in

📢| カイメタとブルー・エッジ・グローバルの戦略的提携により、軍事訓練を受けた専門家による実世界のSATCOMフィールド・トレーニングが実現

※この記事は日本語専用記事となります。

カイメタのソリューションの先進的な対面式技術トレーニングが、ブルー・エッジ・グローバル(派遣された国防総省関係者、軍人、緊急要員のための認定傷痍軍人所有小企業)を通じて利用可能に

米ワシントン州レドモンド & 米コロラド州コロラドスプリングス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — モバイルをグローバル化する通信企業のカイメタ(www.kymetacorp.com)は本日、非公開所有・運営の認定傷痍軍人所有小企業のブルー・エッジ・グローバルとの新たな優れたトレーニング提携を発表しました。この提携は、インストラクター主導の反応型トレーニング・ソリューションを提供するよう設計されています。対象は、高リスクのミッションを可能にするために途切れない通信が必要とされる場合、初期対応者到着時準備態勢ソリューション、そして自然災害やその他の災害によって即時の物流支援が必要とされる場合の陸・空・海・宇宙の領域です。今後、カイメタとブルー・エッジ・グローバルは、協力して国防総省(DoD)、防衛省(MoD)、緊急サービスの世界各地のチームに軍事SATCOM専門家チームによる現場トレーニングを提供します。

ブルー・エッジ・グローバルとの協力は、ミッションクリティカルな接続に最適な移動中の通信ソリューションを提供しながら、場所や配備状況に関係なく可能な限り最高のトレーニングを顧客に提供するというカイメタの目標をサポートします。カイメタとブルー・エッジ・グローバルは、社内のトレーニング専門家によるトレーニングを提供して、カイメタの新規顧客と現場チームのために、製品とサービス実装を最も円滑に移行できるようにします。ブルー・エッジ・グローバルとの提携により、時間の制約や必要な機密要件を満たしながら、カイメタの技術を使用した現地でのリアルタイム・トレーニングが可能になります。

ブルー・エッジ・グローバル最高経営責任者(CEO)兼社長のマイケル・D・フィリップス米国空軍大佐(退役)は、次のように述べています。「ブルー・エッジでは、重い機材では操作が困難で時間がかかり、設置に貴重な時間が奪われる従来の衛星通信方法に挑戦する画期的技術にトレーニング・ソリューションを提供することに注力しています。カイメタは、多用途で使いやすく操作が簡単なカイメタu8と、移動中の衛星移動通信接続を提供するカイメタ・コネクトでそれを解決しました。移動中にきちんと動く信頼性の高い通信により、チームの接続維持、救命、商業戦略と防衛戦略の両方にメリットをもたらす高リスク・ミッションが可能になります。カイメタと提携して、世界中で必要な時に必要な場所でこれらのサービスを提供できることを誇りに思います。」

カイメタ接続・政府プログラム担当副社長のIsabel LeBoutillierは、次のように述べています。「SATCOMと軍事作戦の専門知識を備えたブルー・エッジ・グローバルのインストラクターを教室や現地施設で利用できるようにし、軍隊と緊急対応の顧客の専門ニーズに対応できることをうれしく思います。限られた時間内に配備されたチームにトレーニングを提供することは、特に専門インストラクターが適切な機密取扱資格を必要とする可能性があるため、非常に難しい場合があります。ブルー・エッジ・グローバルの機密取扱資格を持つSATCOMエキスパートのチームは今後、顧客の必要に応じてそのトレーニングを提供できるようになります。」

ブルー・エッジ・グローバルは、世界中で10年以上にわたり、複雑なオペレーション環境や標準でないオペレーション分野の先進的技術トレーニングの概念、応用、技術を専門としてきました。今後、ブルー・エッジ・グローバルとカイメタは、協力して軍隊、政府、緊急対応管理、危機管理、法執行、輸送などの分野で顧客の要求に応えるべく、カスタマイズされた指導設計、コンテンツ、配信方法を使用してインストラクター主導のトレーニングを提供していきます。

カイメタについて

カイメタは、移動中の通信とモバイルのグローバル化に対する圧倒的な需要を満たすために、セルラーネットワークと組み合わせたブロードバンド衛星接続の可能性を引き出しています。カイメタ傘下のレプトン・グローバル・ソリューションズは、当社の衛星接続ソリューションをホストしており、顧客の任務要件を満たすかそれを上回るクラス最高の技術と顧客中心のカスタマイズ式サービスをベースとする独自の完全なターンキー・バンドル・ソリューションを市場に提供します。これらのソリューションは、この種類では初の当社の平面衛星アンテナやカイメタ・コネクト接続サービスと連携して、衛星ネットワークおよびハイブリッド衛星セルラーネットワーク上で世界中の顧客に革命的なモバイル接続を提供します。米国や各国の特許・認可に裏打ちされたカイメタの端末は、衛星の方角に向ける機械部品を必要としない軽量スリムで高スループットな通信システムに対するニーズに応えます。カイメタはあらゆる車両、船舶、固定プラットフォームの接続を容易にします。

カイメタはワシントン州レッドモンドに本拠を置く非公開企業です。

詳細については、kymetacorp.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Business Inquiries for Kymeta:
Jon Maron

Vice President of Marketing and Communications

Kymeta Corporation

+1 425.658.8827

jmaron@kymetacorp.com

Media Inquiries for Kymeta:
Amanda Barry

Associated Director PR/Content

The Summit Group

abarry@summitslc.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。