in

📢| ウィリアム王子が5000万ポンドのアースショット賞の初年度のファイナリスト15名を発表

※この記事は日本語専用記事となります。

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — アースショット賞は本日、15名のファイナリストから成る初の最終候補者リストを発表します。各ファイナリストには、地球が直面している最大の課題に対する革新的な環境ソリューションをサポートするための100万ポンドを獲得するチャンスがあります。

ウィリアム王子は、次のように述べています。「半世紀以上前、ケネディ大統領の『ムーンショット』プログラムが、月に到達するという目標の下に何百万人もの人々を結集させました。これに触発されたアースショット賞は、革新をもたらし、問題を解決して、地球を修復する私たちの比類のない能力を中心に、共同の行動を動員することを目的としています。」

「アースショット賞の初のファイナリストである15名のイノベーター、リーダー、先見者を紹介することを光栄に思います。これらのファイナリストは、地球上の生命にとって決定的なこの10年間に必要とされる切迫感を持って努力をしており、人類史上最大の課題に立ち向かう私たちの能力に対するその楽観的な見方により、私たち皆を鼓舞するでしょう。」

2020年10月にウィリアム王子と王立財団によって創設されたアースショット賞は、歴史上最も権威のある世界的な環境賞です。ジョン・F・ケネディ大統領の「ムーンショット」が約60年前に行ったように、この賞は私たちの最大の環境課題に取り組むために、前例のない革新とリーダーシップの波を解き放つことを目指します。アースショット賞は今後10年間毎年授与され、合計50人の受賞者を見出すことになります。

これらの15名のファイナリストのうち5名がアースショット賞を受賞し、自然保護と回復、大気の浄化、海の蘇生、廃棄物のない世界の創生、気候の修復の5つのアースショット目標への最良のソリューションに対して100万ポンドを獲得します。受賞者は、10月17日のロンドンのアレクサンドラ・パレスでの授賞式で発表され、その様子は英国ではBBC Oneで、世界的にはDiscovery+で放送されます。

2021年のアースショット賞ファイナリストを以下に紹介します。

自然保護と回復:

Pole Pole Foundation、コンゴ民主共和国

ゴリラと地域の生活を保護する刺激的なコミュニティー主導の保全モデル

コスタリカ共和国

雨林の再生につながった、自然の生態系を回復させるための地域市民に報酬をもたらす先駆的な計画

Restor、スイス

地域の保全プロジェクトを結び付け、強化する画期的なオンライン・プラットフォーム

大気の浄化:

The Blue Map App、中国

市民が汚染者の責任を問うことを可能にする中国初の公共環境データベース

Takachar、インド

農業廃棄物から収益性のある製品を創り出し、作物の焼却に終止符を打つ先駆的なテクノロジー

Vinisha Umashankar、インド

インド全土の空気の質を改善する可能性を持つ太陽光発電のアイロン・カートを設計した14歳のイノベーター兼活動家

海の蘇生:

Coral Vita、バハマ

世界の死滅しつつある珊瑚礁を回復させることができる珊瑚養殖の真に最新鋭の打開策

Living Seawalls、オーストラリア

海洋生物を沿岸の防波堤に戻す革新的で複製可能な護岸パネル

Pristine Seas、米国

世界の海洋650万平方キロメートルを保護する前例のない世界的な保全プログラム

廃棄物のない世界の創生:

The City of Milan Food Waste Hubs、イタリア

飢餓に取り組みながら廃棄物を劇的に削減した市全体のイニシアチブ

Sanergy、ケニア

し尿を地元の農家に向けた安全な製品に変換する循環型衛生ソリューション

WOTA BOX、日本

廃水の98%を浄水に変える小型の水処理プラント

気候の修復:

AEM Electrolyser、タイ/ドイツ/イタリア

住宅や建物への電力供給の方法を変革するために開発された独創的なグリーン水素テクノロジー

Reeddi Capsules、ナイジェリア

エネルギーの乏しいコミュニティーで電気を手頃な価格で利用できるようにする太陽光発電のエネルギー・カプセル

SOLbazaar、バングラデシュ

気候変動の最前線にある国における世界最初のピアツーピア・エネルギー交換ネットワーク

15名のファイナリスト全員に、前例のないグローバル企業のネットワークであるアースショット賞グローバル・アライアンスのメンバーが支援をもたらし、ソリューションの規模を拡大して影響をさらに増大させるサポートをします。

これらの15名のファイナリストの中から5名の受賞者が、影響力のある個人から成る多様なチームであるアースショット賞評議会によって選ばれます。評議会には、ウィリアム王子殿下、ヨルダンのラニア・アル・アブドラ女王陛下、サー・デイビッド・アッテンボロー、ンゴジ・オコンジョイウェアラ博士、インドラ・ヌーイ、シャキーラ・メバラク、クリスティアナ・フィゲレス、ルイサ・ノイバウアー、ケイト・ブランシェット、ヤオ・ミン、ダニエウ・アウベス・ダ・シウバ、アーネスト・ギブソン、ヒンドゥ・ウマル・イブラヒム、ジャック・マー、山崎直子の各氏が含まれます。

10月17日の授賞式に先駆けて、BBCとDiscoveryは、5部構成のドキュメンタリー・シリーズ「THE EARTHSHOT PRIZE:REPAIRING OUR PLANET(アースショット賞:地球を修復)」を公開します。このドキュメンタリーには、ウィリアム王子、シャキーラ・メバラク、ダニエウ・アウベス・ダ・シウバ、サー・デイビッド・アッテンボローといったアースショット賞評議会のメンバーが出演しています。

ファイナリストとアースショット賞の詳細情報については、www.earthshotprize.orgをご覧いただくか、Claire Straw(TEPmedia@freuds.com)にメールをお送りください。また、メディアパックをこちらからダウンロードしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Claire Straw:

TEPmedia@freuds.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。