in

📢| アイデミアがストールストックホルムス・ロカールトラフィーク(SL)と契約し、世界初の公共交通機関EMVホワイトレーベルカードを投入

※この記事は日本語専用記事となります。

スカンジナビアの有力な公共交通機関であるSLは、EMVホワイトレーベル規格に基づく初の公共交通カードを提供すべく、アイデミアと独占契約を締結


仏クールブボワ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 次世代決済カードの世界的開発は現在、EMV相互運用性およびセキュリティーコンプライアンスの導入と、非接触型決済の大規模採用という2つの重要な要因によって推進されています。組み込みセキュリティーの分野における比類なき専門力のおかげで、アイデミアはSLのセキュリティー基準を定め、世界初の公共交通機関EMVホワイトレーベルカードを開発することができました。

共同開発されたこのハイテクシステムは、ホワイト・レーベル・アライアンスが推進するオープンな非接触型決済規格のEMVホワイトレーベルが基盤となっています。この規格はすぐに導入できる非接触型決済ソリューションを実現します。EMV規格に基づいて構築されており、非接触型への移行と大半のシステムプロバイダー間の相互運用性が促進されます。

アイデミアのソリューションにはセキュリティーと利便性の両方が取り入れられており、通勤・通学者は向上した移動体験の恩恵を受けて、アイデミアが提供する新しいSLカードのみで改札をすばやく通ることができます。このカードはSLの既存のインフラを活用して、EMVオープンループ型決済に対応します。この初めての新しいEMVホワイトレーベルカードは今年の夏過ぎに本格展開されます。

アイデミアの金融機関担当エグゼクティブバイスプレジデントであるアマンダ・グルボーは、次のように述べています。「私たちは、スウェーデンの公共交通機関にとって初めてのEMVホワイトレーベルカードを提供する企業となることを非常に誇りに思っています。当社の新しいカードにより、すべての人々、通勤・通学者、交通機関の生活や業務が以前にも増して簡便なものになると確信しています。」

アイデミアについて

拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、つながり、旅行など)を物理的な世界でもデジタル空間でも行えるよう、信頼のおける環境を提供しています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認(個人情報保護と信頼を確保してセキュアで真性で検証可能なトランザクションを保証する本人確認)を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、セキュリティーが重要となる場合は時間と場所に関係なく、私たちの最大の資産の1つである本人確認情報を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は、金融、通信、本人確認、公共セキュリティー、IoT分野の国際的顧客に対して拡張本人確認を提供しています。世界で1万5000人近い従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧になり、ツイッターで当社(@IDEMIAGroup )をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Press Contact
IDEMIA

Hanna Sebbah

idemia@havas.com
+33 (0) 6 63 73 30 30

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。