in

📢| 東芝:機能安全に対応した車載ブラシレスモーター用プリドライバーのサンプル出荷について

※この記事は日本語専用記事となります。

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、電動パワーステアリングシステムや電動ブレーキなどのモーター向けに車載ブラシレスモーター用プリドライバー新製品「TB9083FTG」のテストサンプル出荷を開始しました。最終サンプルの出荷は2022年1月、量産出荷は2022年12月に開始する計画です。


新製品は、3相ブラシレスDCモーター駆動用の外付けNchパワーMOSFETを制御/駆動する3相プリドライバー[注1]です。高い安全性が要求される車載機器で使用できるようASIL-D[注2]の機能安全[注3]に対応し、ISO 26262 2nd edition に準拠しています。また、モーター用のリレーや電源リレーを制御/駆動する3chのセーフティーリレー用プリドライバーを内蔵しています。これにより、外付け部品が不要となり員数削減に貢献します。

パッケージは、小型でウェッタブルフランク[注4]構造のP-VQFN 48-0707-0.50-005(7.0mm×7.0mm (typ.))を採用しました。冗長設計のためECU基板面積の制約が増大する中で、トータル実装面積の削減に貢献します。

[注1] MOSFETを駆動するためのドライバー

[注2] ASIL (Automotive Safety Integrity Level) : 自動車安全水準

[注3] 機能安全とは、電気・電子システムの機能不全が引き起こす故障によるリスクを許容できるレベルまで下げるという考え方です。特に第三者に対して、システムが安全であることを合理的に説明できることが重要となっています。自動車向け機能安全の規格である「ISO 26262」では、機能安全を正しく実現するための開発プロセスなどが規定されています。

[注4] パッケージのリード側面の形状

応用機器

車載機器

・電動パワーステアリングシステム、電動ブレーキ、各種ポンプなど

新製品の主な特長

・機能安全対応

・ISO 26262 2nd edition に準拠した開発

・セーフティーマニュアルや安全分析のレポート

・機能冗長およびABIST[注5]とLBIST[注6]内蔵

・CRC[注7]チェックを備えたSPI[注8]インターフェース

・3相プリドライバー

3相用パワーMOSFET(Nch×6pcs)を制御/駆動可能、チョッピング用PWM周波数20kHzまで使用可能

・3chのセーフティーリレー用プリドライバー内蔵

モーター3相分のリレーを独立に制御/駆動可能。またはモーター3相分のリレーを一括して1chで制御/駆動し、他2chで電源リレーを制御/駆動可能

・モーター電流検出用アンプ内蔵

3相シャント抵抗に発生する電圧増幅用、6種類のゲイン設定可能

・小型パッケージの採用

E-pad[注9]付き小型面実装でウェッタブルフランク構造のP-VQFN48-0707-0.50-005パッケージ

[注5] Analog Built-In Self-Test

[注6] Logic Built-In Self-Test

[注7] CRC (Cyclic Redundancy Check) : 巡回冗長検査

[注8] SPI (Serial Peripheral Interface) : 同期式シリアル通信

[注9] E-pad (Exposed pads) : パッケージ裏面の金属フレーム

■新製品の主な仕様

品番

TB9083FTG

対応モーター

3相ブラシレスDCモーター

主なファンクション

SPI通信、電流検出アンプ、

3chのセーフティーリレー用プリドライバー、

外部MOSFET VGSクランプ機能

自己診断機能

ABIST、LBIST

異常検出機能

低電圧検出、過電圧検出、

外部MOSFETのVGS/VDS検出、過熱検出

動作電圧範囲

VB=4.5V~28V

VCC=3.0V~5.5V

外部電源

2電源 (VB、VCC)

動作温度

Ta=-40℃~150℃

Tj=-40℃~175℃

パッケージ

名称

P-VQFN48-0707-0.50-005

サイズ typ. (mm)

7.0 × 7.0

信頼性

AEC-Q100適合予定

最終サンプル時期

2022年1月

量産時期

2022年12月

当社の車載ブラシレスモータードライバー/プリドライバー製品については下記ページをご覧ください。

車載ブラシレスモータードライバー

当社の新製品や技術関連の情報を定期的にメールでお届けします。登録はこちら

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

システムデバイスマーケティング第三部

オートモティブマーケティング第二担当

https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:

東芝デバイス&ストレージ株式会社

デジタルマーケティング部

長沢千秋

Tel: 03-3457-4963

e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。