in

📢| SentinelOne、ガートナーの「2021年エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティ」におけるタイプAのユースケース(「積極的」な組織)で最高得点を獲得

※この記事は日本語専用記事となります。

 SentinelOneはクリティカル・ケイパビリティの3つのユースケースすべてで最高得点を得た唯一のベンダー

米カリフォルニア州マウンテンビュー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– 自律サイバーセキュリティープラットフォーム企業のSentinelOneは本日、ガートナーが「2021年エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティ」報告書1で、当社をタイプAのユースケースで最高位に位置付けたと発表しました。

SentinelOneはベンダー19社の中で、3つの顧客タイプすべてで最高得点を獲得しました。ガートナーによれば、「タイプAの組織は、“積極的”な組織とも呼ばれ、新技術を導入サイクルの非常に早い段階で採用している企業」です。

SentinelOneの最高製品責任者のRaj Rajamaniは、次のように述べています。「私たちは、2021年エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティで、テクノロジーの早期導入企業の間で最高の製品スコアを獲得したことは、当社がエンドポイント分野を根本的に変革し、その幅を広げることに傾倒していることを証明していると確信しています。これらの組織は、自社がビジネス、テクノロジー、セキュリティーの領域におけるニーズに対応できる革新的ソリューションを重視する傾向があります。“積極的”な組織として最高得点を得たことは、サイバーセキュリティーの防御において、そのスピード、有効性、自動化を新たなレベルに引き上げることができる当社の能力を浮き彫りにしています。」

エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティは、2021年エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント2として実施した分析の一部であり、その調査期間中に収集したデータと同じものを使用しています。この報告書ともども、当社製品の使いやすさ、防御機能、マネージド・サービス、そしてEDR機能が、A、B、Cのすべてのユースケースにおいて、顧客ニーズを可能な限り高いレベルで満たしたものと考えています。

またSentinelOneは、ガートナーの2021年エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラントで、リーダーに位置付けられました。SentinelOneのSingularityプラットフォームは、エンドポイント、コンテナ、クラウドワークロード、IoTデバイスを対象に、防御、検知、対応の機能を単一の完全に自律的なプラットフォームで提供しており、特許取得済みの行動モデルと静的AIモデルを使用することで、パフォーマンスに目に見える影響を与えません。組織はSentinelOneにより、AI搭載ソリューションでサイバーセキュリティー機能を拡張できます。こうしたソリューションは、ネットワーク全体で発生しているすべてのことを機械レベルの速さで明瞭に把握でき、従来のアンチウイルスにうまく取って代わることができます。

  • ガートナーの「2021年エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティ」は、こちらのリンクから無料でダウンロードできます。
  • 5月19日(水)午前10時(太平洋夏時間)に実施するウェビナーへの登録は、こちらのリンクをご覧ください。
  • ガートナーの「2021年エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント」は、こちらのリンクから無料でダウンロードできます。

ガートナーは、当社のリサーチ発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナーのリサーチ発行物は、ガートナーのリサーチ組織の意見によって構成されており、事実の言明であると理解すべきではありません。ガートナーは、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、本リサーチに関する明示的あるいは黙示的なすべての保証を否認します。

ガートナー・ピア・インサイトのレビューは、個々のエンドユーザーの体験に基づいた主観的な意見をまとめたものであり、ガートナーまたはその関連会社の見解を示すものではありません。

ガートナー・ピア・インサイトのカスタマーズ・チョイスは文書化された手法に沿って個々のエンドユーザーがレビュー、ランク付け、データ化した主観的意見であり、ガートナーまたはその関連会社の見解ではなく、推奨でもありません。

SentinelOneについて

SentinelOneは、単一の自律的なXDRプラットフォームで、エンドポイント、コンテナ、クラウドワークロード、IoTデバイス全体を対象に、AIを活用した防御、検知、対応、ハンティングを網羅した唯一のサイバーセキュリティー・ソリューションを提供しています。SentinelOneにより、組織はネットワーク全体で発生しているすべてのことを機械レベルの速さで完全に把握できるため、脅威のライフサイクルのあらゆる段階で、すべての攻撃を撃退できます。詳しい情報については、www.sentinelone.comをご覧ください。当社を@SentinelOneリンクトインフェイスブックでフォローしてください。


1 ガートナー、「エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント」(Paul Webber、Peter Firstbrook、Rob Smith、Mark Harris、Prateek Bhajanka)、2021年5月5日

2ガートナー、「エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティ」(Mark Harris、Peter Firstbrook、Rob Smith、Paul Webber Prateek Bhajanka)、2021年5月6日

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Brian Merrill

fama PR for SentinelOne

P: 617-986-5005

E: S1@famapr.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。