in

📢| AEMがアース・ネットワークス総合雷ネットワークのメジャーアップグレードを発表

※この記事は日本語専用記事となります。

強化されたネットワークにより、組織は100m以下の位置精度で雷活動を正確に特定可能

米コロラド州ロングモント–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — AEMは本日、アース・ネットワークス総合雷ネットワーク(ENTLN)の待望のアップデートを発表しました。雷位置精度と雷検知効率の両方を大幅に強化したENTLNは、AEMの顧客がリアルタイムで雷を追跡し、公共の安全と業務効果を脅かす可能性のある過酷気象の早期警告を行う能力を向上できるようになりました。

この機能強化は、専有的なENTLNアルゴリズムの再設計によるものであり、下記の通りです。

  • 100メートル以下という並外れた雷位置精度。精度が向上したことで、過酷気象から人々や資産を守る責任者は、重要な瞬間に自信を持って判断するための精度を向上可能に。
  • 地域ごとに95%以上の検知効率を実現し、世界中で雷検知を30~50%以上増加。ENTLNは、検知効率の向上とともに、業界有数の信頼性も高めた。
  • 対地放電と雲内放電の90%の分類精度。雷の種類に基づいて意思決定を行う顧客にとって、分類の向上により特定の状況に関連する雷事象を追跡する能力が向上。

ENTLNの雷データは、気象現象の調査、雷発生の検証、雷による被害の分析を行うサードパーティーアプリケーションでシームレスに利用できるよう、拡張したデータ形式で提供するようにしました。また、これらの新しいネットワーク機能に加え、雷センサーが再設計されており、遠隔環境での導入や保守が容易になりました。

この新しい雷機能は現在、下記のAEMの意思決定支援アプリケーション群に統合されています。

  • アース・ネットワークスSferic製品 – Sferic製品ラインは、雷、強風、豪雨などの過酷気象から命と資産を守るために、現在の状況や予測結果を表示する120以上のマップレイヤーを提供し、電子メール、テキスト、付属モバイルアプリケーションへのプッシュ通知でカスタムアラートを配信できる。
  • OneRain Contrail® – 洪水リスクの管理および警告、ダムの安全性、貯水池ゲート操作のためのContrailは、初期対応者の安全を確保し、地域の鉄砲水や高水状態を悪化させる可能性があるより活発な対流嵐を発見するための雷情報を提供する。
  • FTS360 – 山火事を監視・軽減するためのFTS360は、センサーと観測所のデータ、カメラ画像、ビデオを統合し、現在および将来の山火事事象について完全な状況認識を実現する。雷のデータは、潜在的な山火事の発火を早期に検知・確認することで、対応着手の時間を改善する。

AEMの最高商業責任者(CCO)を務めるマーク・ミラーは、次のように述べています。「環境リスクが高まり、世界中で過酷気象による影響が拡大する中、公共部門と民間部門の両方が、緊急行動計画の推進、人々の安全確保、業務停止時間の最小化のために、リアルタイムの洞察的な気象情報への依存を高めています。私たちは、業界有数の当社の雷検知ネットワークにこれらの改善をもたらし、意思決定者が市場で最も信頼できて頼りになる雷データに確実にアクセスしてもらえることを大変うれしく思います。」

ウェザーゾーンのマネジングディレクターであるマーティン・パーマー氏は、次のように述べています。「当社は新しいENTLNの早期採用企業として、それがオーストラリア総合雷ネットワーク(ATLN)にもたらした検知効率と位置精度の向上に感銘を受けています。同社のデータは、当社のソリューションや洞察的情報と共に、顧客が機動的に自信を持って意思決定を行うために必要な業務上のインテリジェンスを提供します。アース・ネットワークスのおかげで、当社はオーストラリア全土の組織や企業に包括的なソリューションを提供することができます。」

100カ国で1800台以上のセンサーを運用するアース・ネットワークス総合雷ネットワークは、世界最先端のグローバル雷ネットワークです。雲内放電と対地放電を総合的に観測する能力により、以前にも増して迅速な過酷気象警報、雷観測によるレーダー代替機能、リアルタイムの暴風雨可視化が可能になります。

この新しい雷ネットワーク機能とAEMのより広範な環境リスクソリューションは、米国気象学会(AMS)第102回年次総会で2022年1月27日まで展示中です。詳細については、AEMのウェブサイト(https://aem.eco)をご覧ください。

AEMについて

AEMは、世界的な技術リーダーを結び付け、地域社会や組織が激化する環境リスクに直面する中で生き残り、繁栄できるよう、その力を高めています。インテリジェントなセンシングネットワークの展開、セキュリティーと拡張性を備えたデータ管理インフラの運用、一連のエンドユーザーアプリケーションを通じた高価値分析の提供により、AEMは環境に関する洞察的知見を得るための不可欠な情報源として機能しています。これらの技術によって好ましい結果を実現し、環境負荷の低減に貢献して、より安全な世界を創出します。詳細情報についてはhttps://aem.ecoをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Anuj Agrawal

Anuj.Agrawal@aem.eco


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。