in

📢| 中国で空の旅が再び活発に:旅行の再開に対する消費者の注目すべき確信がシリウムの調査で明らかに

※この記事は日本語専用記事となります。

  • 回答者の66%がパンデミック中に国内便を利用したと回答
  • 中国市民の96%が空の旅をする準備ができており、73%がレジャー目的の旅行をしようとしている
  • 海外旅行に選ばれる地域の首位は東南アジアで、欧州、オーストラリア/ニュージーランド、東アジアがそれに続く
  • 飛行機利用の可能性を高めるために、ほぼすべて(96%)の中国人旅行者がマスク着用義務を支持し、88%がヘルス・パスポート、88%がタッチレス技術を支持

北京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 中国人旅行者が飛行機旅行の回復を先導しており、96%が旅行をするつもりであることが、航空分析会社のシリウムの新しい調査によって示されました。回答者の81%が、今後12カ月以内に少なくとも1回は飛行機を利用する予定であり、50%がこの秋までに飛行機に乗る計画を立てています。旅行を計画している人のうち、73%がレジャー目的であると述べ、ビジネス旅行を予定している回答者は、わずか24%でした。


繰延需要はまた、力強い回復の兆しを見せている中国の旅客数にも反映されています。2021年9月の時点で、中国の旅客数は2019年の水準の87%であり、アジアのその他の国々(42%)を大きく引き離しています。

調査では、パンデミックの発生以降、中国人旅行者の3分の2(66%)が国内便を利用したことが明らかになりました。シリウムのスケジュール・データによると、第4四半期の国内旅行はパンデミック前の水準を上回ろうとしており、2019年第4四半期と比較しておよそ15%増加すると見られます。

中国のゼロ・コロナ政策に沿った数カ月間の制限を経て、国際旅行および地域内の旅行の大規模な再開に対する繰延需要は明らかです。

回答者の半数以上(61%)が、国境が開かれたら中国本土の外に旅行する準備ができていると述べ、好まれる地域は東南アジアで、それに欧州、オーストラリア/ニュージーランド、東アジアが続きます。

シリウムのジェレミー・ボウエン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「シリウムの調査により、中国人旅行者の国内線の旅に対する確信と、国際線の旅に関する繰延需要が浮き彫りにされています。東南アジアが際立って好まれているため、直面する課題は、かつて第一の旅行先だった東アジアなどその他の市場への旅行を復活させることです。」

「結果ではまた、衛生および安全対策の重要性も示されており、中国からの海外旅行に対する信頼を高めるために、このような対策を導入する必要があります。」

中国人旅行者が再び飛行機に乗ることへの確信を示している一方で、調査対象者の35%が、パンデミック後は飛行機で旅行をすることが少なくなるだろうと述べました。主に、健康、衛生、安全が懸念されていました。

ほぼすべて(96%)の回答者が、飛行機旅行の際にはマスクを着用するという必須要件を支持しています。85%以上が、空の旅の前提条件としてのヘルス・パスポートの導入と、タッチレス旅行を促進するアプリの使用を支持しています。

航空会社を選択する際には、回答者は、マスク着用義務(66%)、改善された清掃プロセスの導入(65%)、出発前のCOVID-19検査の陰性証明(62%)を重視していました。

空港で過ごす時間に関しては、中国人旅行者の意見は分かれていました。旅行者の53%が空港で過ごす時間を減らすと述べた一方、21%は、COVID-19安全対策の導入により安心感が高まったため、空港での時間を増やそうとしています。

当調査は、独立した市場調査会社AudienceNetが、シリウムのために実施しました。同社は2021年8月30日から9月8日にかけて、中国本土の2060人以上の成人を対象に聞き取り調査を行いました。報告されたデータの誤差範囲は、信頼水準95%で+/-3%以内となっています。

中国シリウム・トラベラー・インテリジェンス・レポートの全文は、こちらからご覧ください。

報告書全文に含まれる航空旅行に関するその他の洞察:

  • 最新の航空機を利用することの重要性
  • 空港ラウンジの今後の利用
  • 座席クラスの好み
  • 中国本土以外の人気の目的地

以上

詳細情報については、WeChatでシリウムの最新情報をフォローし、www.cirium.comをご覧ください。

シリウムについて

シリウムは強力なデータと分析機能を統合することで、動き続ける世界を維持します。航空業界における何十年もの経験から蓄積した洞察的知見を提供することにより、旅行会社、航空機メーカー、空港、航空会社、金融機関などが空路移動の将来のための論理的で情報に基づく意思決定をして、収益の増大や顧客体験の向上を実現できるようにします。シリウムは情報に基づく分析・決定ツールを専門家やビジネス顧客に提供する世界的企業レレックスの傘下にあります。レレックスの株式は、ロンドン、アムステルダム、ニューヨークの証券取引所で取引されており、ティッカーシンボルは、ロンドン:REL、アムステルダム:REN、ニューヨーク:RELXです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For media enquiries please contact:

June Lee (APAC) / Rachel Humphries (Global)

media@cirium.com

Mindy Wang (China) at Dan Communications

shumei.wang@cirium.com

Kyoko Ishida (Japan) at Train Tracks

cirium@traintracks.jp


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。