in

📢| シスネット・グローバル・ソリューションズがトラストウェーブの事業部門のセキュアトラストを買収し、セキュリティー・ソリューションと地理的範囲を拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

買収は世界中の組織にサイバーセキュリティーおよびコンプライアンスのソリューションを提供するシスネットの取り組みを強化、統合された組織は世界最大のQSA企業に

ダブリン & シカゴ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — サイバーセキュリティーおよびコンプライアンスのソリューションを提供する有力企業のシスネット・グローバル・ソリューションズは本日、当社のサイバーセキュリティー・ソリューションをさらに拡充して、市場拡大を加速させるために、トラストウェーブの事業部門のセキュアトラストを買収したと発表しました。決済カード業界(PCI)コンプライアンスの主要プロバイダーのセキュアトラストは、コンプライアンスとセキュリティーを達成・維持するための革新とプロセスを提供しています。セキュアトラストは96カ国以上の顧客にソリューションを20年以上提供してきた実績があり、本社をイリノイ州シカゴに置いています。

シスネットは世界中の企業に、コンプライアンスおよびセキュリティーの統合型ソリューションを提供することに注力しています。セキュアトラストは自然な組み合わせであり、シスネットの顧客基盤、セキュリティー・サービス、地理的範囲が拡大するほか、独自のセキュリティーおよびコンプライアンスのプラットフォームを強化できます。この買収により、統合後の組織は世界最大の認定セキュリティー評価機関(QSA)となるほか、コンプライアンスとセキュリティーのソリューションを提供する大手企業として、世界トップの多数のアクワイアラーと決済サービス・プロバイダーを顧客に抱え、500万以上の企業がシスネットのプラットフォームを利用することになります。

セキュアトラストの顧客は、シスネット傘下に入ることで、新しいソリューションセット、提供チーム、そして市場で最高水準の地理的範囲から、大きな恩恵を受けることになります。機能強化されたセキュリティーおよびコンプライアンスの統合プラットフォームを利用できるほか、新たに開発されたソリューションへの迅速なアクセスが可能になります。シスネットは優れたソリューションとサポートの提供に献身しているため、新しい顧客は将来も自社の変化するニーズを満たす以上の対応を期待できるという確信を持つことができます。

過去5年間に、新しい高度な脅威が出現し、複雑なクラウド導入が普及したことで、トラストウェーブは顧客のニーズと共に急速に成長して、サービスを進化させてきました。トラストウェーブの伝統は、PCIコンプライアンスに根ざしていますが、現在同社の中核的サービスとなるのは、マネージド・セキュリティー・サービス(MSS)、マネージド検知・対応(MDR)サービス、そしてコンサルティング・プロフェッショナル・サービス(CPS)です。その結果、セキュアトラストが提供するサービスはもはや、トラストウェーブの成長の焦点と密接に調和しなくなりました。これまでセキュアトラストは、トラストウェーブとは異なる独自のブランドと社風の構築に努めてきました。トラストウェーブはこの特徴を非常に誇りに思っており、今回の売却は分離プロセスの次の段階になります。またシスネットは本取引の一環として、主にホスピタリティー分野に特化したトラストウェーブのMSS事業の一部を買収し、当社が今年初めにNuArxを買収してすでに強化済みの既存のMSSサービスをさらに強化します。

シスネットのボブ・マッカレン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「セキュアトラストのチームが、シスネット・グローバル・ソリューションズに加わることに、大きな期待を感じています。シスネットのブランドは長らく、マネージド・セキュリティーとコンプライアンスの市場で、信頼できるソリューションの代名詞になっていました。セキュアトラストのような先駆的ブランドの人材と技術を、当社ポートフォリオに統合することで、どのようなニーズを持つどのような規模のお客さまにも、この分野で定評ある企業と協力することで得られる安心感と共に、時代の先を行くために必要な革新成果を提供できます。」

トラストウェーブのエリック・ハーモン最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「この事業転換により、トラストウェーブは、マネージド検知・対応サービス、世界クラスの専門サービス、データ保護のリーダーとして、その勢いを迅速に加速させることができるでしょう。トラストウェーブのお客さまは、自社にとって最も重要なサービスに焦点が絞られるというメリットがあります。これにより、当社の業界有数の顧客サービスでさらなる革新が進み、新興技術と世界レベルの人材にターゲットを絞った投資が行われます。当社は、セキュアトラストのチームとこれまで築いた提携関係とシナジーを大切にしており、今後の成功とシスネットとの将来を楽しみにしています。」

シスネットは過去12カ月間に一連の買収を行っており、セキュアトラストの買収はその中で最新のものとなります。シスネットは2020年後半にコントロールスキャンMCSバイキング・クラウドを、そして今年に入ってNuArxを買収しました。統合された組織は、次世代サイバー防御のための拡張性のあるプラットフォームを構築し、業界有数の専門家がセキュリティー・コンサルティング・サービスを提供します。

シスネットは、FTVキャピタルとトルゥー・ウィンド・キャピタルから資金提供を受けています。

シスネットのチームは、ウィルキー・ファー・アンド・ギャラガーの支援を受けて、この取引を行いました。

トラストウェーブは、ジョーンズ・デイを法律顧問として採用しました。

シスネットについて

シスネット・グローバル・ソリューションズは、エンドツーエンドのセキュリティーおよびコンプライアンスのソリューションを世界中の企業に提供しています。当社はネットワーク保護、コンプライアンス維持、保証テストと評価を行うための最先端の方法を提供しています。当社の受賞歴があるSysnet.air®プラットフォームは、世界をリードする多数のアクワイアラーと決済サービス・プロバイダーとの提携を通じて、500万以上の加盟店によって使用されています。当社のAsgard Platform™は、毎日10億件以上のセキュリティー・イベントを処理し、組織のサイバーリスク態勢向けにリアルタイムのインテリジェンスを提供しています。当社の専門家チームと革新的技術の組み合わせにより、あらゆる規模の企業は、変化し続ける脅威の状況の先手を打つために必要なエンタープライズ・グレードのセキュリティーおよびコンプライアンスのソリューションを利用できます。アイルランドのダブリンに本社を置くシスネットは、世界60カ国以上に顧客を抱えています。詳細情報については、www.sysnetgs.comをご覧ください。

トラストウェーブについて

トラストウェーブは、マネージド・セキュリティー・サービス(MSS)とマネージド検知・対応(MDR)の世界的なセキュリティー・リーダーとして定評があります。トラストウェーブの世界クラスのセキュリティー専門家2000人以上が、顧客のために96カ国で活動しており、世界中の組織がハイブリッド・マルチクラウドの世界で脅威を24時間年中無休で検出して対応できるように支援しています。トラストウェーブのエリート・チームのSpiderLabsは、受賞歴がある脅威研究とインテリジェンスを提供しており、それをトラストウェーブのサービスと製品に組み込むことで、高度な脅威の時代におけるサイバー・レジリエンスを強化しています。トラストウェーブはシングテル傘下の企業であり、シングテル、オプタス、NCSのグローバル・セキュリティー部門です。詳細情報については、www.trustwave.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media

Sysnet Global Solutions
Sandra Higgins

Chief Marketing Officer

Sandra.Higgins@sysnetgs.com
+353 (0)1 495 1300

Trustwave
Edward Fernandez

Senior Manager, Public Relations

Edward.Fernandez@trustwave.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。