in

📢| フェデックス ロジスティクスが韓国の新しいオフィスと共に世界的事業を拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

エンドツーエンドの物流ソリューションやその他のフェデックス・サービスを提供する施設

米テネシー州メンフィス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社で、フェデックスのサービスをサポートして世界貿易を促進する専門ソリューションを提供するフェデックス ロジスティクスは、世界的ネットワークの最新の拡大において、韓国のソウルにオフィスを開設したと発表しました。

フェデックス トレード ネットワークス社長のパトリック・モーベルは、次のように述べています。「韓国の新しいオフィスは、当社のグローバルな事業を補完し、世界中のお客さまにより良いサービスをお届けするための当社の立場を強化します。フェデックス ロジスティクスが提供する完全にカスタマイズ可能なソリューションは、韓国と貿易を行う全世界のお客さまと韓国のお客さまに、同じように利益をもたらします。私たちはお客さまが世界貿易の複雑さに対応するサポートをすることにより、お客さまのために任務を果たしています。」

新しいフェデックス ロジスティクスの韓国の組織は、国際的な航空・海上貨物サービス、通関仲介業務、貿易ソリューションに加え、さまざまな付加価値サービスを含むエンドツーエンドの物流ソリューションを一元的に提供します。

フェデックス ロジスティクスのアジア太平洋・中東・アフリカ(AMEA)担当副社長のエドワード・ヒューイは、次のように述べています。「これは、フェデックス ロジスティクスにとって刺激的な瞬間であり、極めて大きな機会をもたらす瞬間です。韓国は国際貿易の主要なプレイヤーです。サービス・レベルの大幅な向上に加え、お客さまは、韓国の現地の専門知識に率いられたフェデックスの比類のない世界的活動範囲へのアクセスを得ることになります。」

韓国でのフェデックスのプレゼンスの強化は、世界貿易の拡大、機敏なサプライチェーンの構築、世界中のお客さまへの地域の製品・サービスの輸送を支援する当社の役割を示しています。このオフィス開設は、大きな可能性を持つ経済への拡大に向けた当社の最新の成長戦略に沿うものであり、クラス最高のサービスを提供する当社の継続的な取組みを強化します。フェデックス ロジスティクスAMEA地域は、世界的なフェデックスのネットワーク内で活動し、お客さまに220を超える国・地域での物流ソリューションを提供します。

フェデックス ロジスティクスについて

フェデックス ロジスティクスは、フェデックスの事業会社の中で重要な役割を果たし、包括的な専門物流ソリューションを通じて世界の国内総生産(GDP)の95パーセントをつないでいます。当社は、航空および海上貨物フォワーディング、サプライチェーン・ソリューション、専門輸送、国際Eコマース・テクノロジー・サービス、通関仲介、貿易管理ツールおよびデータを信頼性の高い一元的体制で提供しています。詳細情報については、fedex.com/logisticsをご覧ください。

フェデックスについて

フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)は世界のお客さまと企業に、幅広い輸送、Eコマース、ビジネスの各サービスを提供しています。年間870億ドルの売上高を誇る当社は、評判の高いフェデックス・ブランドの下、共同で競争し協力して運営すると同時に、デジタルの革新を進める事業会社を通して、統合的なビジネス・ソリューションを提供しています。常に世界で最も高い評価を受け信頼される雇用主にランクされているフェデックスは、56万人のチームメンバーが常に、安全性、最高水準の倫理・職業基準、お客さまと地域社会のニーズに注力できるよう促しています。フェデックスは、2040年までにカーボン・ニュートラルな事業運営を実現することを目標に、世界中の人々と可能性を責任と資源をもってつなぐことに取り組んでいます。詳細については、about.fedex.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Christina Meek, 901-304-9495

christina.meek@fedex.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。