in

📢| ブルーホールが中国における最近の電子たばこ規制に関する特集記事を掲載

※この記事は日本語専用記事となります。

中国・深セン–(BUSINESS WIRE)–中国の大手電子たばこメディアのブルーホール・ニュー・コンサンプションは本日、中国における最近の電子たばこ規制の最新情報に関する特集記事を掲載しました。

以下が記事全文です。

2021年12月2日、中国の国家煙草専売局は、電子たばこを管理する規則草案を発表しました。2021年11月30日には、同局から、電子たばこの国家基準に関する公開草案が発表されています。以前、中国は11月26日に電子たばこをたばこ専売法の対象とすると発表し、電子たばこは法的地位を得ることになりました。

最近の規制更新により、中国の電子たばこ業界の将来に関する不確実性が解消され、この業界の持続可能な発展への道が開かれました。

iiMedia Research Groupによれば、中国の電子たばこ市場は、2013年の5億5000万人民元(8600万米ドル)から、2020年には83億8000万人民元(13億1000万米ドル)に拡大し、8年間の年平均成長率は72.5%に達しています。

世界保健機関の推計によれば、中国の喫煙者数は3億人を超え、世界全体の約3分の1を占めています。現在、中国の成人男性の半数以上が喫煙者です。一方、中国の喫煙者の電子たばこ普及率は1%を下回っており、中国の電子たばこ市場には非常に大きな発展の可能性があります。

今回の法的承認は、電子たばこが3億人を超える中国の喫煙者にとって害を減らす手段として継続的に役立ち、中国の公衆衛生を大きく改善するという明るいメッセージを発するものです。

また、最新の規則草案は、電子たばこメーカーに電子たばこ製造免許を取得するよう求めており、資金、施設、機器、技術の面で電子たばこ製造に高いハードルを設定しています。認定を受けたメーカーのみが電子たばこの製造に携わることができます。

11月30日に発表された電子たばこの国家基準に関する公開草案は、装置、材料、ニコチン、添加物など幅広い要件をカバーしています。さらに重要なこととして、今回の公開草案は、すべての電子たばこ装置に子供が誤って使用できないような設計を取り入れることを初めて義務付けています。

公開草案によれば、今度の国家基準では、電子たばこ製品に対する具体的な品質要件が設定され、メーカーに製品の安全性向上を求めています。品質の保証のある責任ある業界企業のみがこの基準を順守できると予想されます。長期的には、この基準はこの業界の持続可能な発展を促し、消費者には信頼性の高い製品を提供することになるでしょう。

市場状況としては、最終的には市場の集中が加速し、包括的な安全管理を行っている市場リーダーが有利になるでしょう。例えばSMOOREでは、同社の安全基準はすべてのPMTA試験と134件の自社試験をカバーしています。同社は、PMTAの非臨床試験とPMTAの健康リスク評価の能力を有する中国唯一の企業です。

世界的に見ても、公衆衛生の規制当局は、科学的根拠に裏打ちされた信頼性技術力を持つ市場リーダーの製品を信頼して承認する傾向があります。例えば、米国では、ブリティッシュ・アメリカン・タバコとアルトリアの2社だけが、食品医薬品局(FDA)から販売前たばこ申請(PMTA)の承認を受けています。また、中国の国家煙草専売局は、中国国内で販売されるすべての電子たばこを登録し、電子たばこ企業に製品の安全性に関する科学的証拠を提出するよう求めています。

また一方、輸出される電子たばこが輸出先国の法令や基準に準拠していれば、新しい草案は輸出たばこにはほとんど影響を及ぼしません。そのため、海外市場が収益の多くを占める電子たばこ企業にとっては比較的有利な内容になっています。

世界の電子たばこ製造の中心地である深圳は、世界の電子たばこ市場で約90%のシェアを占めています。国家必須基準と規則草案は、深圳の電子たばこ製造を大きく変えようとしています。地元メーカーは、コスト志向から技術志向へと変化していくでしょう。また、世界最大の電子たばこメーカーのSMOOREは、12月に次世代FEELM霧化技術を発売する準備もできています。

元記事はこちらをご覧ください:https://www.bluehole.com.cn/news/detail/47806

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Frankie Chen

Frankie.chen@smoorecig.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。