in

📢| ムーディーズESGソリューションズ・グループ:V.Eがイタリア初のグリーン国債の枠組みと発行に関するセカンド・パーティー・オピニオンを提供

※この記事は日本語専用記事となります。

ロンドン & ミラノ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ムーディーズESGソリューションズ・グループは本日、ムーディーズ関連会社のV.Eがイタリアのグリーン国債の枠組みと初のグリーン国債発行に関するセカンド・パーティー・オピニオン(SPO)を提供したと発表しました。2018年グリーンボンド原則の4つの中核的な構成要素に合致したこの枠組みは、再生可能エネルギーとクリーン輸送を含むイタリアの環境面での優先課題を反映した予算項目のための資金調達に活用されます。V.Eでは、これらの項目は国連の持続可能な開発目標のうち7つの目標に貢献するだろうと考えています。

V.Eのサステナブル・ファイナンス担当エグゼクティブ・ディレクターのジュリエット・マクレシーは、次のように述べています。「当社の評価では、この枠組みによって発行された債券はサステナビリティに対して『確固とした貢献』をします。イタリアは、資金を拠出するプロジェクトの環境貢献に関するデューデリジェンスを実施しています。調達資金の使途は、気候緩和、気候適応、汚染防止と管理、循環経済への移行、天然資源の責任ある管理、生態系と生物多様性の保護という観点で明らかな恩恵をもたらします。今後も、気候行動から目下のパンデミックからの回復まで、持続可能な開発行動のための資金調達を目的に国債発行の拡大と多様化が続くと予想されます。」

サステナビリティ認証に関するV.EのSPOは、市場参加者のサステナブルボンドおよびサステナブル・ローンによる資金調達を可能にし、発行体とプロジェクトに対する信頼を高め、投資家に自信を与えることに貢献します。これまでにV.Eは、受賞歴のある先駆的な例を含め、サステナブル・ファイナンスに関する300件を超えるSPOを30カ国以上で提供してきました。V.Eは、フランス、チリ、エクアドル、エジプト、メキシコの政府による債券発行でSPOを提供してきました。

ムーディーズESGソリューションズについて

ムーディーズESGソリューションズ・グループは、ESGと気候に関する洞察に対する世界的な需要の高まりに対応するムーディーズ・コーポレーションの事業部門です。同グループは、ESG、気候リスク、サステナブル・ファイナンスに関するムーディーズのデータと専門知識を生かし、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(MIS)およびムーディーズ・アナリティックス(MA)と連携して包括的かつ総合的なESGおよび気候リスク・ソリューションを提供します。これには、ESGスコア、アナリティックス、持続可能性格付け、サステナブル・ファイナンス評価・認証サービスが含まれます。ムーディーズESGソリューションズ・グループにはV.Eとフォー・トゥエンティー・セブンが含まれ、どちらもムーディーズの関連会社です。詳細情報については、ムーディーズESGおよび気候リスク・ハブ(www.moodys.com/esg)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Moody’s ESG Solutions:
Lisa Stanton

MD-Global Sales Lead/ESG

+1 (415) 874-6000

Lisa.Stanton@moodys.com

Media inquiries:
Julian Knapp

VP, Communications

+44 (207) 772-1967

Julian.Knapp@moodys.com

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。