in

📢| ERSゲノミクスが大塚製薬にCRISPR遺伝子編集技術をライセンス

※この記事は日本語専用記事となります。

ノーベル賞を受賞したCRISPR技術のライセンスが社内の研究開発を支える

アイルランド・ダブリン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — CRISPR/Cas9の基礎的な知的財産への広範なアクセスを提供するために設立されたERSゲノミクス・リミテッドは本日、大塚製薬株式会社(大塚製薬)とライセンス契約を締結したと発表しました。本ライセンスにより、大塚製薬はCRISPR/Cas9ゲノム編集技術を利用して、未充足の医療ニーズがある領域に対処するための社内研究開発ができるようになります。

ERS ゲノミクスは、共同設立者であり、ノーベル賞を最近受賞したエマニュエル・シャルパンティエ博士から、研究プラットフォームとして使用するためのCRISPR/Cas9をカバーする基礎的な知的財産権について、独占的ライセンスを世界規模で取得しています。

ERSゲノミクスのエリック・ローズ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちはCRISPR/Cas9 のライセンスを大塚製薬に提供できることを大変うれしく思います。今回の契約により、大塚製薬が社内プログラムに本技術を適用して、同社に大きな価値がもたらされることを期待しています。」

本契約の財務的な詳細は非公開です。

ERSゲノミクスの日本における総代理店は、住友商事の子会社である住商ファーマインターナショナル株式会社が務めています。

以上

高解像度画像については、Zyme Communicationsにお問い合わせください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Katie Odgaard

Zyme Communications

Tel: +44(0)7787 502 947

Email: katie.odgaard@zymecommunications.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。