in

📢| ネルがオーバコから20MWのアルカリ電解装置の購入注文を受注

※この記事は日本語専用記事となります。

米コネチカット州ウォーリングフォード–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ネル(OSE:NEL)の一部門であるネル・ハイドロジェン・エレクトロライザーは、欧州の大手エンジニアリングスチールメーカーであるオーバコから20MWのアルカリ水電解装置の購入注文を受注しました。この電解装置は、スウェーデンのホーフォーシュにあるオーバコの既存工場に設置されます。加熱炉で現在使用されている化石燃料由来のプロパンガスの代わりに、化石燃料によらない水素を使用します。

ネルのジョン・アンドレ・ロッケ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちはオーバコに電解装置を納入できることを大変うれしく思います。グリーン水素によって鉄鋼の加熱プロセスから排出されるCO2を削減することには大きな可能性があります。オーバコおよびその提携先と協力して、化石燃料不使用の鉄鋼生産をさらに発展させていきたいと思います。」

今回の発注は契約額が約1100万ユーロで、装置の納入は2022年後半となります。この電解装置はオーバコの鉄鋼加熱プロセス用の酸素と水素を生産するもので、炭素排出量ゼロの鉄鋼生産に向けた大きな前進となります。水素への転換により、オーバコはホーフォーシュでの鉄鋼生産におけるCO2排出量を50%削減できるようになります。

ホーフォーシュ事業部門プレジデントのRickard Qvarfort氏は、次のように述べています。「私たちは6月に、ボルボ・グループ、日立エナジー、H2グリーン・スチール、ネル・ハイドロジェンとの協業を発表しましたが、その目的はホーフォーシュで化石燃料を使わない水素に投資することでした。また、この投資は、スウェーデンエネルギー庁から支援を受けています。私たちは、この重要な節目となる成果を達成できたことを大変うれしく思います。この電解装置技術により、圧延前の鉄鋼を加熱するためのCO2を削減できるようになります。」

オーバコはベアリング・運輸・製造などの分野における顧客向けにエンジニアリングスチールを製造する欧州の大手メーカーで、山陽特殊製鋼の子会社および日本製鉄グループの一員でもあります。欧州・北米・アジアに展開し、ニッチな製品やカスタマイズされたソリューションを含む鉄鋼製品ラインを有しています。オーバコの鉄鋼製品のカーボンフットプリントは、世界平均と比べて80%も低くなっています。

2021年6月22日付のプレスリリース(ネルが化石燃料不使用の鉄鋼圧延を実現にするために大手企業との水素イニシアチブに参加)を参照しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jon André Løkke, CEO, +47.907.44.949

Kjell Christian Bjørnsen, CFO, +47.917.02.097

info@nelhydrogen.com

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。