in

📢| ジョンズ・マンビルがケイティ・アルベリーを新法律顧問に任命

※この記事は日本語専用記事となります。

デンバー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — バークシャー・ハサウェイのグループ企業で世界的な建築資材・特殊製品メーカーのジョンズ・マンビル(JM)は本日、キャサリン(ケイティ)・アルベリーが2月1日付けで副社長兼法律顧問への就任を受諾したと発表しました。


ボブ・ヴァンボルト社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「アルベリーは有能な弁護士であり、ジョンズ・マンビルの優れた法律顧問になるでしょう。アルベリーは卓越した判断力を持っており、その新しい役割に、JMのさまざまな事業やその他の重要なプロジェクトをサポートしてきた長年にわたる経験をもたらします。アルベリーは当社の経営幹部チームにとって素晴らしいプラスとなります。」

アルベリーは、2020年末に当社での19年間の勤務を経て引退する意向を発表したシンディ・ライアンの後を引き継ぎます。ライアンは幹部の役割から退きますが、今後もいくつかの重要なイニシアチブに関してJMに助言を行っていきます。

アルベリーは2012年にジョンズ・マンビルに入社し、当社の加工製品部門に法的サポートを提供しました。その後JMの断熱システム部門でも、同様の役割を担いました。新しい役割では、アルベリーはJMの法務、リスク管理、環境・衛生・安全の各組織を主導し、主要な問題について会社全体の事業リーダーと緊密に連携する責任を負います。

ジョンズ・マンビルに入社する前は、アルベリーはセンチュリーリンクの上級顧問弁護士を務めていました。それ以前は、クエスト・コミュニケーションズで顧問弁護士、ホーガン&ハートソン(現在はホーガン・ロヴェルズ)でアソシエートとして勤務していました。

アルベリーはボストンカレッジで英語の学士号を、ノースウェスタン大学で法務博士号を取得しました。JMに勤務するかたわら、イェール大学経営大学院のエグゼクティブコース「Leading and Managing Globally」の修了証書も取得しました。アルベリーは家族と共にデンバーで暮らしています。

ジョンズ・マンビルについて

バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A、BRK.B)グループ企業のジョンズ・マンビルは、高品質の建築・専門用品の製造・販売を行う大手企業です。1858年創業のジョンズ・マンビルは、デンバーを拠点としています。年間売上高は30億ドル超で、すべての主要市場でリーダー的地位を占めています。ジョンズ・マンビルは、北米、欧州、中国で約8000人の従業員を擁し、46カ所の製造施設を運営しています。詳細については、www.jm.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Eric Brown, Johns Manville

303-809-2853

Eric.Brown@jm.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。