in

📢| プロトン、油田から水素を生産し、規模の拡大を図る

※この記事は日本語専用記事となります。

加アルバータ州カルガリー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 先週末、プロトン・テクノロジーズは、油田からの圧縮水素のトレーラーへの積み込みを開始しました。


グラント・ストレム会長兼最高経営責任者(CEO)は、「規模の拡大を続ければ、水素1kgあたり25セント未満のコストも可能になるでしょう」と述べています。

このプロセスでは、当社が破綻により買収した油田のような古い油田に酸素と二酸化炭素を注入します。通常、大型の古い油田には、廃坑になっても石油の大半が残っています。自動車のエンジンと同じように、炭化水素を酸化させるとエネルギーが発生します。

これにより、油田内で水素が遊離します。イオンを多く含む廃棄物を注入すると、二酸化炭素が炭酸塩に変化してさらに水素が発生すると同時に、炭素は地中にしっかりと閉じ込められます。「当社の水素の炭素強度は最終的にはゼロをはるかに下回るはずです。大量の二酸化炭素を酸素と共に注入できるからです」と、ストレムは述べています。

「古い大型油田の近くには通常、坑井、送電線、道路、町、パイプラインなどの大型インフラがあります。そのため、他の多くの手法と比べて、当社の手法では新たな環境外乱やコストを回避することができます」と、セタイェシュ・アフショルディ最高執行責任者(COO)は述べています。

プロトン・カナダの目標は、2040年までに人類が使用する総エネルギーの10%を供給することです。これには、50年の生産スケジュールを想定して、カナダの石油資源のほぼ10%が必要になります。ただし、一部は北海から産出される見込みです。プロトン・テクノロジーズは、20カ国以上でライセンスを販売しました。

ストレムは、さらに次のように述べています。「当社はできる限り早急に規模を拡大して増産する予定です。大気汚染は、プロトン・テクノロジーズがエネルギー価格を押し下げて大きな利益を生み出しつつ根絶したいと願っている危機です。大気汚染が蔓延している間は、例えばガンを治すことはできないと思っています。脱炭素化に伴うアメとムチはすべてプロトンでも同じですが、現在のエネルギー生産のための油田の利用と比べて、自然の力で圧力容器に入れられた炭化水素を酸化させることは、はるかに効率的です。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Ted Flitton

ted@proton.energy
www.proton.energy

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。