in

📢| シュルンベルジェとNOVが自動化掘削ソリューションの導入加速での協業を発表

※この記事は日本語専用記事となります。

業界リーダーが坑井建設用デジタル掘削自動化ソリューションで協力

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — シュルンベルジェとNOVは本日、石油ガス・オペレーターと掘削会社による自動化掘削ソリューションの導入を加速するための協業を発表しました。この合意により、顧客はシュルンベルジェの坑外・坑内掘削自動化ソリューションをNOVのリグ自動化プラットフォームと組み合わせて優れた坑井建設成果を得ることが可能になります。この統合ソリューションにより、手作業の手順の自動化、安全性や意思決定、一貫性の改善、そして掘削活動の効率向上が可能になります。

「当社は、NOVと協業して、そのリグ自動化インターフェースを当社の掘削自動化ソリューションと統合できることをうれしく思います。これにより、オペレーターや掘削会社がこれまで以上の成果を上げることが可能になります。坑内・坑外自動化アプリケーションを活用することで、当社は作業の安全性と効率を高めることができ、お客さまに安定的に上位4分の1に入る坑井を実現できます。このパートナーシップは、お客さまによる掘削自動化技術の導入の加速に貢献し、優れた坑井建設成果を実現します」と、シュルンベルジェ最高経営責任者(CEO)のオリビエ・ル・プェッシュは述べています。

「この協業を通じて、NOVは、掘削会社が坑井品質を改善しながら高い一貫性、安全性、効率性を達成することを可能にするオープン・デジタル自動化プラットフォームを提供する努力を立証しています。当社は、お客さまに価値を届けるデジタル・ソリューションに継続的に投資しています。掘削自動化は、全体的な点にリグ作業員が集中することを可能にして成果を高め、手作業の反復作業を削減します」と、NOV会長・社長・最高経営責任者(CEO)のClay Williamsは述べています。

この統合ソリューションは、シュルンベルジェのDrillOps*オンターゲット坑井建設ソリューションの高度なAIを活用し、NOVのNOVOSプロセス自動化プラットフォームが作業範囲にあるすべてのNOVリグ機器を制御します。この両方の技術がシームレスに協調して動作し、手順への準拠の管理や最高レベルの作業成果の達成を可能にします。

DrillOpsソリューションのファミリーには、シュルンベルジェの深層掘削分野の知識と高度な機械学習アプリケーションを活用したオープンなモジュール式技術が含まれ、デジタル掘削計画の安定的な実行や掘削作業の自動化が可能であり、高レベルの効率性が達成されます。DrillOpsソリューションの詳細は、こちらでご覧いただけます。

NOVOSは最新式のオープン・プラットフォームであり、反復的な掘削活動を自動化し、掘削作業員が安定したプロセス実行と安全性に集中できるようにして掘削会社にメリットをもたらし、掘削プログラムの最適化によってオペレーターに恩恵をもたらします。

シュルンベルジェについて

シュルンベルジェ(SLB:NYSE)は、顧客企業と協力してエネルギーを利用可能にするテクノロジー企業です。当社の160を超える国籍の従業員は、最先端のデジタル・ソリューションを提供し、革新的なテクノロジーを導入して、世界のエネルギー業界の業績と持続可能性を可能にしています。120カ国以上での専門知識を有する当社は、すべての人の利益のために協業してエネルギーの利用可能性を現実のものにする技術を作り出しています。

詳細については、www.slb.comをご覧ください。

NOVについて

NOVは、世界のエネルギー業界に力を与えるテクノロジー主導ソリューションを提供しています。150年以上にわたり、NOVはイノベーションを先駆的に進め、顧客が豊富なエネルギーを安全に生産しながら環境への影響を最小化できるようにしてきました。エネルギー業界はNOVの深い専門能力と技術を利用して継続的に油田操業を改善し、持続可能な未来に向けたエネルギー移行を進める努力を支援しています。NOVは、世界にパワーを与える業界にパワーを与えています。

将来見通しに関する記述についての注意事項

本プレスリリースには、アメリカ合衆国連邦証券法の意味における「将来見通しに関する記述」、すなわち過去の出来事ではなく、将来に関する記述が含まれています。そうした記述の多くは、「見込む」、「かもしれない」、「考える」、「計画する」、「できる」、「推定する」、「意図する」、「期待する」、「はずである」、「あり得る」、「するつもりだ」、「可能性がある」、「目標」、「潜在的」、「予測される」などの言葉や類似の単語を含みます。将来見通しに関する記述は、程度の差こそあれ、不確実性のある事項を取り上げており、そうしたものには、デジタル技術の配備や期待されるメリットに関する予測と期待などが含まれます。これらの記述にはリスクと不確実性が伴い、そうしたものには、デジタル戦略・取り組み・パートナーシップから意図している利益を認識できないこと、そして米国証券取引委員会に提出・提供された当社の最新のフォーム10-K、10-Q、8-Kで詳述されているその他のリスクや不確実性がありますが、それらに限定されません。仮に、これらまたはその他のリスクまたは不確実性の1つないし複数が実現した場合(またはそのような展開の影響が変化した場合)、あるいは前提条件が不正確であると判明した場合、実際の結果が当社の将来見通しに関する記述に反映されているものとは大きく異なる場合があります。本プレスリリースの記述は、本リリース発表時点での内容であり、シュルンベルジェは新たな情報、将来の出来事、その他の理由にかかわらず、そのような記述を公式に更新または改訂する一切の意図および義務を否認します。

*シュルンベルジェのマーク

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Giles Powell – Director of Corporate Communication, Schlumberger Limited

Tel: +1 (713) 375-3494

communication@slb.com

Investors
Ndubuisi Maduemezia – Vice President of Investor Relations, Schlumberger Limited

Joy V. Domingo – Director of Investor Relations, Schlumberger Limited

Tel: +1 (713) 375-3535

investor-relations@slb.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。