in

📢| イートンが新しい完全バッテリー電気セミトラック向けにDC-DCコンバーターを供給

※この記事は日本語専用記事となります。

米ミシガン州サウスフィールド–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — パワー・マネジメント企業のイートンは本日、当社のeMobility事業部門が、商用の大型バッテリー電気自動車(BEV)のアンチロックブレーキやライトなどのアクセサリー用電源に使用する24V-12V降圧DC-DCコンバーターの納入契約を獲得したと発表しました。このBEVは北米と中国の市場で今年の後半から販売されます。


イートンのeMobility事業担当ゼネラルマネジャーのプラティック・トリヴェディは、次のように語っています。「DC-DCコンバーターは当社のeMobility製品ポートフォリオにとって不可欠の構成製品であり、多種多様な車載用途に使用されています。従来の車両と同様、電気自動車(EV)もボード型インフォテイメントシステム、GPS、安全装置など、低電圧の負荷を使用しています。そのため高電圧から低電圧への効率的変換が重要ですが、従来の12V負荷に配電するための二次コンバーターを持つことも重要です。私たちは、この革新的な新しい電気トラックプラットフォームに当社の実績ある電力変換技術を提供できることを大変うれしく思います。」

イートンの特殊コンバーターはバッテリーイコライザーとも呼ばれ、このBEVの600Vシステムを24Vに降圧する別のコンバーターと連動します。このeMobilityユニットはその24Vを低電圧システムで使用できるよう12Vに降圧し、またバックアップ用の12Vバッテリーに配電することで主電源の故障に備えます。このイコライザー機能、12Vのバッテリー、別体の24Vバッテリーシステムにより、電源が故障した場合に12Vでの最重要安全装置の動作が保証されます。当社のコンバーターはこの機能のおかげで、この分野で提供されている製品の中で独特のものとなっています。

イートンのDC-DCコンバーターにはノイズ低減・干渉除去機能も含まれているため、本ユニットと車載電子回路との間に干渉は起きません。

トリヴェディは、次のように語っています。「このコンバーターは堅牢で安定性があり、塩水や水分などの環境因子に対して密閉されており、振動への耐性に優れています。高性能バッテリー電気自動車に搭載される従来型車載部品への信頼に足る配電手段を必要とするメーカーにとって、これは理想的なソリューションです。」

イートンのeMobility事業は、イートンの電動事業グループと車両事業グループの製品、専門能力、世界的製造能力を組み合わせて形成されましたeMobility事業の製品ポートフォリオには、乗用車、商用車、オフハイウェイ車の顧客向けのインテリジェント・パワー・エレクトロニクス、高信頼性の配電・保護ソリューション、効率的な電力システム電化ソリューションなどがあります。イートンのeMobility事業の詳細については、Eaton.com/eMobilityをご覧ください。

イートンのミッションは、パワー・マネジメント技術とサービスを使用して生活の質と環境を改善することです。当社は、顧客による電気・油圧・機械式動力の効果的な管理を支援できる安全で効率的で信頼性のある持続可能なソリューションを提供しています。イートンの2020年の売上高は179億ドルで、175カ国を超えるお客さまに製品を販売しています。従業員数は約9万2000人です。詳細情報については、www.eaton.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Thomas Nellenbach

thomasjnellenbach@eaton.com
(216) 333-2876 (cell)


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。