in

📢| イソトロールが100 GWの実績を達成

※この記事は日本語専用記事となります。

  • 当社開発のソリューションが設備容量計110 GW以上の施設に導入済み

スペイン・セビリア–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — エネルギー業界に技術ソリューションを提供するイソトロールは、当社システムで管理される施設が設備容量計100 GW以上に達するという実績を達成しました。この数字には、エネルギー卸売市場への参加を最適化するソリューションの導入分だけでなく、原理的に再生可能な発電資産を効率的に管理するソリューションの導入分も含まれています。


当社は、今年450以上の発電所に自社技術を実装し、欧州、米国、ラテンアメリカにおける拠点を統合し、オーストラリアやコロンビアといったそれまで未参入であった新規市場に参入したのちに、この記録の達成に至りました。

イソトロールの最高経営責任者(CEO)のベルトラン・カルボは、次のように述べています。「我々は、再生可能エネルギーと共に成長しており、それと同時にエネルギーの移行が起こっています。こうしたモデル移行を達成する上で、当社が開発したような手段によるデジタル化がきわめて重要です。」

最高執行責任者(COO)のマヌエル・ロサーダは、「当社の技術は、発電からネットワーク統合を含むエネルギーの商業化まで幅広く導入されています」と述べています。ロサーダによれば、エネルギー・システムのニーズに対するこうした知識が「イソトロールが他と一線を画している主な特長であり、これにより当社は長期にわたる技術パートナーであることができます。」

その点に関して、イソトロールは「40年近く道のりを共にしてきた」電力会社だけでなく、「石油・ガス会社や、再生可能エネルギー分野で有力な地位にあるイールドコ各社とも協力しています」とロサーダは述べています。

イソトロールについて

イソトロールは、エネルギー業界向けの技術ソリューションを開発しています。再生可能エネルギー施設の効率性・収益性の向上と、エネルギー卸売市場参加の最適化を専門としています。イソトロールは、1984年にモニタリングとシステム制御の分野の先駆的企業として創業しました。今日、当社のシステムは世界の45カ国において設備容量計100 GW以上の施設に導入されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Francisco Parra
Marketing Manager

fparra@isotrol.com
(+34) 955 036 800


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。