in

📢| ハリケーン・エレクトリックとNEXTDCが提携を拡大し、メルボルンのIPトランジットの選択肢を拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

ハリケーン・エレクトリックがNEXTDCと共にM1メルボルン・データセンターに設置する3つ目のポイント・オブ・プレゼンスにより、地元企業に高速IPトランジットを提供し、加速する接続性の要件に対応

豪メルボルン–(BUSINESS WIRE)–世界最大のIPv6ネイティブ・インターネット・バックボーンを運営するハリケーン・エレクトリックと、高機能データセンター・ソリューションを提供するオーストラリアの大手企業NEXTDCは本日、ハリケーン・エレクトリックがメルボルンにあるNEXTDCのM1メルボルン・データセンターに、新たなポイント・オブ・プレゼンス(PoP)を設置したと発表しました。

NEXTDCのM1メルボルンは、ビクトリアで最も相互接続されたデータセンターです。そのため組織は、AWSグーグル・クラウドマイクロソフトIBMクラウドオラクル・クラウドアリババ・クラウドなど、世界最大のクラウド・プラットフォームに加え、オーストラリアの主要なキャリア・ネットワークやデジタル・サービス・プロバイダーに、シームレスかつ安全にネイティブにアクセスできるという恩恵を受けています。

ハリケーン・エレクトリックのプレゼンスをM1に拡大することで、NEXTDCのメルボルンの顧客に、多様な新しい接続方法を提供し、100GE(100ギガビットイーサネット)、10GE(10ギガビットイーサネット)、GigE(1ギガビットイーサネット)の各ポートを通じて、ハリケーン・エレクトリックの広範なIPv4・IPv6ネットワークを利用できるようにします。さらに、同施設の顧客は、ハリケーン・エレクトリックの広大な世界的ネットワークとIPトラフィックを交換することができます。この世界的ネットワークは、250以上の主要な相互接続ポイントと、何千ものカスタマーピアリングポートおよびプライベートピアリングポートを介して、9000以上の異なるネットワークと2万件以上のBGPセッションを提供しています。

NEXTDCの最高顧客・商業責任者のDavid Dzienciol氏は、次のように述べています。「組織がハイブリッドIT環境の高速化と最新化の取り組みを続ける中、接続性はますます重要な役割を果たすようになっています。ハリケーン・エレクトリックとの提携で、当社のエコシステム内における選択肢が充実し、お客さまが業務上不可欠なサービスにシームレスに接続する際に選択できる力を提供できます。メルボルンは、オーストラリアの次なる主要なデジタル地域として急速に発展しているため、顧客がハリケーン・エレクトリックのようなグローバル・ネットワーク・サービスにアクセスし、必要なスピードと世界的ネットワークを提供できることは非常に重要です。」

最近の報告書によると、メルボルンはオーストラリアのテクノロジーの中心地となっており、オーストラリアのテクノロジー企業上位20社の半分以上が拠点を置いています。そのような企業は毎年340億ドルの売上高を創出し、オーストラリア全体のICT労働力の約31%に相当する約9万人の従業員を抱えています。

ハリケーン・エレクトリックのマイク・レーバー社長は、次のように述べています。「ハリケーン・エレクトリックは、NEXTDCのような貴重なパートナーとの関係を継続し、同社のエコシステムにコスト効率に優れたIPトランジットを提供できることを大変うれしく思います。この拡張により、メルボルンの組織は、より多くの接続方法が提供され、ハリケーン・エレクトリックの充実した世界的ネットワークを活用できるようになります。」

ハリケーン・エレクトリックについて

ハリケーン・エレクトリックは、IPv4およびIPv6の独自の世界的ネットワークを運営し、世界最大のIPv6バックボーンと考えられています。当社の世界的ネットワークにより、ハリケーン・エレクトリックは250以上の主要な相互接続ポイントと接続し、9000以上の異なるネットワークとトラフィックを直接的に交換しています。ハリケーン・エレクトリックは、障害回復力のある光ファイバートポロジーを採用し、北米を横断する5つの100G冗長パス、米国と欧州を結ぶ4つの100G独立パス、欧州、オーストラリア、アジアに複数の100Gリングを所有しています。また、当社はアフリカにリングを、ニュージーランドのオークランドにPoPを所有しています。ハリケーン・エレクトリックは同じ接続を介して、IPv4、IPv6のトランジットソリューションを提供しています。提供可能な接続速度には、100GE(毎秒100ギガビット)、10GE、ギガビットイーサネットが含まれます。

詳細情報については、http://he.netをご覧ください。

NEXTDCについて

ASX100に上場しているテクノロジー企業のNEXTDCは、アジアで最も革新的なサービス型データセンターのプロバイダーです。当社はデジタル経済のためのインフラ・プラットフォームを構築し、世界のクラウド・コンピューティング・プロバイダー、企業、政府に重要な電力、セキュリティー、相互接続性を提供しています。

NEXTDCはオーストラリアで唯一、Uptime InstituteからTier IV認証を受けた施設のネットワークを設計、建設、運用していることで、世界的に評価されています。また南半球で唯一、運用の持続可能性に関するTier IVゴールド認証を取得したデータセンター事業者です。NEXTDCは、再生可能なエネルギー源を通じた持続可能性と卓越した事業能力を重視しており、世界クラスの運用効率を実現しています。NEXTDCのデータセンターはNABERS 5スターのエネルギー効率により、卓越したレベルの効率と、業界で最低の総運用コストを提供できるように設計されています。

NEXTDCの企業運営とデータセンター・ソリューションは、オーストラリア連邦政府のClimate Active基準に基づいて、カーボン・ニュートラルの認定を受けています。

当社のクラウドセンターのパートナーエコシステムは、オーストラリアで最もダイナミックなデジタル・サービスのマーケットプレイスで、700社以上の通信事業者、クラウド・プロバイダー、ITサービス・プロバイダーから構成されています。国内・国外の顧客が、クラウド・プラットフォーム、サービス・プロバイダー、ベンダーを調達・接続して、複雑なハイブリッド・クラウド・ネットワークを構築し、基幹的なITインフラストラクチャー・サービスを拡張できるように支援しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。 

Contacts

Adam Waitkunas

Milldam Public Relations

adam.waitkunas@milldampr.com
(978) 828-8304


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。