in

📢| AMD社長兼最高経営責任者(CEO)の蘇姿丰博士がCOMPUTEX 2021でハイパフォーマンス・コンピューティング・エコシステムについて基調講演

※この記事は日本語専用記事となります。

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — TAITRA(台湾貿易センター)は本日、AMD社長兼最高経営責任者(CEO)の蘇姿丰博士がCOMPUTEX 2021で再び基調講演を行う招待を受けたと発表しました。このデジタル基調講演は6月1日火曜日の台北時間午前10時から行われ、テーマは「AMDの加速 – ハイパフォーマンス・コンピューティング・エコシステム」です。

COMPUTEXの展示は今年はデジタルとなり、基調講演とフォーラムはハイブリッドで行われます。「これまでの1年は、ほかにない年となりました。テクノロジーは、最大級に厳しい時期を私たちが通り抜けることを可能にしました。私たちは展示会のモデルと手法の変革を続け、出展者、来訪者、メディアの変化するニーズに対応するようにし、トレードショーの最も重要な要素である『つながり』を失わないようにしてきました」と、TAITRA会長の黃志芳は述べています。

蘇姿丰博士は、2021年に再度COMPUTEXに参加することを誇りに感じています。「過去1年は、ハイパフォーマンス・コンピューティングが私たちの日常生活で果たす重要な役割が示されました。それは、私たちの仕事の仕方から、学びや遊びの仕方にまでわたっています。今年のCOMPUTEXで、AMDはエコシステムのパートナーと共にイノベーションを加速して先進的な製品ポートフォリオを提供していく状況についてお知らせします」と、蘇姿丰博士は述べています。

COMPUTEX | AMD CEO基調講演において、蘇姿丰博士はコンピューティングの未来に対するAMDのビジョンについて説明します。これには、パソコンのファンやゲーマーのために作られて導入が進んでいるAMDのハイパフォーマンス・コンピューティングおよびグラフィックのソリューションの詳細が含まれます。

AMDは、世界クラスのハイパフォーマンス・コンピューティング・ソリューションを作り上げる主要企業であり、蘇姿丰博士が主導しています。その技術は、私たちの生活を変革するアイデアを触発し、作り上げます。「AMDは、テクノロジー業界で加速を続けるスターであり、蘇姿丰博士がCOMPUTEX 2021に参加されることを大変うれしく思います。私たちは、期待の持てるニュースが蘇姿丰博士によってCOMPUTEXにもたらされることを期待することができ、それを楽しみにしています」と、黃志芳は語っています。

TAITRAは、世界各地のCEOをCOMPUTEX 2021の基調講演にご招待いたします。COMPUTEXの基調講演とフォーラムのスケジュールは、さらなる講演者が発表されると共に定期的に更新されます。詳細情報については、COMPUTEX公式ウェブサイトをご確認ください:http://www.computextaipei.com.tw

台北国際コンピューター見本市(別称:COMPUTEX)について:

1981年に設立された台北国際コンピューター見本市は、サプライチェーンとIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT、IoT、新興企業のための見本市の1つです。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共同で開催する台北国際コンピューター見本市は、台湾の包括的なICT集団を基盤とし、ICT確立されたブランド企業から新興企業まで、またサプライチェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発能力および製造能力と、知的財産権(IPR)保護を備えているため、世界的な技術エコシステムでパートナーを探している外資系企業や投資家にとって、戦略的な目的地となっています。台北国際コンピューター見本市をウェブサイト(www.computextaipei.com.tw)とツイッター(@computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEX)でフォローしてください。

COMPUTEX 2021ハイブリッドについて:

テクノロジーのパイオニアとして、COMPUTEXはデジタル変革の受け入れの最前線に立ってきました。COMPUTEXは、オンライン・マージ・オフライン(OMO)展示会プラットフォーム「COMPUTEX 2021ハイブリッド」を2021年に開始します。イベントの主催者である台湾貿易センター(TAITRA)は、#COMPUTEXVirtualをオンサイトの展示と組み合わせることで卓越した展示体験を提供することを目指しています。台湾のユニコーン新興企業エイピアと協業することで、TAITRAは展示会にAIコンピューティング能力を導入し、グローバル・モデルとしてのCOMPUTEXを作り上げていきます。

TAITRAについて:

1970年に設立されたTAITRAは、台湾を代表する非営利貿易振興機構です。政府と各種業界団体が後援するTAITRAは、企業の世界的な事業範囲の拡大を支援します。台北に本部を置くTAITRAは、1300人の専門家からなるチームを擁し、桃園、新竹、台中、台南、高雄の5カ所に拠点を置き、世界63カ所に事務所を構えています。TAITRAは、台北世界貿易センター(TWTC)および台湾貿易センター(TTC)と共に、世界貿易の促進に注力するグローバル・ネットワークを形成しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Press:
Ms. Tessa Lin <tessalin@taitra.org.tw>

Ms. Li Chao <lichao@taitra.org.tw>


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。