ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|ウイルスを不活化する照明システム、ウシオ電機と東芝ライテックが共同開発


写真 

ウイルスを不活化する照明システム、ウシオ電機と東芝ライテックが共同開発

 
内容をざっくり書くと
Care222 i-シリーズ ベーシックとUVee(ユービー)ユニバーサルダウンライトタイプはこの提携に基づき開発したもので、ウシオ電機が人体に優しい紫外線波長域のみを照射する「Care222 光源モジュール」を東芝ライテックに提供し、東芝ライテックが設計・製造・品質管理を担った。
 

ウシオ電機(内藤宏治社長)と東芝ライテック(平岡敏行社長)は12月1日、有人環境下で使用できるウイル… →このまま続きを読む

 週刊BCN+

週刊BCNでおなじみのITビジネス情報サイトです。
週刊BCN+はパートナービジネスを支える情報サイトです。ニュースだけではなく、パートナーマッチングの支援やオピニオンリーダーによるコラム・インタビューを掲載。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

Care222光源モジュール

ウシオ電機

ウシオ電機株式会社(ウシオでんき、英文名称: Ushio Inc.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く、産業用光源をはじめとした光応用製品ならびに産業機械を扱うメーカー。東京証券取引所一部上場。

概要

本社は、東京都千代田区丸の内 丸の内北口ビルディング1916年、現在の関西電力中国電力電球製造部門が独立して姫路電球株式会社となり(後のウシオ工業株式会社)、ここから1964年に産業用光源メーカー、ウシオ電機として独立し創立された。 実質的な創業者であり現取締役相談役の牛尾治朗経済同友会代表幹事などを歴任し、りそな銀行の成立に立ち会っている。

主力製品・事業

ハロゲンランプのトップメーカーとして知られている[誰?]が、実際はその他産業用特殊光源・機器が事業の中核をなしている。集積回路パターン焼付け用の露光ランプや、医療機器用ランプ、プロジェクター用高輝度ランプ、殺菌用低圧UVランプ、スキャナー・コピー機・レーザープリンター用ハロゲンランプデジタルシネマプロジェクター、電子部品用露光装置、光学式洗浄装置、紫外線硬化装置などで世界的に高いシェアを誇る[要出典]

露光光源 世界シェア 75% エキシマUV光源 世界シェア 85% デジタルシネマプロジェクタ 世界シェア 40% シネマプロジェクタランプ 世界シェア 55% 産業用ランプ世界首位[要出典]。 液晶・半導体向けは露光用ランプに加え各種装置を取り扱う。

1992年平成4年)にアメリカ合衆国の映写機メーカーである CHRISTIE INC. (現: CHRISTIE DIGITAL SYSTEMS) を傘下に収め、デジタルシネマ事業に進出した。

2015年にはアメリカコロンビア大学と手術部位などの感染を防ぐための狭帯域スペクトル紫外線技術の独占ライセンス契約を締結し、メディカル分野への進出も積極的に進めている。

2020年、空間や物に付着する菌やウイルスを (新型コロナウイルス、O-157、インフルエンザなど含む) 99.9%[1]不活性化させる殺菌用光源 Care222を開発。

通常、人体に有害とされる紫外線[2]だが、Care222 に使用されている 222 nm 紫外線は特殊なバンドパスフィルター[3]によって人体に無害とされている[4][5][6]

またCare222は共同研究した米国コロンビア大学にてよって特許化され、ウシオ電機は独占実施権を有している[7]

Care222は、新型コロナウイルスCovid-19)への殺菌効果はすでに証明されており[8]、米国コロンビア大学によって更なる効果検証実験が進んでいる[9][10]

日本国内向けには2020年9月から医療機関に向け販売開始[11]。2021年1月からは一般にも製品を発売している。[12]

兵庫県姫路市で創業され、グループ最大規模の研究開発・生産拠点を現在も置いていることから、JR姫路駅前には大型ネオンサインがある。


沿革

  • 1916年大正5年)11月 - (現在の関西電力中国電力)の電球製造部門が独立、姫路電球株式会社を創立。
  • 1932年昭和7年) - 日本電球株式会社に改称。
  • 1951年(昭和26年) - 日本真空工業株式会社に改称。
  • 1952年(昭和27年) - 牛尾工業株式会社に改称。
  • 1962年(昭和37年) - ウシオ工業株式会社に改称。
  • 1964年(昭和39年)4月 - ウシオ工業の産業光源製造部門が独立、ウシオ電機株式会社を創立。
  • 1970年(昭和45年)5月 - 東京証券取引所第2部上場。
  • 1971年(昭和46年)8月 - 本社を東京都に移転。
  • 1974年(昭和49年)4月 - 大阪証券取引所第2部上場。
  • 1980年(昭和55年)9月 - 東京証券取引所・大阪証券取引所第1部上場。
  • 2010年平成22年)1月 - 大阪証券取引所上場廃止。
  • 2014年平成26年)8月1日 - 株式会社アドテックエンジニアリング(証券コード6260)の株式交換による完全子会社化(アドテックエンジニアリングの普通株式1株に対して、当社の普通株式0.23株を割当て交付)
  • 2016年3月 - 本社を東京都千代田区丸の内に移転。

事業所

関連会社

  • (業務・一般用照明の製造販売)
  • ジーベックス
  • アドテックエンジニアリング
  • CHIRISTIE DIGITAL SYSTEMS(デジタルシネマ)
  • BLV LICHT-UND VAKUUMTECHNIK GmbH
  • Acuity Brands,Inc.(Care222モジュールの供給契約を米国アキュイティ社と締結。2020.6)

ほか

脚注

[脚注の使い方]

注釈・出典

  1. ^ 効果 | 殺菌 | ウシオの環境衛生” (日本語). 2020年7月1日閲覧。
  2. ^ 原理 | 殺菌 | ウシオの環境衛生” (日本語). 2020年7月1日閲覧。
  3. ^ 安全性 | 殺菌 | ウシオの環境衛生” (日本語). 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ 安全性 | 殺菌 | ウシオの環境衛生” (日本語). 2020年7月1日閲覧。
  5. ^ 世界初、神戸大学とウシオ電機が人体正常皮膚への 222 nm 紫外線直接照射で、障害なく常在菌の殺菌に成功” (日本語). Research at Kobe. 2020年7月1日閲覧。
  6. ^ 皮膚がんなどの発症なし 222 nm 紫外線 (UV-C) 繰り返し照射の安全性を世界で初めて実証” (日本語). Research at Kobe. 2020年7月1日閲覧。
  7. ^ Care222™とは? | 殺菌 | ウシオの環境衛生” (日本語). 2020年7月1日閲覧。
  8. ^ 波長222nm紫外線が新型コロナウイルスを不活化する効果を発見”. 広島大学. 2021年1月6日閲覧。
  9. ^ Far-UVC Light Safely Kills Airborne Coronaviruses” (英語). Columbia University Irving Medical Center (2020年6月24日). 2020年7月1日閲覧。
  10. ^ Far-UVC Light Safely Kills Airborne Coronaviruses” (英語). Columbia University Irving Medical Center (2020年6月24日). 2020年7月1日閲覧。
  11. ^ 製品 | 殺菌 | ウシオの環境衛生” (日本語). 2020年7月1日閲覧。
  12. ^ 有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222®」を搭載した新製品2機種を1月から発売”. ウシオ電機. 2021年1月6日閲覧。

外部リンク

  • ウシオ電機株式会社(日本語) - 公式サイト
  • Care222の研究者 米国コロンビア大学デビッド・ブレナー博士の新型コロナ感染症に対するシンポジウムでの発言(日本語訳付き)[1]
  • ウシオ・アメリカ Care222の解説VTR(英語)[2]
  1. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月1日閲覧。
  2. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月1日閲覧。

 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close