in

📢| シーカンスとタレスが次世代LTE-M、NB-IoT、Cat 1ソリューションで協業を拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

パリ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — シーカンス・コミュニケーションズ(NYSE:SQNS)は、セルラーIoT接続ソリューションで長年にわたり提携しているタレスが、同社の新世代Cinterion IoT LTE-M/NB-IoTおよびCat 1モジュールの基盤として、シーカンスの第2世代Monarch 2プラットフォームとCalliope 2プラットフォームを使用する意向であると発表しました。タレスは2015年以来、同社のCinterion IoTモジュールでシーカンスの第1世代マッシブIoTモデム技術を使用し、世界的に出荷しています。シーカンスの第2世代マッシブIoTチップの提供は、市場でクラス最高のIoTモジュールの提供を目指す協業の第2段階を促進することになります。シーカンスのMonarch 2技術とCalliope 2技術は、消費電力の大幅な削減、高集積化、統合SIM機能向けのGSMA準拠EAL5+のセキュア・エンクレーブなど、多数の先進的機能と改善を提供します。

タレスのIoT担当バイスプレジデントのAndreas Haegele氏は、次のように述べています。「タレスは、当社のCinterion IoTモジュールでクラス最高の接続機能を提供するにあたり、シーカンスのLPWANモデムのMonarchおよびCalliopeに依存しています。シーカンスの新しいMonarch 2 LTE IoTモデムは、Cat M1およびCat NB2 IoTの両方に対応して、カバー範囲の拡大、消費電力の改善、バッテリー寿命の延長を実現する画期的成果です。当社は、シーカンスとの長年の協業関係を拡大することを、心からうれしく思います。それにより、当社のLPWAポートフォリオを成長させ、IoTを推進する革新的IoT接続ソリューションを、引き続き提供できます。」

シーカンスのマッシブIoT担当エグゼクティブバイスプレジデントのDidier Dutroncは、次のように語っています。「この提携により、タレスのIoTのお客さまが、今日の市場で最も先進的なセルラーIoTソリューションを利用できるようになります。Cinterion IoTモジュールは最上位製品で、タレスのセキュリティーに関する専門技術と相まって、タレスのお客さまはマッシブIoTに対応するための必要能力を備えたIoTデバイスを構築する上で、まさしく必要なものを手に入れることができます。」

Monarch 2は5G対応チッププラットフォームで、3GPPリリース14および15、LTE UEカテゴリーのM1/NB1/NB2に対応しています。Monarch 2は、単一チップにベースバンド、RF、RAM、MCU、電源管理を統合しています。すべての電力クラス(+23/20/14 dBm)に対応しているため、世界中のすべての通信事業者が効率的なネットワーク容量とデータプランを展開できます。Monarch 2は、業界最低レベルである2.2Vからの電源供給をサポートしています。また、アクティブ・モードとeDRXモードの両方で消費電力を50%以上改善し、最低値1マイクロアンペアで業界を一貫してリードしています。Monarch 2の専用MCUは、超低消費電力モードから高性能モードまで、顧客の用途に最適なスケーリングが可能です。Monarch 2のGSMA準拠の組み込みセキュア・エンクレーブ(SE)は、可能な限り最高の政府クラスのセキュリティーレベル、EAL5+、iUICC(iSIM)機能を提供します。

Calliope 2は5G対応のチッププラットフォームで、3GPP Release 15のマッシブIoT標準に対応し、ダウンリンクは最大10Mbps、アップリンクは最大5Mbpsを実現します。Calliope 2は、単一チップにベースバンド、RF、RAM、MCU、電源管理を統合しています。コストと消費電力を改善しているほか、Calliope 2はシーカンスのMonarch 2プラットフォームと同じ先進的機能を提供し、ieUICC(統合SIM)向けのEAL5+のセキュア・エンクレーブなどを含んでいます。さらにCalliope 2は、HD品質音声のVoLTE音声エンジン(EVS)を統合し、緊急時の音声通話とストリーミング・オーディオにも対応しています。

シーカンスについて

シーカンス・コミュニケーションズ(NYSE: SQNS)は、マッシブIoT、ブロードバンドIoT、クリティカルIoT向けに5G/4Gチップとモジュールを開発・提供する一流企業です。シーカンスは5G/4GマッシブIoTアプリケーション向けに、主力製品であるMonarch LTE-M/NB-IoTプラットフォームおよびCalliope Cat 1チッププラットフォームを基盤とする包括的な製品ポートフォリオを提供し、業界をリードする低消費電力性、多数の統合機能セット、グローバルな展開能力を特徴としています。5G/4GブロードバンドとクリティカルIoTアプリケーション向けに、シーカンスは当社のCassiopeia Cat 4/Cat 6 4GチッププラットフォームおよびハイエンドのTaurus 5Gチッププラットフォームを基盤とする製品ポートフォリオを提供し、低コストの住宅、企業、産業用アプリケーション向けに最適化しています。2003年に設立されたシーカンスは、フランスのパリに本拠を置き、米国、英国、フィンランド、イスラエル、香港、シンガポール、台湾、韓国、中国にもオフィスを置いています。シーカンスをオンラインでご訪問ください(www.sequans.com)。

将来見通しに関する記述

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sequans media relations: Kimberly Tassin (USA), +1.425.736.0569, kimberly@sequans.com
Sequans investor relations: Claudia Gatlin (USA), +1 212.830.9080, claudia@sequans.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。