ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|京セラ、AI活用技術により自律的な動作を実現する協働ロボット・システムを開発


写真 

京セラ、AI活用技術により自律的な動作を実現する協働ロボット・システムを開発

 
内容をざっくり書くと
このAI活用技術は、協働ロボットのコントローラー内で自律的にリアルタイム処理をする「エッジ・システム」と、現場のデータを基に学習する「クラウド・システム」で構成されている。
 

製造現場で使われている産業用ロボットは、安全上、柵などで囲い人の作業とは分離して使われる大型のロボッ… →このまま続きを読む

 IoTNEWS

IoTNEWSは、IoT/AIを活用したビジネスを行う方や、デジタルトランスフォーメーション(DX)を果たしたい企業を応援するメディアです。
国内外の様々な情報を収集し、配信したり、取材記事やオピニオン記事、勉強に役立つ記事、事業企画書に活用できるデータや図などを配信しております。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

AI活用技術

リアルタイムシステム

リアルタイムシステム(Real-time System)とは、ジョブの実行が命令された時、その処理を設定された時間通りに動作することに着目した制御工学における概念の一つであり、「リアルタイム処理」とも呼ばれている。

ハードリアルタイムシステム
システムに与えられたタスクがデッドライン内に終了しなかった時(デッドラインミス)、故障するシステムのこと。従って、この種類のシステムではデッドラインミスを起こしてはならない。
ファームリアルタイムシステム
デッドラインミスが起こった時、システム全体に致命的なダメージを与えることはないが、その処理自体の価値は即座に0となる。
ソフトリアルタイムシステム
デッドラインミスが起こっても、システム全体に致命的なダメージを与えることはなく、その処理自体の価値も、終了時間などにより徐々に落ちていく。

リアルタイム性を高めるために、どのような順番でジョブを処理するか(スケジューリング)が重要となる。各ジョブ(タスク)の重要度がスケジューリングの基準となることが多く、重要度が時間と共に変化する動的スケジューリングと、変化しない静的スケジューリングに大別される。またスケジューリングの結果、各ジョブがどの程度実行されるかも議論の対象となる。

関連項目


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close