in

📢| ホワイト・オーク、大型買収でフィナシティーを取得

※この記事は日本語専用記事となります。

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–ホワイト・オーク・グローバル・アドバイザーズ(ホワイト・オーク)は、世界的企業向け運転資金・貿易金融資金ソリューションの世界的リーダーであるフィナシティー・コーポレーション(フィナシティー)の買収を完了しました。

フィナシティーは、50社以上の大手金融機関と協力して、年間1000億米ドル以上の貿易金融売掛債権を資産担保証券として組成、ストラクチャリング、販売しています。フィナシティーは、175カ国以上の債務者と共に58種類の通貨による売掛債権取引を促進しており、世界最大のノンバンク貿易金融プラットフォームとなっています。

この買収を経て、エイドリアン・カッツは引き続きフィナシティーの最高経営責任者(CEO)および大口株主として、ホワイト・オーク・グローバル・アドバイザーズの経営陣と緊密に協力していきます。今回の買収により、ホワイト・オークとその関連会社は、貿易売掛債権の証券化による資産担保融資に注力する215人以上の専門家と、インボイス割引、ファクタリング、貿易金融、サプライチェーン金融、レンダーファイナンス、輸出入金融などのさまざまなABL商品を有することになります。

この買収により、30兆ドル規模の資産担保型運転資金ソリューション市場へのホワイト・オークの参入が加速します。フィナシティーは独立事業として運営されますが、ホワイト・オークによるフィナシティーのプラットフォームに対する機関投資家の資金の投入など、相乗効果を生むいくつかの分野でホワイト・オークと緊密に協力していきます。

ホワイト・オークはSEC登録投資顧問会社であり、バランスシートに100億ドル以上の資産を有しています。中小企業向け融資、商業金融、機器リース、ストラクチャード・ファイナンス、その他の特殊融資ソリューションを含む20種以上の融資商品を借り手のメリットのために提供しています。

フィナシティーは、コネティカット州スタンフォードに本社を置き、ホワイト・オーク・フィナシティーとしてリブランドされます。ホワイト・オークのフィナシティー買収への関心は長年にわたるもので、2018年にこの企業が最初に売却される前から関心が寄せられていました。

ホワイト・オーク・グローバル・アドバイザーズのアンドレ・ハッカク最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。

「私たちは、フィナシティーをホワイト・オーク・ファミリーに迎えられてうれしく思います。フィナシティーは市場リーダーであり、その業務とホワイト・オークで既に行っている業務との間には大きな相乗効果があります。」

「今回の買収は、世界経済の機能に不可欠な資産担保型資本ソリューションの世界的リーダーになるというホワイト・オークの取り組みをさらに示すものです。特に、売掛債権や消費者資産の証券化を、より単純によりコスト効率良く行うことに関するフィナシティーの経験は、お客さまに大きなメリットをもたらすでしょう。」

「この新たな連携をスタートさせる中で、カッツやフィナシティーのチームと緊密に協力していきたいと思います。」

フィナシティー・コーポレーション最高経営責任者(CEO)のエイドリアン・カッツは、次のように述べています。

「フィナシティーの全員が、ホワイト・オークの一員として歴史の新たな章をスタートさせることをうれしく思っています。ホワイト・オークの経営陣とは長い付き合いであり、今回の展開はフィナシティーが成功するために全く正しいものと確信しています。」

「特に、ホワイト・オークとの協力により、両社の市場に関する専門知識と世界的規模の組み合わせを通じて誕生する新たな機会に期待しています。」

ホワイト・オークについて

ホワイト・オーク・グローバル・アドバイザーズは、中小企業の成長、借り換え、資本再構成を促進する融資ソリューションの組成と提供を専門とする大手の世界的オルタナティブ資産運用会社です。2007年の創設以来、ホワイト・オーク・グローバル・アドバイザーズの規律ある投資プロセスでは、リスク調整済みの投資利益を生み出し、借り手と長期的なパートナーシップを構築することに重点を置いています。詳細情報については、www.whiteoaksf.comをご覧ください。

フィナシティーについて

フィナシティーは、効率的な資本市場売掛債権による資金調達プログラム、サプライヤー・買掛債務金融、バックアップ・サービシング、プログラム管理のストラクチャリングと提供を専門としています。フィナシティーは現在、年間約1000億米ドル規模の売掛債権による資金調達と管理を促進しています。米国、欧州、中南米、アジアに拠点を有するフィナシティーは、175カ国以上の債務者と共に世界中で事業を行っています。詳細については、www.finacity.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Spencer Tait

Prosek Partners (on behalf of White Oak Global Advisors)

pro-whiteoak@prosek.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。