in

📢| ヒルストーン・ネットワークスが2年連続で2021年もガートナーのネットワークファイアウオール部門カスタマーズチョイスに選出

※この記事は日本語専用記事となります。

製品やサービスを購入・導入・利用した経験を持つエンドユーザーの専門家からの意見と評価に基づく選出

米カリフォルニア州サンタクララ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — エンタープライズネットワークセキュリティーとリスクマネジメントのソリューションを提供する有力企業であるヒルストーン・ネットワークスは、4月に発表された2021年ガートナー・ピア・インサイト「お客さまの声」ネットワークファイアウオール部門の5つ星評定で4.8点の総合評価を獲得し、またもカスタマーズチョイスに選ばれたと発表しました。ガートナーは、「この市場の製品は、単一企業のファイアウォールの導入と、大規模もしくは複雑な事例または両方の特徴を持つ事例をサポートできるものでなければならない」としています。

ヒルストーン・ネットワークスの最高技術責任者(CTO)で共同創設者のティム・リウは、次のように述べています。「セキュリティーは、企業の最大の関心事であり続けています。私たちの仕事は、顧客の声に耳を傾け、顧客が切実に必要としている製品を生み出すことです。当社の創業当初からの使命は、顧客に貢献し、最高のスマート性と簡素性を備えた最強のセキュリティープラットフォームを負担可能なコストで届けることです。ガートナーのピア・インサイト報告書で、2年続けて業界内で5点満点中4.8点の高得点を獲得し、同業者や顧客から評価されたことは、当社にとって最高の栄誉です。私たちは今後も、企業として、市場のニーズや絶えず変化する脅威に最も適切に対応するための革新に真剣に取り組んでいきます。」

技術の進化に伴い、組織に対する攻撃対象も変化し、新たな侵害の機会を生み出しています。昨年だけでも、企業はセキュリティー対策を見直す必要に迫られました。これは、リモートワークやリソースにアクセスするデバイスの数が増えたことが大きな要因です。ヒルストーン・ネットワークスの包括的な機敏性と人工知能(AI)を駆使した技術は、2021年に考慮すべき重要事柄である総所有コストを改善しながら、企業が先手を打つことに貢献する上で、独自の立場にあります。ヒルストーン・ネットワークスは求めやすいソリューションを世界中の2万社の顧客に提供することで、ネットワーク内部で攻撃をブロックし、進行している可能性のあるサイバーセキュリティー侵害を検知・追跡・軽減することに貢献しています。

Gartner, Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Network Firewalls, Peers, 9 April 2021 (2021年4月9日、ガートナー、ピア・インサイト、「お客さまの声」、ネットワークファイアウオール部門)

免責事項

ガートナー・ピア・インサイツのカスタマーズチョイスは個々のエンドユーザーのレビュー、評定、文書化された方法論に沿って適用されたデータで構成される主観的意見であり、ガートナーおよび関連組織の見解を表すものではなく、推奨するものでもありません。

ヒルストーン・ネットワークスについて

ヒルストーン・ネットワークスのセキュリティーおよびリスクマネジメントのソリューションは、重層的で多段階のサイバー脅威を把握・理解し、これらに対処するための可視性、インテリジェンス、保護を企業とサービスプロバイダーに提供します。詳細情報については、www.hillstonenet.com をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Zeyao Hu

Marketing Manager

inquiry@hillstonenet.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。