in

📢| イーグルアイネットワークスによる映像監視における2021年の主な動向予測

※この記事は日本語専用記事となります。

2020年の出来事は、技術の進歩、クラウド、人工知能の映像監視への採用と相まって、2021年を業界にとって変革の年とするでしょう。

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — スマートクラウドビデオセキュリティのグローバルリーダーであるイーグルアイネットワークスは本日、ビジネスインテリジェンスと改善を推進するための映像監視、セキュリティ、解析の利用に最も大きな影響を与える2021年の動向を発表しました:

顧客はクラウドを求めています。高度な解析により、映像監視システムはより価値のあるビジネスソリューションへと変貌を遂げます。コンプライアンス要件は常に進化しており、IT部門は映像監視システムに関与し、多くの場合、映像監視システムを所有しています。顧客はシステムがオープンで接続されていることを期待しています。

「2021年の映像監視の動向を推進している要因はたくさんあります」と、イーグルアイネットワークスのオペレーション・バイスプレジデントのハンスケーラー氏は述べます。「イーグルアイネットワークスやそのパートナーなどの企業によるイノベーションは、セキュリティに加えてビジネスの洞察を提供する映像監視システムを求める顧客の声を先導し、それに応えています。AIとクラウド映像監視の可能性を2020年のボラティリティ、不安定性、リモート作業環境と合わせて考えると、人々はこれまで以上にビジネス価値を提供する映像監視とセキュリティシステムを求める環境にあると言えます。クラウドの採用を加速し、解析を使用してセキュリティを向上させ、ビジネスの改善を推進することで、2021年は業界にとって変革の年となるでしょう。」

2021年の映像監視とセキュリティの傾向:

  • 顧客はクラウドを求めています。高度な解析により、映像監視システムはさらに価値の高いビジネスソリューションに変わります。コンプライアンス要件は常に進化しています。 IT部門は、映像監視に関与しており、映像監視を所有しているケースも多数あります。そして、顧客はシステムがオープンで接続されていることを期待しています。
  • 解析とAIがセキュリティシステムをビジネスソリューションに変える:映像監視システムは、もはやセキュリティのためだけでなく、ビジネスインテリジェンス(BI)のための貴重なツールでもあります。AIは数年前から話題になっていますが、その展開は遅れています。今年は、よりAIが実用化に移行します。
  • コンプライアンス要件は常に進化しています: 映像監視が業界や大陸全体でより広く採用されるツールになり、コンプライアンス目的で映像を使用する業界が増えるにつれ、その使用を規制することがますます普及しています。
  • IT部門がより積極的に取り組み、映像監視を所有している:ITリーダーは、映像管理システムに関与しているだけでなく、実際にそれを所有しています。企業はIT戦略の一環として、映像をビジネスプロセスの改善に活用しながら、不要な業務の間接費を削減しています。
  • オープンで統合されたシステムの需要:オープンで接続されたエコシステムにより、企業と開発者は、単一の映像管理システム(VMS)プラットフォームに任意の数のアプリケーションを統合できます。このプラットフォームは、カメラとのインターフェース、映像の録画、クラウドへの映像の安全な送信と保存、統合アプリケーションで使用できる映像の作成など、すべての面倒な作業を処理します。ベンダー指定のカメラしか使用できなかったり、「ハイブリッド」システム(新機能を得るためにベンダーのハードウェアへのアップグレードを必要とする)を謳う時代は、受け入れられないでしょう。

追加メディア

イーグルアイネットワークスについて

2012年に設立されたEagle Eye Networks, Inc.は、企業、アラーム会社、セキュリティ・インテグレーター、都市、個人のニーズに対応したクラウド映像監視でワールドワイドNo.1の企業です。イーグルアイの100%のクラウド・マネージド・ソリューションは、クラウドおよびオンプレミスの録画、銀行レベルのセキュリティと暗号化、幅広いアナログおよびデジタル・カメラのサポートを提供しており、すべてウェブまたはモバイル・アプリケーションからアクセスできます。イーグルアイのソリューションは、あらゆる規模やタイプのビジネスに、運用の最適化とセキュリティのために利用されています。イーグルアイのすべての製品は、イーグルアイの開発者に優しいRESTful APIプラットフォームとBig Data Video Framework™の恩恵を受けており、ライブおよびアーカイブされた映像のインデックス作成、検索、検索、解析を可能にしています。イーグルアイのオープン・ビデオAPIは、アラーム監視、サードパーティの解析、セキュリティ・ダッシュボード、POSシステムとの統合に広く採用されています。

イーグルアイネットワークスは、世界各地の認定販売店を通じて製品を販売しています。米国テキサス州オースティンに本社を置き、ヨーロッパとアジア太平洋地域にオフィスを構えています。詳細については、www.een.com をご覧いただくか、+1-512-473-0500(米国)、+31 (0) 20 26 10 460(欧州・中東・アフリカ)、または 03-6868-5527(日本)までお電話ください。

Contacts

イーグルアイネットワークス株式会社

03-6868-5527(代表)

担当:滝沢

Email: ctakizawa@een.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。