in

📢| マベニアの調査から、コンバージド5Gパケットコアへの移行でTCOを最大36%削減可能なことが明らかに

※この記事は日本語専用記事となります。

早期採用の方針を取る移動体通信事業者はCAPEXとOPEXを節約

米テキサス州リチャードソン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– あらゆるクラウドで動作して世界の接続方法を変革するクラウドネイティブソフトウエアでネットワークの未来を築くネットワークソフトウエアプロバイダーのマベニアは、Senza FiliのMonica Paolini氏と共同で、詳細調査の結果を発表しました。これは、コンバージド5Gコア(5GC)への移行を加速させることで、総所有コスト(TCO)を最大36%削減できることを浮き彫りにするものです。

本調査は、移動体通信事業者(MNO)が5Gアクセスネットワークを導入する際に、レガシーEPC技術と5Gノンスタンダロン(NSA)のパケットコアサポートに依存せず、5Gスタンドアロン(SA)に対応したクラウドネイティブのコンバージド5GCに移行すれば、コストを削減できると結論付けています。MNOがコンバージド5GCへの移行を遅らせるほど、移行コストは高額になります。

本調査の基礎となっているTCO比較分析で、コンバージド5Gコアの導入を延期することで発生するコストは、TCOを5年間で増加させることが明らかになりました。この比較モデルは、MNOが従来のエボルブドパケットコア(EPC)に取って代わり、最先端のクラウドネイティブなコンバージド5GCとSAソリューションに移行した場合を想定しています。

このホワイトペーパーの調査は、1つの重要な質問に答えています。これは、5Gアクセスネットワークを持つMNOは、いつ5Gスタンドアロン(SA)対応のクラウドネイティブなコンバージド5Gコアに移行したらよいのかという質問です。比較分析は、MNOが取る異なる方針、すなわちアーリーアダプターとレイトアダプターを比較調査しています。どちらのシナリオでも、MNOは最終的にコンバージド5GCに移行しますが、コンバージド5GCの導入遅延がコストに与える影響は、時間とともに大きくなっています。アーリーアダプターによるコスト削減の効果は、レイトアダプターが5年目に切り替えた場合と比べて、36%に拡大します。

マベニアのパケットコンピューティング担当ゼネラルマネジャーのアショック・クンティアは、次のように述べています。「この調査で、必須ネットワークの移行を遅らせると、長期的にはコスト増加を招くだけであることが分かりました。『最も急成長しているコンバージド5Gコア向けソフトウエアベンダー』1であるマベニアは、お客さまと密接に協力して、オープンでインテリジェントなネットワークへの移行を支援しています。当社はそのために、あらゆる世代の技術を多世代にわたってサポートして、柔軟でコスト効率に優れた5Gへの移行の道筋を提供し、既存のモバイルネットワークを最新化しながら5Gへと進化できるようにします。さらに、マベニアのコンバージド5Gコアは、非3GPPアクセスもサポートしているため、お客さまのあらゆるインフラとビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。」

マルチアクセス(2G、3G、4G、5G NSA、5G SA、非3GPP)に対応したマベニアのコンバージド5Gパケットコアにより、CSPは戦略的な成長計画を策定して、最小限のリスク、無制限の規模、そしてスピード、セキュリティー、信頼性の大幅な改善を実現できます。現在、コンバージド5Gパケットコアに移行することで、新しい革新的機会が生まれます。マベニアのクラウドネイティブなパケットコア・ネットワーク・アーキテクチャーは、ネットワーク変革を簡素化し、運用効率を達成するとともに、顧客を常に成功に導く基本方針に着眼するものです。

報告書をダウンロードできます。

1 ライトカウンティングの「2021年第3四半期無線インフラ報告書」

マベニアのコンバージド・パケットコア・ソリューションのパンフレット

マベニアについて:

マベニアは、あらゆるクラウドで動作するソフトウエアベースの自動化された単一ネットワークというビジョンに力点を置きながら、ネットワークの未来を築き、先進的技術を先駆的に切り開いています。エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワークソフトウエアを提供する業界唯一の企業として、マベニアは世界の接続方法を変革することに傾注しており、120カ国以上で世界の加入者の50%以上にサービスを提供する250社超の通信サービスプロバイダーのために、ソフトウエアネットワークの変革を推進しています。www.mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mavenir Media Office:

Maryvonne Tubb (US)

Emmanuela Spiteri (EMEA)

PR@mavenir.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。