in

📢| 新しいLattice CertusPro-NX汎用FPGAは先進のシステム帯域幅とメモリー機能をエッジアプリケーションにもたらす

※この記事は日本語専用記事となります。

最高の論理密度を持つラティスのNexusベース製品ファミリーは、クラス最高の電力効率、性能、小型フォームファクターを備える

米オレゴン州ヒルズボロ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 低消費電力プログラマブルデバイスのリーダー企業のラティスセミコンダクターコーポレーション(NASDAQ:LSCC)は本日、Lattice CertusPro™-NX(ラティス・サータスプロNX)汎用FPGAファミリーを発表しました。Lattice Nexus™(ラティス・ネクサス)プラットフォームを基盤とするデバイスファミリーとしてわずか18カ月内で4番目に投入するCertusPro-NXは、FPGAの革新に取り組むラティスの傾倒ぶりをまたしても示しており、業界有数の電力効率、同様のデバイスと比較して最小のフォームファクターで最高の帯域幅を実現するとともに、LPDDR4外部メモリーをサポートする製品としてこのクラスで唯一のFPGAとなっています。CertusPro-NX FPGAは、高度な性能とNexusベースのデバイスとして現時点で最高の論理密度を備えており、通信、コンピューティング、産業、自動車、消費者の市場で使用されるアプリケーションの開発を促進するように設計されています。


ザ・リンレイ・グループの主席アナリストであるリンレイ・グウェンナップ氏は、次のように述べています。「多くのエッジデバイスでは、熱管理を改善するための低消費電力、高速なチップ間通信のための高いシステム帯域幅、コンパクトなデバイス設計のための小型フォームファクターのコンポーネント、データ処理を支えるための十分なメモリーリソース、基幹業務用アプリケーションのための高い信頼性が必要です。ラティスのCertusPro-NX FPGAはこれらの要素すべてを満たしており、特に平均故障間隔(MTBF)で競合製品をはるかに凌駕し、このクラスで最も低い消費電力を実現しています。」

ラティスセミコンダクターの製品マーケティング担当シニアディレクターを務めるゴードン・ハンズは、次のように述べています。「ラティスでは、お客さまのニーズに基づいて製品を革新し設計するための方法を常に追求していますが、ラティスのCertusPro-NX FPGAは私たちがどのようにこの約束を実現しているかを示す最新の例となります。当社がCertusPro-NXの設計に取り入れた性能と差別化機能は、低消費電力のFPGAではこれまで利用できなかった機能を提供し、OEMが顧客に提供することを切望している次世代のエッジアプリケーションを支えるものです。」

CertusPro-NX FPGAは、インテリジェントシステムにおけるデータコプロセッシング、5G通信インフラにおける広帯域幅のシグナルブリッジング、ADASシステムにおけるセンサーインターフェースのブリッジングなど、幅広いアプリケーションでお客さまが革新を実現できるように設計されています。Lattice CertusPro-NX FPGAファミリーの重要な特徴は下記の通りです。

  • クラスをリードする電力効率 – ラティスのFPGAファブリックアーキテクチャーと低電力FD-SOI製造プロセスにおける革新成果を活用することで、CertusPro-NXデバイスは同様のクラスの競合FPGAと比較して最大4分の1の消費電力で抜群の性能を発揮する。
  • クラス最高のシステム帯域幅 – 最大10.3Gbpsの速度が可能なプログラマブルSERDESレーン8本をサポートするCertusPro-NX FPGAは、このクラスで最高のシステム帯域幅を実現し、10ギガビットイーサネット、PCI Express、SLVS-EC、CoaXPress(コアックスプレス)、DisplayPort(ディスプレイポート)のような一般的な通信/ディスプレーインターフェースを支える。
  • 最適化されたエッジ処理 – CertusPro-NX FPGAは、エッジAI/MLアプリケーションにおけるロバストなデータコプロセッシングの需要に応えるために、他の同様のFPGAと比べて利用可能なオンチップメモリーが最大65%多い。CertusPro-NXデバイスは、長期の可用性が予測されることから好まれているLPDDR4 DRAMメモリー規格を現時点でサポートしている唯一の低消費電力FPGA。
  • 高い論理密度 – 最大100kのロジックセルをサポートするCertusPro-NX FPGAは現在、NexusベースのFPGAの中で最も高い論理密度を実現。
  • 業界有数の信頼性 – 自動車・産業・通信の分野における基幹業務用アプリケーションは、予測可能なパフォーマンスを実現し、ユーザーの安全を維持するために高可用性を提供する必要がある。Lattice Nexusプラットフォームの革新のおかげで、CertusPro-NXデバイスはソフトエラーに対して最大100倍の耐性がある。
  • クラス最小のフォームファクター – 設計フットプリントが81 mm2のCertusPro-NX FPGAは、競合デバイスと比べて最大6.5分の1と小さい。産業用カメラや通信システムに使用されるSFPモジュールの開発者にとって、小型フォームファクターは設計上の重要な考慮事項。

CertusPro-NXは、本日発表したLattice Radiant®設計ソフトウエアの最新バージョンに適合します。ラティスは既にCertusPro-NXのサンプルを一部のお客さまに出荷しています。上記の技術の詳細情報については、下記をご覧ください。

ラティスセミコンダクターについて

ラティスセミコンダクター(NASDAQ:LSCC)は低消費電力のプログラマブルデバイスのリーダー企業です。当社は、拡大する通信、コンピューティング、産業、自動車、消費者市場において、エッジからクラウドを含むネットワーク全体で、お客さまの問題を解決しています。当社の技術、長期にわたる協力関係、世界レベルのサポートに対する取り組みにより、お客さまは素早く容易に自社の革新の力を解き放ち、スマートかつセキュアで接続された世界を生み出すことができます。

ラティスの詳細については、www.latticesemi.comをご覧ください。当社をリンクトインツイッターフェイスブックユーチューブWeChat(微信)Weibo(微博)Youku(優酷網)でフォローしてください。

Lattice Semiconductor Corporation、Lattice Semiconductor (及びデザイン)、各製品名は、米国及びその他の国におけるLattice Semiconductor Corporationまたはその関連会社の登録商標または商標です。「パートナー」という言葉の使用は、ラティスと他法人との法的な提携関係を暗示するものではありません。

一般的注意事項:本リリース内で使用されているその他の製品名は提示のみを目的としており、各社の商標となっているものがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

MEDIA CONTACT:
Sophia Hong

Lattice Semiconductor

503-268-8786

Sophia.Hong@latticesemi.com

INVESTOR CONTACT:

Rick Muscha

Lattice Semiconductor

408-826-6000

Rick.Muscha@latticesemi.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。