in

📢| オーストラリアが最新の移住プログラムにより人材争奪戦で力を誇示

※この記事は日本語専用記事となります。

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — COVID-19パンデミックによって過熱した世界的な人材争奪戦は衰える兆しを見せておらず、オーストラリアは、オーストラリア・グローバル企業・人材誘致タスクフォースの下で提供される最新の移住サービスによって成功を収める意思を持っているという強いシグナルを発信しています。このタスクフォースの管轄下に迅速審査ビザ・プログラムがあり、才能ある個人の永住権に向けたスムーズな経路が作られています。このグローバル・タレント・ビザは、オーストラリアのイノベーションおよびテクノロジー経済を成長させることを目的とし、活動的で高度なスキルを持つ個人を引き付けてオーストラリアの安全な海岸へと移住させることによって、経済回復の促進、強靱性の強化、競争力の推進を目指します。

年齢制限や投資の前提条件はなく、申請者に課される唯一の要件は、自分の専門分野で国際的に認められ、卓越していることと、優れた業績の証拠を提出できることです。未来に焦点を当てた10分野(農業食品・アグテック、エネルギー、健康産業、防衛、高度製造・宇宙、循環型経済、デジテック、インフラストラクチャー・観光、金融サービス・フィンテック、教育)が対象となっています。国際的に認められた修士課程か博士課程に在籍し、卓越した才能を発揮している学生も、この枠を利用することができます。

グローバル企業・人材誘致担当首相特使であるピーター・バーワーは、次のように述べています。「オーストラリアはCOVID-19危機を非常にうまく管理してきましたが、その経済は、世界中の他の数多くの国々と同様に打撃を受けています。これがまさに、オーストラリアがグローバル企業・人材誘致タスクフォースを設立した理由です。これは、価値の高い企業や、第一級の科学者、テクノロジー起業家、投資家といった非常に才能のある個人をそのアイデアやネットワーク、資本と共に、オーストラリアで永続的に仕事をし、生活をするように引き付ける役目を果たします。それが次に、スキルの移転やイノベーションの促進、雇用の創出によって、オーストラリア人に機会をもたらします。」

大手国際市民権・居住権顧問会社ヘンリー&パートナーズのオーストラリア・オフィス・ディレクターのトニー・ル・ネベスは、未来への焦点に加え、オーストラリアの繁栄、安全、特別な生活の質によって、この国が非常に人気のある目的地になっていると述べています。「イノベーション、特に技術革新の促進については、現在の状況ではどの主権国にも妥協の余地はありません。オーストラリアのグローバル・タレント・ビザ発行制度は、世界の最先端を行く人材を誘致して活用することによって、オーストラリアが有利な立場を維持することを確実にします。パンデミックによって変化に対する強い欲求が呼び起こされ、多くの人々が別の選択肢を探すようになりました。オーストラリアは投資移住プログラム健康リスク評価で最も高い評価を獲得した国の1つであり、グローバル・タレント・ビザは最高の人材を、将来を見据えた安全で信頼性が高く成功に満ちた国と結びつける完璧な機会を提供しています。」

オーストラリア内務省の統計によると、インドは英国、米国と並んで、グローバル・タレント・ビザ・プログラムに関心を示している国の上位に入っています。承認された申請者は、迅速な手続きに沿って6週間以内に家族全員の永住権を取得することができ、これがプログラムの魅力を大いに高めています。グローバル・タレント・ビザについて詳しく知りたい方のために、ヘンリー&パートナーズは2021年4月28日水曜日のインド標準時正午(シンガポール時間14:30)より、バーワーとル・ネベスとの独占パネルディスカッションを主催します。詳細については、こちらをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contact
Alina Morais
Head of PR, Southeast Asia

alina.morais@henleyglobal.com
+65 9295 4792


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。