in

📢| ダイムラー・トラックとカミンズが中型商用車用エンジンに関する世界規模の計画を発表

※この記事は日本語専用記事となります。

  • 中型車用エンジン・システムに関する世界規模の戦略的提携関係を構築する覚書
  • 今後、他の協業機会も検討
  • カミンズがマンハイムのメルセデス・ベンツ工場構内にエンジン工場を設立し、Euro VII排出基準に準拠した中型車用エンジンをダイムラー・トラック&バス向けにローカライズ
  • 将来は全世界のダイムラー・トラック&バス向け中型車用エンジン・システムをカミンズが供給
  • ダイムラー・トラックはゼロエミッション走行技術の開発と自社の大型車用エンジン・プラットフォーム(HDEP)のさらなる開発に注力

 

独シュツットガルト & 米インディアナ州コロンバス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ダイムラー・トラックと、動力機器の世界的リーダー企業で独立系エンジン・メーカーであるカミンズ(NYSE:CMI)は本日、両社が中型車用エンジン・システムに関する世界規模の戦略的提携関係を構築する覚書を締結したと発表しました。また、他の協業機会について検討中であることも発表しました。

計画されている戦略的提携の中で、カミンズはダイムラー・トラック&バス向け中型車用エンジン・システムのさらなる開発およびこの10年間の後半に開始するカミンズによるダイムラー・トラック&バス向け中型車用エンジンの世界規模の生産・販売に投資する予定です。

ダイムラー・トラック取締役会長でダイムラー取締役のMartin Daumは、次のように述べています。「今回のダイムラー・トラックとカミンズの間の覚書は、マンハイム工場でのエンジン生産を未来に適したものにすると同時に、我々の競争力を強化するものでもあります。Euro VIIへの移行に伴い、当社では中型車用エンジンのさらなる開発のために相当量のリソースを投資することを余儀なくされるところでしたが、今回の提携のおかげで、その分の資金を業界の変革が進む中で当社が企業として長期的に成功するために不可欠な技術に振り向けることができます。」

カミンズ会長兼最高経営責任者(CEO)のトム・ラインバーガーは、次のように述べています。「世界市場でダイムラー・トラック&バス向け中型車用エンジン・システムを供給するという今回のダイムラーとの重要な戦略的提携を発表することができ、うれしく思います。今回の提携は、両社にとって競争力を高め、世界規模の技術革新を促進し、お客さまへの製品提供を拡充し、排出量を削減するすばらしい機会となります。本件についてのダイムラーとの協業、および両社の成長のための潜在機会の模索に大いに期待しています。世界規模で動力ソリューションを提供する有力独立系企業であるカミンズは、新型のディーゼルから超低排出の天然ガス、完全電気式、水素式などの技術まで幅広い動力ソリューションを用意し、あらゆる地域のあらゆるお客さまが適切なソリューションを利用できるようにすべく努力しています。」

ダイムラーのマンハイム工場でカミンズの中型車用エンジンを生産

カミンズは、マンハイムのメルセデス・ベンツ工場構内にエンジン工場を設立し、中型車市場における両社の継続的な成功を確実にすべく、既存のリソースを効率的に活用してメルセデス・ベンツ向けにEuro VII排出規制に準拠した中型車用エンジンを生産します。今回の戦略的提携に伴い、ダイムラー・トラックとカミンズはマンハイム工場における雇用の維持を図ります。カミンズは、既存の拠点および他のすべての地域における強力な生産・サプライチェーン・ネットワークを他のダイムラー・トラックのブランド(ダイムラー・トラック・ノース・アメリカのブランドを含む)で活用できるようにします。

Martin Daumは、次のように述べています。「覚書締結により、当社はマンハイム工場の明確な将来展望を示したことになります。同工場は中型車用エンジンを今日生産しており、今後も生産を続けます。変更される点も当然ありますが、今回の件はマンハイム工場によって良いことです。労使協議会と共に、常にお客さま、従業員、会社の利益を念頭に置いて、今後数年間に行う変更の形を考え、共同ソリューションを開発していきます。」

ダイムラー・トラックは代替走行技術と大型商用車用エンジンに注力

ダイムラーは、カミンズとの提携によって、非ディーゼルエンジンなどの代替・新興技術の開発業務を拡充・加速できるようになると予想しています。将来ダイムラー・トラックはゼロエミッション走行技術のさらなる進歩および大型商用ドライブトレインのさらなる開発に注力していきます。ダイムラー・トラックによる現在の中型車用エンジン(MDEG)の生産は、マンハイムにおけるカミンズのエンジンの生産開始と共に終了します。次の段階で、両社はパワートレイン・コンポーネントやエンジン・システム・コンポーネントなどの領域においてシナジー効果が期待できる点を特定し、より広範囲の世界規模の戦略的協力関係について検討します。

ダイムラーの大型車用エンジン・プラットフォーム(HDEP)のエンジン群は、今後もマンハイムおよびミシガン州デトロイトの世界規模生産ネットワークによって製造され、世界中の大型トラック、キャンピングカー、サードパーティー製品に装備されます。

将来見通し情報開示記述については、こちらをご覧ください:https://investor.cummins.com/news/detail/503/daimler-truck-ag-and-cummins-inc-announce-global-plan-for

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jon Mills

Cummins Inc.

Director, External Communications

+1 317-658-4540

jon.mills@cummins.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。