in

📢| UAE降水強化科学研究プログラムが第4期受賞者を発表

※この記事は日本語専用記事となります。

アラブ首長国連邦ドバイ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — UAE降水強化科学研究プログラム(UAEREP)は、UAE副首相兼大統領官房相シェイク・マンスール・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン殿下の後援の下で2020年ドバイ国際博覧会で行われた式典にて、第4期助成金の受賞者を発表しました。各受賞者には、150万米ドルの助成金が3年間にわたって交付されます。


第4期の受賞研究は、SPEC Incの主任研究員であるブラッドリー・ベイカー博士の研究案「Enhancing Rain in UAE via Hygroscopic Seeding with Nano-Seeding Material(ナノシーディング材による吸湿性シードでアラブ首長国連邦の降雨量を増加させる)」のほか、カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋学研究所西部気象・水異常センター(CW3E)の副所長ルーカ・デレ・モナーチェ博士による「A Hybrid Machine Learning Framework for Enhanced Precipitation Nowcasting(降水ナウキャスティング強化のためのハイブリッド機械学習フレームワーク)」が含まれます。

ベイカー博士のプロジェクトは、ナノ物質シーディング剤と電荷発生装置の効果により二次的な氷晶過程が刺激され、雨の増強につながる可能性があるかどうかを検証することを目的としています。この研究では、積雲の高度な数値シミュレーションと、SPECのリアジェット研究機、およびNCMのキングエア・クラウドシーディング機を使用した測定が行われます。

デレ・モナーチェ博士のプロジェクトでは、UAEにAI研究・運用のテストベッドを構築することを目指しており、衛星観測、地上気象レーダーデータ、雨量計、数値気象予測推定値を組み合わせて特徴を抽出し、雲への種まきの最適なタイミングと位置を決定する製品を生成するための新しいAIフレームワークを構築するというものです。これにより、降雨強化プログラム評価のための、より正確な定量的降水量推定値を生成することができます。

NCMディレクターでWMO第II地区協会(アジア)会長のアブドゥラ・アル・マンドゥース閣下(博士)は、次のように述べています。「このプログラムは、雨量増加の研究において新たな地平を切り開くことにより、世界の水の安全保障を確保するために開始されました。今回受賞した提案が、これまでに受賞したプロジェクトと共に、水ストレスの課題に対する有望な解決策を開発するための確かな科学的基盤を提供していただけると確信しています。」

UAEREPディレクターのアルヤ・アル・マズルーイは次のように述べています。「第4期が開始されましたが、私たちはプログラム開始以来達成されたこれまでの成果を誇りに思っています。新たな受賞者は、これまでの受賞者と密接に協力し、人工知能や機械学習などの新しい研究面を活用することで、雨量強化研究の進展に貢献していただけるでしょう。」

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mohamed Al Muhairi, 00971506621005

Malmuhairi@ncms.ae

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。