in

📢| アリババグループ、最高財務責任者(CFO)の交代を発表

※この記事は日本語専用記事となります。

計画された移行で、徐宏が最高財務責任者(CFO)に任命され、武衛は今後も取締役として勤務

中国・杭州–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — アリババグループ・ホールディング・リミテッド(NYSE:BABA、HKEX:9988)(アリババ、アリババグループ)は本日、徐宏副最高財務責任者が武衛の後任として2022年4月1日付けで当社の最高財務責任者(CFO)に就任すると発表しました。武は今後も引き続き、アリババ・パートナーシップのパートナーとアリババ取締役会の執行取締役を務めます。

アリババグループの張勇会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「武の多大な貢献は、アリババのこれまでの業績に不可欠でした。約15年前にアリババに入社して以来、武は最高財務責任者(CFO)として、アリババの3件の株式上場を成功に導きました。2007年のAlibaba.comの香港証券取引所への上場、アリババグループ・ホールディングの2014年のニューヨーク証券取引所への上場と2019年の香港証券取引所への上場です。武は、トップの専門的能力と実績を持つ財務チームを構築・育成し、アリババの戦略と事業開発を追求する上での基盤となってきました。武は、世界の資本市場とマクロ環境の浮き沈みをよそに、常に冷静沈着です。謙虚でたくましい武は、長年にわたりかけがえのない最も親密なパートナーでした。今後は、その深い経験を活かし、新たな形でアリババをサポートします。私たちは今後も引き続き、アリババの取締役として勤務を継続する武の指導と知見から恩恵を受けるでしょう。」

「当社は長期的な視点に立っており、あらゆる機会における経営陣内の交代は、アリババが将来に向けてより強く、より良い地位を確保するために常に役立っています。徐は3年前にPwCからアリババに入社し、2019年7月に副グループ最高財務責任者に任命されました。徐は、継続的に進化する当社のビジネスに対応して、確かな能力とリーダーシップを速やかに発揮しました。その責任は徐々に増し、財務管理と運営に加えて、当社の戦略的投資を含むまでに拡大しました。私たちは、徐が新たなグループ最高財務責任者(CFO)としてふさわしい人材であると確信しており、中核となる経営陣と共に、次の成功に向けてチームを導いてくれるでしょう。」

アリババグループの武衛最高財務責任者(CFO)は、次のように述べています。「本日行われたアリババの最高財務責任者(CFO)交代の発表は、長年にわたる広範な準備の集大成であり、アリババの幹部継承計画の一環です。市場には常に浮き沈みがありますが、アリババには野心的な長期目標があります。私たちはリレー選手のようなもので、会社を前進させるには、新世代の人材が必要です。私は、数年前に初めて最高財務責任者(CFO)に就任した時の自分以上に徐を信頼しています。その専門的能力と指導力を通じて、張や中核となる経営陣と共に、徐が当社のチームを将来へとうまく導くと確信しています。」

徐は2018年7月にアリババに入社し、2019年7月に副最高財務責任者に任命されました。アリババグループに入社する前は、徐は1996年に入社したプライスウォーターハウスクーパースのパートナーとして11年間勤務していました。また、サン・アート・リテール・グループ、聯華超市、紅星美凱龍家居の取締役も務めています。徐は、1996年に中国・上海市の復旦大学を卒業し、物理学の学士号を取得しました。中国公認会計士協会の会員でもあります。

アリババグループについて

アリババグループの使命は、どこでもビジネスが簡単にできるようにすることです。当社は、商取引の未来のインフラストラクチャーを構築することを目指しています。お客さまがアリババで出会い、働き、生活すること、そしてアリババが102年存続する優良企業となることを目標にしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Grace Shao

Alibaba Group

+852 9857 2779

grace.shao@alibaba-inc.com

Liyan Chen

Alibaba Group

+1 515 864 1116

liyan.chen@alibaba-inc.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。