in

📢| ハリバートンがノルウェー石油管理局に石油データ管理プラットフォームを提供へ

※この記事は日本語専用記事となります。

ランドマークのiEnergy®ハイブリッドクラウドが国家データへの効率的でセキュアなアクセスのためのデジタル変革を支援

ヒューストン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ハリバートン・カンパニー(NYSE:HAL)は本日、ノルウェー石油管理局(NPD)と8年契約を締結したと発表しました。石油・ガス業界向けの地震/坑井/生産データをまとめたノルウェーの国家リポジトリであるDiskosの導入・運営を行うことが目的です。

ハリバートン・ランドマークは、業界初のE&PハイブリッドクラウドであるiEnergy®のDecisionSpace® 365クラウドサービスを使用して、Diskos 2.0を提供します。このクラウドネイティブサービスはオープン・サブサーファス・データ・ユニバースに準拠しており、高品質なデータ、セキュリティー、ガバナンスの機能を提供することで、ユーザーがノルウェー大陸棚のデータに容易にアクセスして、視覚化し、解釈できるようにします。

本サービスのオープンアーキテクチャーと拡張性により、オンプレミス環境やクラウド環境で本リポジトリとオペレーターのシステムを利用したワークフローが実現し、効率的で効果的、機敏な運用を支えます。Diskos 2.0は、DecisionSpace 365のクラウドアプリケーションを使用して、機械学習と人工知能を適用し、海盆・貯留層・掘削・生産に関する洞察的な情報を新たに明らかにすることで、地下データの価値を最大限に引き出して、貯留層からの回収と探査の成果を向上させます。

ハリバートンのデジタルソリューション&コンサルティング部門であるランドマークのシニアバイスプレジデントを務めるナガラジ・スリニバサンは、次のように述べています。「私は、事業者と連携してDiskos向けにこうした新たなレベルのサービスを提供し、エコシステムを拡大して、比類なき体験を創出できることに感激しています。当社のセキュアなクラウド環境、機械学習アルゴリズム、データサイエンスの専門性は、ハリバートンのデジタル戦略に沿いながら、この地域の事業者がその資産価値を最大化することに貢献するでしょう。」

ハリバートンについて

1919年創業のハリバートンは、エネルギー業界に製品やサービスを提供する世界最大級の企業です。70カ国以上で130の国籍を持つ約4万人の従業員を擁する当社は、炭化水素の探査と地理データの管理から、掘削と組成評価、油井の建設と完成、資産寿命全体における生産の最適化まで、顧客が貯留層のライフサイクル全体を通じて価値を最大化できるよう支援しています。当社のウェブサイト(www.halliburton.com)をご覧ください。フェイスブックツイッターリンクトインインスタグラムユーチューブでハリバートンと交流してください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For Investors:
Abu Zeya

Investor Relations

investors@halliburton.com
281-871-2688

For News Media:
William Fitzgerald

External Affairs

pr@halliburton.com
281-871-2601


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。