in

📢| イルミネーションと任天堂、アニメーション映画『スーパーマリオブラザーズ』の劇場公開日と声優陣を発表

※この記事は日本語専用記事となります。

米カリフォルニア州サンタモニカ & 京都–(BUSINESS WIRE)–イルミネーション(本社:米カリフォルニア州サンタモニカ、創立者・CEO:クリス・メレダンドリ)と任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:古川俊太郎、以下「任天堂」)は、「スーパーマリオブラザーズ」の世界をベースにした新作アニメーション映画を2022年のホリデーシーズンに全世界で公開すると発表しました。本作品はユニバーサル・ピクチャーズによって2022年12月21日に北米でリリースされ、その他の国・地域での公開スケジュールは今後発表されます。本作は、ユニバーサル・ピクチャーズと任天堂が共同で出資します。

また、マリオ(クリス・プラット)、ピーチ姫(アニャ・テイラージョイ)、ルイージ(チャーリー・デイ)、クッパ(ジャック・ブラック)、キノピオ(キーガンマイケル・キー)、ドンキーコング(セス・ローゲン)、クランキーコング(フレッド・アーミセン)、カメック(ケビン・マイケル・リチャードソン)、スパイク(セバスチャン・マニスカルコ)などの声優陣も発表されました。ユニークな各キャラクターの個性を表現することができる、才能ある声優陣が選ばれています。

この新しいアニメーション映画は、イルミネーションのクリス・メレダンドリと任天堂の宮本茂がプロデュースし、監督はこれまでアニメシリーズ「ティーン・タイタンズGO!」や映画「ティーン・タイタンズGO! トゥ・ザ・ムービー」を共同で手掛けたアーロン・ホーバスとマイケル・ジェレニックが務めます。また、本作の脚本を担当するのは、「レゴ ムービー2」や近日公開予定のイルミネーション作品「ミニオンズ フィーバー」などを手がけたマシュー・フォーゲルです。

イルミネーションの創立者・CEOで任天堂の社外取締役のクリス・メレダンドリは、次のように述べています。「マリオとルイージはポピュラー・カルチャーの中で最も愛されているヒーローです。宮本茂氏や想像力豊かな任天堂のチームと密接に協力し、イルミネーションがこれまで制作してきた映画とは全く異なるアニメーション映画でキャラクターたちに命を吹き込むというユニークな機会を得られたことをとても光栄に思います。」

任天堂代表取締役フェローの宮本茂は、次のように話しています。「クリスとその経験豊かなチームと協力して、単なるキャラクター・ライセンス映画を作るのではなく、『スーパーマリオブラザーズ』に命を吹き込み、ゲームを知っている人も知らない人も楽しめるような新しいエンターテインメント作品を作っています。これまでの制作過程は建設的で非常に順調に進んでおり、互いに多くのことを学んでいます。ファンの皆様には、プレミア上映まであと少しだけお待ちいただき、『スーパーマリオブラザーズ』のユニークなキャラクターたちを大画面で見られることを楽しみにしていただきたいと思います。」

  • 声優

マリオ – クリス・プラット

ピーチ姫 – アニャ・テイラージョイ

ルイージ – チャーリー・デイ

クッパ – ジャック・ブラック

キノピオ – キーガンマイケル・キー

ドンキーコング – セス・ローゲン

クランキーコング – フレッド・アーミセン

カメック – ケビン・マイケル・リチャードソン

スパイク – セバスチャン・マニスカルコ

??? – チャールズ・マーティネー

  • アニメ映画「スーパーマリオブラザーズ」について

イルミネーションのクリス・メレダンドリと任天堂の宮本茂が製作を担当するアニメーション映画「スーパーマリオブラザーズ」は、2022年のホリデーシーズンに公開される予定です。北米では2022年12月21日に公開されます。その他の国・地域での公開スケジュールは今後発表されます。本作は、ユニバーサル・ピクチャーズと任天堂が共同で出資し、ユニバーサル・ピクチャーズが全世界で公開します。

  • イルミネーションについて

イルミネーションは、2007年にアカデミー賞にノミネートされたクリス・メレダンドリが設立したエンターテインメント業界を代表するイベントアニメーション映画制作会社です。同社のフランチャイズ作品には、過去のアニメーション映画トップ4作品のうち2作品が含まれ、記憶に残る個性的なキャラクター、グローバルな魅力、文化的な関連性を備えた象徴的で愛され続けているブランドは、全世界で62億5000万ドル以上の売り上げを記録しています。イルミネーションは、Fast Company誌において世界で最も革新的な企業の1つに選出されました。

  • 任天堂について

任天堂株式会社(本社:京都市)は、ハードウェアとソフトウェアを統合した製品を通じて、マリオ、ドンキーコング、ゼルダの伝説、メトロイド、ポケモン、どうぶつの森、ピクミン、スプラトゥーンなど、世界的な知名度を誇るフランチャイズ作品を生み出してきました。任天堂は、ユニークで直感的なエンターテインメント体験をすべての人に提供することを目指し、Nintendo Switch™ファミリーなどのゲーム機の製造・販売、スマートデバイス向けアプリケーションの開発・運用、映像コンテンツやテーマパークなどその他のエンターテインメントに関するさまざまな取り組みをパートナーと協力して行っています。任天堂は、全世界で51億本以上のビデオゲームと8億台以上のハードウェアを販売してきました。30年以上前にファミリーコンピュータ(Nintendo Entertainment System™)を発売して以来、今も未来も、世界中の人々を笑顔にするユニークなエンターテインメントを創造することが、任天堂の継続的な使命です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For Illumination
Sarah Levinson Rothman

sarah.rothman@ledecompany.com
917-623-6060

For Nintendo
Eddie Garcia

egarcia@golin.com
213-335-5536

or

Cindy Gordon

cindgo02@noa.nintendo.com
650-226-4040


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。