in

📢| ファラロン・キャピタル: 東芝に対してステークホルダーとの信頼関係の再構築を要請

※この記事は日本語専用記事となります。

  • ファラロンは、ステークホルダーとの信頼関係が悪化している中で、東芝が、2023年に予定される会社3分割案の最終判断の際に法律上必要とされる議決権の3分の2(66.7%)ではなく、50%の承認をもって会社3分割案に関する株主の信任投票を検討しているという報道に深い懸念を抱いています。
  • ファラロンは、取締役会に対して、臨時株主総会において議決権の3分の2の賛成を得ることを会社3分割案を進める条件とすることを要請します。

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — Farallon Capital Management L.L.C. (以下「ファラロン」)は、株式会社東芝 (6502.T) に対し、近々開催される予定の臨時株主総会に向けて、株主との信頼関係の再構築に務めることを要求するとして、本日、以下のコメントを発表しました。

東芝は、2022年1月7日および2021年11月12日の発表において、東芝グループの事業を分社化し、3つの独立した会社に分割する戦略的再編案(以下、「会社3分割案」)について、3月末までに開催予定の株主総会において、株主の信任を問うとの意向を示しています。

ファラロンは、東芝が、経済産業省の産業競争力強化法を利用したとしても最終的に2023年に会社3分割案を承認するために必要となる、会社自身も公に認めた議決権の3分の2の承認基準(特別決議)ではなく、50%の承認基準(普通決議)に基づいて会社3分割案に関する株主投票を検討しているという報道に深い懸念を抱いています。ファラロンは、東芝が会社3分割案に多大な時間、コスト、経営資源を費やす前に、臨時株主総会において議決権の3分の2の承認基準で株主の承認を得るべきであると考えています。

ファラロンは、東芝の問題の核心は、経営陣と株主間の信頼関係の欠如であり、それが4年間の長期にわたる対立に繋がっていると考えています。ガバナンスの失敗が繰り返された後でも、株主がこのような自明のことを指摘せざるを得ない状況にあることは事態を更に悪化させるものです。株主の信頼を得られないままの会社3分割案の実施は、現在の東芝と同じ問題を抱えた3つの独立した会社を作ることに他なりません。

ファラロンは、東芝とそのステークホルダーとの信頼関係のこれ以上の悪化を避けるために、取締役会に対して、受託者責任を果たし、臨時株主総会での議題が議決権の3分の2の賛成票を前提とすることを確保することを要請します。東芝が臨時株主総会をどのように実施するかは、東芝がステークホルダーとの信頼関係の回復に向けて誠実に行動しているかどうかを評価する上で極めて重要です。

ファラロンについて

ファラロン・キャピタル・マネージメント・エル・エル・シーは、1986年に設立された国際的な資産運用会社であり、1990年に投資顧問会社として米国証券取引委員会(SEC)に登録しています。ファラロンは、資産の保全を重視するボトムアップのファンダメンタル分析を通じて世界中の様々なアセットクラスに投資しています。ファラロンに関する情報は、www.faralloncapital.com で入手可能です。

ディスクレイマー

このプレスリリースは、一般的な情報提供のみを目的としており、情報の完全性を保証するものではありません。このプレスリリースは、いかなる状況下においても、サービス若しくは商品の申し込み、勧誘若しくはマーケティング、いかなる種類の広告、勧誘若しくは表明、又は投資助言、若しくは投資商品の売買若しくは何らかの有価証券への投資の推奨を意図したものではなく、またこれらの行為と解釈してはなりません。このプレスリリースは、法律、税務、投資、金融又はその他のアドバイスと解釈してはなりません。加えて、このプレスリリースはファラロン・キャピタル・マネージメント・エル・エル・シー又はその関連者(以下併せて「ファラロン」といいます。)が管理するファンド又は口座に対する投資の購入の勧誘と解釈してはなりません。

このプレスリリースは、東芝の株主がファラロン又は他の東芝の株主に対して、自らの代理人としてその議決権を行使する権限を与えることを勧誘又は推奨することを意図するものではなく、またそのような行為と解釈されてはなりません。ファラロンは、東芝の他の株主に対して株主としての権利(議決権を含みますがこれに限りません。)をファラロンと共同して行使することを勧誘し又は要請するものではありません。ファラロンは、他の東芝の株主と金融商品取引法上の「共同保有者」又は外為法上の「関係者」として扱われ、又はみなされることを意図していないことを表明いたします。

このプレスリリースは、ファラロンによって独占的に提供され、東芝、その関係会社、子会社又はその他の者によるものではなく、これらの者に代わって提供されるものでもありません。ファラロンは、東芝の関係者ではなく、ファラロン又はその代理人・代表者は東芝のために、若しくは東芝に代わって何らかの情報を拡散する権限を与えられているものではなく、ファラロンにはそのような意図はありません。

Contacts

日本:

株式会社プロペラプロジェクトラボ

谷村浩司

farallon-pr@ppli.co.jp

アメリカ:
ASCアドバイザー

スティーブ・ブルース / テイラー・イングラハム

sbruce@ascadvisors.com / tingraham@ascadvisors.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。