in

📢| レグテック・イノベーターのComplyAdvantageがナビール・ビルカシムをCFOに、オリバー・ファーニスをCPOに任命、2022年の記録的成長に備える

※この記事は日本語専用記事となります。

世界的なハイパー成長顧客のポートフォリオの拡大、記録的な検索数、世界クラスのパートナーシップ、最近の投資により、当社は規模拡大のための準備を整えています

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 金融犯罪検知を変革する世界的データ・テクノロジー企業のComplyAdvantageは本日、最高財務責任者(CFO)のナビール・ビルカシムと最高製品責任者(CPO)のオリバー・ファーニスの新しい幹部2名の採用を発表しました。両氏はComplyAdvantageの最高執行責任者のバッツァ・ナラシムハに直属します。


本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20220120005089/en/

2021年にComplyAdvantageは、GeminiHTBTransferMateなどの世界的な暗号資産、フィンテック、銀行業の顧客ポートフォリオの拡大と、エリプティックレーズン・バンクなどの世界クラスのブロックチェーン・データおよびBaaSプロバイダーとの主要な戦略的パートナーシップに支えられ、ARR(年間経常収益)が約80%増加し、記録的な成長を遂げました。当社のAML(マネーロンダリング防止)ソリューション・セット全体の利用は記録的な水準に達し、当社の顧客スクリーニングおよび監視ソリューションの検索数は前四半期比で倍増し、取引リスク管理の数は4倍に増えました。

さらに、当社のプラットフォームは2021年に、日々監視されている1億5000万の事業体全体で10億件以上の検索を支援しました。当社は、2022年に成長の勢いが継続して記録的な水準に達することを予測し、年末までにチームを従業員約500人の規模に拡大することを見込んでいます。そして、ComplyAdvantageは、銀行、証券、投資運用業務を行う世界有数の企業であるゴールドマン・サックスからの追加の資金調達により、募集枠を超えたシリーズCラウンドを拡大しました。

ComplyAdvantageのバッツァ・ナラシムハ最高執行責任者(COO)は、次のように述べています。「私たちの懸命な努力と、常に改善し、焦点を絞り、結果を重視するという価値観が、ビルカシムとファーニスを迎え、このような驚くべき才能を得る機会をもたらしました。しかし誰もが知っているように、成功は決して保証されていません。成功は獲得するものであり、これからも努力を継続していきます。大きな期待と感謝と共に、私たちは2022年は規模拡大に照準を合わせます。これは、驚くべきチームが主導し、金融犯罪を排除するためにインテリジェント・データを利用するという私たちのビジョンを信じる素晴らしい従業員、お客さま、パートナー、投資家によって可能になります。」

幹部の役割

ビルカシムはCFOとして、財務業務、企業開発、コンプライアンス、投資家向け広報活動を含む財務組織の全分野を監督します。ビルカシムは、モーリス・アンド・カンパニーからComplyAdvantageに入社し、同社では、マネジング・ディレクター兼EMEAフィンテック責任者を務めていました。

ビルカシムは、グローバルな金融サービス企業、フィンテック、市場インフラ企業にM&A、資金調達、戦略的投資取引に関する助言をしてきた15年を超える投資銀行業務およびコーポレート・ファイナンスの経験をもたらします。ビルカシムは、シティグループでキャリアを開始し、欧州の金融サービス部門に携わりました。インペリアル・カレッジ・ロンドンで電気・電子工学の修士号を取得しています。

「私たちの前にある機会はとてつもなく大きなものであり、今はComplyAdvantageに加わるための素晴らしい時期です。強固な事業のファンダメンタルズと、当社のハイパースケールの取引先リスクインテリジェンス・テクノロジーに対する世界的な需要の高まりにより、私たちはイノベーション、規制コンプライアンス、そして未来のコンプライアンスの連結点に位置しています。企業が最大限の誠実さをもって取引を行うサポートをするチームの一員になることに、非常に大きな期待を抱いています。」

当社の新たに任命されたCPOとして、ファーニスは、構想や最適化から市場での入手可能性まで、当社のソリューション・セットの全側面を監督します。それに加えて、ファーニスは、データを拡大し、当社独自のナレッジ・グラフからのAMLおよびリスク情報の収集を強化する取組みも主導します。

ComplyAdvantageに入社する前は、ファーニスは直近では、英国の最新のカード決済アクワイアラーであるDojoでCPOを務め、企業が対面およびオンラインで支払金を受け取り、入金に迅速にアクセスできるようにサポートしていました。それ以前は、ファーニスはワイズで製品責任者を、Xeroで製品担当グローバル・バイスプレジデント(VP)を務めていました。ファーニスはノッティンガム・トレント大学で、経済学および金融サービスの学士号を取得しています。

オリバー・ファーニスは、次のように述べています。「私がComplyAdvantageに加わることを選択したのは、当社が取り組んでいる刺激的な使命のためです。ハイパースケール・データと機械学習の力を活用することにより、私たちは、お客さまがマネーロンダリングのケースとの接触を減らすサポートをするだけでなく、より誠実に成長を加速する支援をももたらす機会を手にしています。この位置につくのは素晴らしいことです。」

新規顧客、資金調達、幹部の追加に加え、ComplyAdvantageは、2021年に達成された以下のようなその他のいくつかの成果もご紹介いたします。

●当社の年次のState of Financial Crimes Report 2021(金融犯罪状況報告書2021)やEvolving Use of Sanctions(変化する制裁の行使)など、いくつかの新しい調査報告書の公開

●フィンテック新興企業向けの無料のAMLプログラムComplyLaunchの発表

●デジタル銀行向けの新しいAMLガイドの公開

CBインサイト 250AIフィンテック100チャーティス・リスクテック100などの業界の評価

インデックス・ベンチャーズのパートナーであるジャン・ハマーは、次のように述べています。「ComplyAdvantageの驚異的な成長は、同社が世界的な顧客基盤に向けて創出し続けている価値を反映しており、同社のチームにとって素晴らしい時期が来ています。そして今、ビルカシムとファーニスが新たに加わり、同社には2022年を新たな画期的な1年にする態勢が整っています。リスク対策情報収集に対する同社独自のアプローチは明らかに、最も革新的な金融サービス・プロバイダーと同じペースを保つために理想的なものです。」

すでに世界最大の銀行、企業、高成長のフィンテックの一部に好まれる選択肢であるComplyAdvantageは、規制対象の組織がリスク義務を管理して金融犯罪を防ぐサポートをしています。ComplyDataTM を備えた当社独自の情報収集のハイパースケール・アプローチは、疑わしい行動の検知と、顧客のライフサイクル全体での隠れたリスクの発見をサポートし、金融サービス・プロバイダーが最高水準のコンプライアンス監視と誠実さを維持できるように支援しています。

以上

ComplyAdvantageについて

ComplyAdvantageは、金融業界をリードするAI主導の金融犯罪リスク・データおよび検知テクノロジーの提供企業です。ComplyAdvantageは、マネーロンダリング、テロ資金供与、汚職、その他の金融犯罪のリスクを中和することを使命としています。75カ国の500社以上の企業がComplyAdvantageを利用し、世界で唯一の世界規模でリアルタイムの人と企業のデータベースを通じて、ビジネス相手のリスクを把握しています。当社は毎日、数百万個の構造化・非構造化データから数万件のリスク事象を積極的に特定しています。

ComplyAdvantageは、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、クルージュナポカに4つのグローバル拠点を擁し、ゴールドマン・サックス、オンタリオ州教員年金基金、インデックス・ベンチャーズ、バルダートン・キャピタルの支援を受けています。詳しくは、complyadvantage.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

ComplyAdvantage

Tim Donovan

+1.510.593.0064

Tim.Donovan@ComplyAdvantage.com

ComplyAdvantage EMEA

Ben Goldsmith

+44.0.7788.295321

ben@goldsmithcomms.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。