in

📢| フェラーリが道路とサーキットでのイノベーションの推進に向け、AWSを公式クラウド・プロバイダーに選定

※この記事は日本語専用記事となります。

贅沢で高性能なスポーツカーを製造する世界的大手メーカーのフェラーリは、ロードカー部門、GTコンペティション、フェラーリ・チャレンジ、フォーミュラ1チームのスクーデリア・フェラーリで、AWSの機械学習、分析、計算能力を活用し、イノベーションを加速します

スクーデリア・フェラーリとの協力の一環として、今週末のフランス・グランプリ以降、AWSのロゴがチームの車両やドライバーのウェアに登場します

スクーデリア・フェラーリのファンのために、両社はAWSを活用した新たなデジタル・エンゲージメント・プラットフォームを開発し、サーキットから没入感のあるパーソナライズされたコンテンツを提供します

シアトル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 本日、アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)傘下のアマゾン ウェブ サービス(AWS)は、クラウド、機械学習、人工知能の公式プロバイダーとなる契約をフェラーリと結んだと発表しました。両社が協力することで、ロードカー部門、GTコンペティション、フェラーリ・チャレンジ、スクーデリア・フェラーリ・フォーミュラ1(F1)チームを含むフェラーリの組織全体でイノベーションを加速します。フェラーリは、AWS欧州(ミラノ)リージョンを含むAWSの幅広く深いサービスと実績のある世界的なインフラストラクチャーを利用して、自動車の設計とテストを効率化し、顧客に最もエキサイティングなドライビング体験を提供します。さらに、スクーデリア・フェラーリはAWSを活用し、モバイル・アプリを介したデジタル・ファン・エンゲージメント・プラットフォームを立ち上げ、パーソナライズされた専用コンテンツで、世界の何億人ものファンを巻き込んでいきます。


スクーデリア・フェラーリ社長のマッティア・ビノット氏は、次のように述べています。「フェラーリとAWSは、それぞれの分野で卓越した存在です。公式クラウド・プロバイダーであるAWSによって、当社はデータ駆動型の組織となり、技術の力を利用して製品を改善し、世界中のフェラーリ愛好家との関わりを深め、よりエキサイティングなドライビング体験を継続的に提供することができると確信しています。AWSを選んだ理由は、イノベーションへの絶え間ない注力、比類のない能力のポートフォリオ、自動車業界やスポーツ業界でパートナーを支えてきた実績です。フェラーリは名高い歴史を通して、レースとイノベーションを核としてきました。今回、AWSの機械学習、高度な分析、ハイパフォーマンス・コンピューティングを全社的に適用することで、洞察力を深め、これまで以上にパワフルな自動車を提供することを楽しみにしています。」

世界で最も高性能な自動車を製造するメーカーとして、フェラーリはAWSの高度な分析、機械学習、計算、保管、データベースの能力を利用して、自動車の設計や道路上やサーキット上での性能に関する洞察に迅速に到達できるようになります。フェラーリは、効率的なハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)用の多様な専用インスタンス・タイプを備えたAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)を活用し、さまざまな運転条件やレース状況で自動車の性能をテストする複雑なシミュレーションを実行します。この作業の一環として、フェラーリはAWSのGraviton2ベースのインスタンスを使用します。Graviton2は、現世代のx86ベースのインスタンスと比較して、常に最大40%優れた価格性能を実現しています。さらに、AWSのHPCリソースの事実上無制限の規模を活用することで、フェラーリは数千個のシミュレーションを同時に実行し、オンプレミス環境でシミュレーションを行うよりもはるかに速く洞察を得ることができます。その結果、同社のエンジニアは新たな設計や戦略を実験するためにアジャイルなアプローチを追求することができ、イノベーションのペースを加速することができます。

フェラーリは、新たな道路車両のプロトタイプのシミュレーションから組み立てに移る際に、AWSの分析とAmazon SageMaker(開発者やデータ・サイエンティストがクラウドやエッジで機械学習モデルを迅速に構築、トレーニング、展開できるようにするAWSのサービス)を活用することで、テストに情報を提供し、実世界の状況下で部品や自動車がどのように動作するかについての洞察を深めることができます。この作業とシミュレーションを支えるために、フェラーリはAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)でデータ・レイクを構築し、AWS Lake Formationを使って数百ペタバイトのデータを迅速かつ安全に収集、分類、整理します。フェラーリは、自動車の性能やドライバーの操作性に影響を与える要因として、異なる車速でのエンジン温度や異なる路面での車両の振動パターン、サスペンション負荷の車両の路面グリップへの影響などを検証します。AWSのサービスを通して自動車の性能を総合的に把握することで、フェラーリは顧客に一層スリリングな、しかし同時に安全性と信頼性の高いドライビング体験を届けることができます。

フェラーリは、AWSを活用することで、既存顧客や見込み顧客が自身の自動車を組み立て、購入し、維持することも容易にします。Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)とAmazon DynamoDB(AWSの完全マネージドのキー・バリュー型データベース)を利用することで、フェラーリは、フェラーリ・カー・コンフィギュレーターのような改善されたデジタル体験を迅速に作成、展開、拡張することが可能になります。顧客はコンフィギュレーターを使って自動車を特注し、高解像度の2Dおよび3D可視化による没入体験を得ることができます。AWSは、顧客の車両情報を一元化して管理するフェラーリの車両情報ハブにも利用され、サービスやメンテナンスに関連した予見的で個別化された情報を提供します。

さらに、F1レース・ファンのために、スクーデリア・フェラーリは、AWSの計算、コンテナ、メディア・サービスを利用して、ファンに情報や教育、娯楽を提供するモバイル・アプリを介した新たなデジタル・ファン・エンゲージメント・プラットフォームを実現します。カスタマイズされたプロフィールを作成すると、レース開催日にスクーデリア・フェラーリのガレージや接待用特別室に仮想アクセスできるなど、ファン限定のコンテンツを受け取ることができます。フェラーリは今後、ファンがガレージに入ってドライバーやチーム関係者と交流できる仮想現実や拡張現実の体験を、AWS上に構築していく計画です。フェラーリはまた、数百万人のアプリ・ユーザーの仮想ファン・コミュニティーを構築し、レース開催日にはアプリ上のクイズでファンの参加を促します。

アマゾン ウェブ サービスの販売&マーケティング担当上級副社長のマット・ガーマンは、次のように述べています。「AWSは、フェラーリのような象徴的で世界的なブランドが、イノベーションを通して各分野のリーダーであり続け、忠実な顧客やファンとのつながりを深めるために必要な幅広いサービスや洞察力、俊敏性を提供します。フェラーリはAWSを利用することで、ドライビングとレーシングを次の段階に引き上げることができるほか、カスタマイズと新たなデジタル体験によって、世界規模のコミュニティーに新鮮な興奮を生み出すことができます。さらに、AWSは公式クラウド・プロバイダーとして、スクーデリア・フェラーリが世界最高のレーシング・チームとしての記録を維持する手助けができることを楽しみにしています。」

AWSのスクーデリア・フェラーリとの協力に関する詳細情報については、www.aws.amazon.com/sportsをご覧ください。

アマゾン ウェブ サービスについて

アマゾン ウェブ サービスは15年以上にわたり、世界で最も包括的で広く導入されているクラウド・プラットフォームとなってきました。AWSは、事実上すべてのクラウド・ワークロードをサポートするためにサービスを継続的に拡大しており、現在、演算、保存、データベース、ネットワーキング、アナリティクス、機械学習、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティー、ハイブリッド、仮想現実と拡張現実(VR、AR)、メディア、アプリケーション開発、導入、管理のための200個を超えるフル機能のサービスを25個の地域にある81個のアベイラビリティーゾーンから提供しています。また、オーストラリア、インド、インドネシア、イスラエル、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦でさらに21個のアベイラビリティーゾーンと7個のAWSリージョンの計画が発表されています。最も急成長している新興企業、大企業、主要政府機関を含む数百万のお客さまが、AWSを信頼してインフラストラクチャーを強化し、即応性を高め、コストを引き下げています。AWSの詳細については、aws.amazon.comをご覧ください。

アマゾンについて

アマゾンは、4つの指針として、競争よりも顧客に目を向けること、発明に情熱を傾けること、優れたオペレーションに注力すること、長期的に思考することを拠り所としています。利用者レビュー、ワンクリック・ショッピング、個人に合わせたお勧め、プライム、アマゾン・フルフィルメント、AWS、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaは、アマゾンが先駆的に開始した商品・サービスの例です。詳細情報については、amazon.com/aboutをご覧いただき、@AmazonNewsをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Amazon.com, Inc.

Media Hotline

Amazon-pr@amazon.com
www.amazon.com/pr


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。