in

📢| バーティ・アハーン元アイルランド首相が、世界カーボン・ニュートラリティ・フォーラムを発表

※この記事は日本語専用記事となります。

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 「世界カーボン・ニュートラリティ・フォーラム」(WCNF)が本日、元欧州理事会議長(2004年)で元アイルランド首相のバーティ・アハーン氏によって発表されました。アハーン氏は現在、Interaction Council of Former Heads of State and Governmentと、エコ・グローバル・フォーラムの共同議長を務めています。

9月22日という日は、習国家主席による炭素に関する二重の決意表明の1周年と、未来を共有するコミュニティーに向けたその努力を記念して選ばれました。このフォーラムは、中国、米国、欧州、世界のその他の国・地域の間の気候に関する協力を促進するために設立されました。

活動の最初の年は、世界カーボン・ニュートラリティ・フォーラムはバーチャルで開催され、世界カーボン・ニュートラリティ・メディア・ネットワークと呼ばれる専用の映像プラットフォームによって発信されます。フォーラムはダボス・モデルに基づく予定であり、脱炭素化に関するリーダーシップにより、思想を世界的に刺激することを目指します。四半期ごとに会合を持ち、先進国と開発途上国の現職および過去の国家元首や首相を招いて、世界的な脱炭素目標について議論する多元的な組織です。

世界カーボン・ニュートラリティ・フォーラムは、パリ気候協定で提案されているコンセンサス・モデルに基づく予定であり、政府の指導者やグローバル企業、機関、科学者が集結して、気候変動、カーボン・ニュートラル、新しいエネルギー技術といった関連するテーマの知識を促進し、それについて議論します。

当フォーラムは、世界的なカーボン・ニュートラル革命を強化し、グリーン意識の国全体での目覚めを促進することに力を注ぎます。2022年1月に開催される最初のフォーラムに着手するために、世界をリードする学術、ビジネス、非政府組織および機関のいくつかとの協力が開始されました。

「世界カーボン・ニュートラリティ・メディア・ネットワーク」(WCNMN)は、2022年に放送を開始することが発表されました。これは、TEDに似たグローバル・メディアおよびクラウド・ビデオ会議プラットフォームで、国の脱炭素目標に焦点を当て、欧州、中国、米国および世界のその他の国・地域の間の気候に関する協力を促進します。影響力のあるソートリーダーを結集するための専用のプラットフォームを提供することを目的としています。

有名なメディア所有者でジャーナリストのヤン・ラン氏がチーフ・ホストを務め、WCNMNセッションと討論の司会を担当します。今後生じるかもしれない気候行動と気候変動に関する時事的な問題に対応するために、他のセッションが開催される可能性があります。

本日の発表について、アハーン氏は次のように述べています。

「気候変動は疑いなく、世界のリーダーに経済的、政治的、社会的な挑戦を投げかける中心的な問題です。通常なら数十年にわたって段階的に行われる規模の変化が、1つの世代に求められています。この変化を実現する政治には、政治的な勇気とスキルが必要となります。」

「キャリアを通して、私は常にパートナーシップとコンセンサスの精神を育むように努めてきました。協働、協力、提携が大きな変化の鍵となると信じているため、私は世界カーボン・ニュートラリティ・フォーラムの議長を務めることを非常にうれしく思います。気候行動に関しては、国境のない対話が必要です。」

「世界カーボン・ニュートラリティ・メディア・ネットワークは、私たちが世界的な脱炭素目標を共同で実現するために、業界リーダーと政府がお互いに耳を傾け、お互いに実際的な解決策を見つける機会をもたらします。」

欧州グリーン・ディールの一環として、欧州委員会は2020年9月に、排出量と除去量を含めた2030年の温室効果ガス排出削減目標を1990年比で少なくとも55%に引き上げることを提案しました。欧州委員会は、エネルギー効率の向上や再生可能エネルギーの拡大を含むすべてのセクターで必要とされる行動を検討し、高まった野心を実行に移して達成するための詳細な法案を2021年7月までに策定するプロセスを開始しました。これにより、EUは気候中立経済に移行し、パリ協定に基づく約束を実行できるようになります。」

「さらに、2030年までに炭素ピークを打ち、2060年までにカーボン・ニュートラルを達成するという明確な目標が、昨年のこの日に習近平中国国家主席によって宣言されました。中国による最近の発表と、米国によるパリ協定への新たな献身は、政策と政治的な勢いが、カーボン・ニュートラルに関して同じ方向に進んでいることを示しています。」

「この活動はパラダイムシフトを意味しており、ネットゼロ・カーボン目標の価値を明確にするリーダーシップの声が現れる機会があると私は信じています。世界カーボン・ニュートラリティ・フォーラムは、同じ考え方を持つ政治およびビジネスのリーダーのネットワークを通じて私たちの共同の声を見つけることに努めるとともに、意欲を高め、経験を共有するための協働フォーラムを提供します。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For more information:
James Taylor, Roaring Mouse Public Relations

james.taylor@roaringmousepr.com
+44 (0)1246 938833


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。