの工場で撮影(2020年 ロイター/Naomi Tajitsu)

アングル:コロナで岐路の「現地現物主義」、メーカーはAIに活路

 
内容をざっくり書くと
ただ、技術やノウハウ、人材などの不足からD2C事業に踏み込めない企業もあり、大日本印刷ではそうした企業をサポートする。
 

[東京 31日 ロイター] – 愛知県豊橋市にある武蔵精密工業の自動車部品工場では、ロボットが品質管… →このまま続きを読む

 DCSオンライン

小売・流通業界の経営・販促に関するニュース情報をダイヤモンド・チェーンストアオンラインではいち早く掲載しております。小売・流通業界で働く方、必見の総合情報ニュースサイトをご覧ください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。