in

📢| HKTDCの2つの宝飾品イベントが香港で開幕

※この記事は日本語専用記事となります。

パンデミック後初の見本市が初めて一般公開

香港–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — HKTDC香港国際珠宝展HKTDC香港国際ダイヤモンド・宝石・真珠展が、7月25日に香港会議展覧中心(HKCEC)で開幕し、7月29日まで開催されます。この2つの見本市は、パンデミックが始まって以来、香港貿易発展局(HKTDC)が初めて開催する2つの会場開催の見本市で、会場とオンラインの両方で展示を行うハイブリッド方式で初めて開催されます。オンラインの見本市は8月5日まで開催され、パンデミックが続く中で世界の宝飾関係者がビジネス機会を獲得できるよう支援します。


会場での見本市には出展企業約440社が参加し、ジュエリーファンの一般来場者にも初めて公開されます。出展企業は、ドイツ、香港、インド、イタリア、スイス、米国から集まります。海外からの出展企業の一部は、オンライン展示会にも参加します。地元の取引目的の買い手企業だけでなく、HKTDCは50カ所の海外支局を動員し、海外の買い手企業に見本市への参加とビデオ会議での商談を呼びかけてきました。

HKTDC上席副総裁のベンジャミン・チャウは次のように述べています。「HKTDCの2つの宝飾品見本市は、最新・最高級の宝飾品や原材料を展示するワンストップのマーケティング・調達プラットフォームを提供し、香港がこの重要部門の取引と調達の中心地としての地位を維持するのを支えます。私たちは、宝飾品の輸出・小売市場の回復傾向を目にしてうれしく思い、これらの見本市で現在の課題に対処する業界関係者を支援できればと願っています。」

宝飾品業界関係者の視野拡大を支えるべく、2つの展示会の会期中に数多くのセミナーが開催されます。講演者には、デビアス、周大福、香港宝石学会などの代表者が含まれます。特にジュエリーファンの来場者を対象とした専門家による講演も行われます。講演者には、宝飾品カレッジL’ECOLEの代表者(ルビーのアートと科学について語る)、香港鑽石総会と玉石廠商会の代表者(レアカラー・ダイヤモンドの評価方法について解説)、米国宝石学会(GIA)の代表者(真珠の評価方法を紹介)が含まれます。

ウェブサイト

香港国際珠宝展:hkjewelleryshow.hktdc.com

香港国際ダイヤモンド・宝石・真珠展:hkdgp.hktdc.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Enquiries

Please contact the HKTDC’s Exhibitions Department:

Sum Luk                                

Tel: (852) 2240 4048                         

Email: cs.luk@hktdc.org

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。