in

📢| 2022年度第3四半期業績: マイテレサは2022年度第3四半期のGMVの成長率が13.2%、2年成長率が67%になったこと、収益性が安定していること、2022年度通期の好調な業績を目指していることを報告

※この記事は日本語専用記事となります。

  • 総商品取扱額(GMV)は2022年度第3四半期に13.2%増加して1億8660万ユーロに(2021年度第3四半期は1億6480万ユーロ)
  • 売上高の力強さの証拠として、GMVは2020年度第3四半期から2022年度第3四半期の2年間に67.0%増加
  • 2022年度第3四半期のアクティブ顧客は直近12カ月に21.6%増加
  • 2022年度第3四半期の粗利益は力強く14.4%増加して8280万ユーロに
  • 2022年度第3四半期の収益性水準は安定的で、調整EBITDAは1020万ユーロ
  • 2022年度通期予想は力強く、事前予想範囲の下限に

ミュンヘン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — マイテレサ・グループの親会社であるMYTネザーランド・ペアレントB.V.(NYSE:MYTE)(マイテレサ、当社)は本日、2022年3月31日締め2022年度第3四半期の財務業績を発表しました。当高級マルチブランド・デジタル・プラットフォームは、売上高が再び力強い四半期成長を記録し、収益性も継続しました。

マイテレサのマイケル・クリガー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社事業は、第3四半期に多くの外部的課題の影響を受けたにもかかわらず優れた力強さを示しました。マイテレサが非常に堅調な業績を達成して調整EBITDAの収益性を維持したことを、うれしく思います。当社のGMVは2桁の伸びを見せ、顧客層は健全に拡大し、最優良顧客層はさらに力強いものになっています。そしてこのすべては、前年同期の47%という普通以上の伸びに続いて達成されたものです。当社は米国で引き続き力強く成長し、マイテレサにとって米国の成長率は再び最も高いものになりました。特にフロリダ州やテキサス州といった温暖な州で大きな成長が見られました。」

クリガーは、さらにこのように語りました。「今後数カ月間のマクロ経済環境を予測することは不可能ですが、高級品セクターは、強い底堅さを常に示してきました。さらに、高級品ショッピングでのオンラインへの移行は継続しており、成長を推進しています。2022年度第4四半期の最初の数週間に、価値の高いマルチブランドのお客さまと関わるために高級品デザイナーが選ぶパートナーは今もマイテレサであるとの確信が高まりました。当社は、自社事業の収益性のある成長の短期的・長期的潜在力に引き続き確信を持っています。」

2022年3月31日締め第3四半期の財務ハイライト

  • GMVは前年同期比13.2%増の1億8660万ユーロに(前年同期は1億6480万ユーロ)。
  • 純売上高の470万ユーロの増加(前年同期の純売上高1億6950万ユーロに対して2.9%)は、GMVよりも小幅。これは、キュレイテッド・プラットフォーム・モデル(CPM)へのブランドの切り替え予定の影響と、プラットフォーム料金を純売上高として計上するその後の影響によるものです。
  • 粗利益率は、前年同期の43.9%から4.90ポイント上昇して48.8%。これは主に粗利益率が100%のCPMの売上が増加したことと、正規価格販売の努力を継続したことによるものです。
  • 2022年第3四半期の調整EBITDAは1020万ユーロ(利益率6.0%)。前年同期は1110万ユーロ(利益率は6.8%)でした。調整営業利益は800万ユーロ(前年同期は910万ユーロ)でした。
  • 調整純利益は560万ユーロ(前年同期は450万ユーロ)。

最近の事業ハイライト

力強い世界的拡大:

  • GMV成長率は全体的に堅調で、2021年度第3四半期比で13.2%増、2020年度第3四半期比で67.0%増。
  • GMVの成長率は再び米国が最も力強く、2021年度第3四半期比で41.6%増、総GMVの増加したシェアは16.4%。
  • 欧州、中東、米国で影響力の大きい最優良顧客向けイベントを再び開催。
  • JD.comにマイテレサ旗艦店をオープンし、ブランド認知度と中国の消費者の信頼の向上を図りました。

継続的なブランド・パートナーシップ:

  • Loewe、Moncler、Berluti、Manolo Blahnik x Birkenstock、Gucci、Dior Eyewearなどとのコラボレーションによる厳選カプセル・コレクションの発表とプレローンチを実施。
  • フランスの高級植物由来スキンケア・ブランドSisleyとのビューティー・ポップアップが成功。
  • キュレイテッド・プラットフォーム・モデル(CPM)の6つのブランドとのオペレーションが継続的に成功。

優良顧客の増加:

  • アクティブ顧客は直近12カ月に21.6%増加して75万5000人に到達。
  • 2022年度第3四半期の初回購入者数は堅調で、顧客数は11万人を超過。
  • 1年前に獲得した顧客コホートの2022年度第3四半期の再購入率は非常に好調。
  • 2022年度年初来の最優良顧客数は2021年度の同期比で33.3%増加し、全顧客1人当たりの平均GMVは2021年度の同期比で4.4%増加。
  • ヴェスティエール・コレクティブとのパートナーシップでの独占的リセール・サービスが拡大に成功し、英国にサービスを拡大、間もなく米国にも展開。

好調な営業業績を維持:

  • オミクロン株の流行があったものの、マイテレサの全従業員の健康と福祉を最優先に、すべての事業で事業の継続性を維持。
  • 2022年度第3四半期のネット・プロモーター・スコアは77.7%となり、高い顧客満足度を達成。COVIDによる労働力不足を要因とした世界的な物流遅延の継続により昨年の高水準には達しませんでした。
  • 2022年度第3四半期は高い粗利益率(48.8%)を達成。引き続き正規価格事業に注力し、粗利益率が100%のCPMの割合が増加。

事業見通し

2022年6月30日に終了する通期については、当社は事前予想の下限を達成すると予想しています。

  • GMVは、7億5500万~7億7500万ユーロの範囲で、成長率は23%~26%。
  • 純売上高は7億~7億2000万ユーロ。
  • 粗利益は、3億5000万~3億6500万ユーロの範囲で、成長率は22%~27%。
  • 調整EBITDA利益率は9%~10%の範囲。

前述の将来見通しに関する記述は、マイテレサの本日時点での予想を示しています。以下に示す多くのリスク要因、不確実性、仮定を考慮すると、実際の結果は大きく異なるものになる可能性があります。マイテレサは、次の四半期決算発表まで、公開される情報を除き、将来見通しに関する記述を更新する意向はありません。

電話会議およびウェブキャストについて

マイテレサは、2022年5月10日午前8時(米国東部時間)より、2022年度第3四半期業績に関する電話会議を開催します。ウェブキャストでの参加をご希望の方は、マイテレサの投資家情報のウェブサイト(https://investors.mytheresa.com)からアクセスしてください。電話での参加をご希望の方は、+1 (844) 200-6205(米国)または+1 (929) 526-1599(海外)にダイヤルしてださい。パスコードは、239252です。録音再生は、マイテレサの投資家情報のウェブサイトからウェブキャストで聴取できます。電話による再生は、米国東部時間の2022年5月11日午前11時から2022年5月17日まで、+1 (866) 813-9403(米国)または+44 204 525-0658(海外)にダイヤルすることで、ご利用いただけます。録音再生のパスコードは、383682です。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1933年証券法第27A条(改正を含む)および1934年証券取引所法第21E条(改正を含む)の意味での「将来見通しに関する記述」が含まれています。これには、COVID-19の世界的パンデミックの影響、広告識別子(IDFA)の利用制限の影響、将来の売上高、費用、収益性、当社の事業および業界の将来の発展と予想される成長、当社のビジネスモデルおよび事業戦略を実行する能力、今後12カ月の運転資金、債務返済、設備投資の要件を満たすために十分な現金および借入能力を有していること、予想される資本支出に関する記述が含まれます。場合によっては、将来見通しに関する記述は、「見込む」、「考える」、「継続する」、「できるだろう」、「推定する」、「予想する」、「意図する」、「かもしれない」、「進行中」、「計画する」、「可能性がある」、「予測する」、「企画する」、「するはずだ」、「予定する」、「だろう」といった用語や、これらの用語の否定形または他の類似した用語によって特定することができますが、すべての将来見通しに関する記述にこれらの用語が含まれているわけではありません。これらの記述はあくまでも予測に過ぎません。実際の出来事や結果は、これらの将来見通しに関する記述で述べられたものや暗示されたものとは大きく異なるものになる可能性があります。これらの記述や当社の見通しを評価する際には、以下の要因を慎重に考慮してください。

当社は、法律で義務付けられている場合を除き、本プレスリリースの日付以降の出来事や状況を反映したり、新たな情報や予期せぬ出来事の発生を反映したりするために本プレスリリースに記載された将来見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

このような将来見通しに関する記述で述べられた事項の達成または成功には、既知または未知のリスク、不確実性、仮定が伴います。このようなリスクや不確実性が実際に発生した場合や、仮定が正しくないことが判明した場合、当社の業績は、当社の将来見通しに関する記述で明示または暗示されたものとは大きく異なるものになる可能性があります。

将来見通しに関する記述は、将来の出来事を予測するものとして信頼しないようにしてください。将来見通しに関する記述は、このような記述がなされた時点での当社の経営陣の考えと仮定を示すものです。

当社の財務業績に影響を与える可能性のあるこれらの要因およびその他の要因に関する詳細は、当社が米国証券取引委員会(SEC)に随時提出する文書に記載されています。これには、証券法の規則424(b)(4)に基づいて2021年10月15日に提出したフォーム20-Fに含まれる「リスク要因」の項目が含まれます。これらの文書は、SECのウェブサイト(www.sec.gov)および当社ウェブサイト(https://investors.mytheresa.com)の投資家情報のセクションのSEC提出文書のセクションで入手できます。

非IFRS財務指標および営業指標について

当社は、当社の事業を評価し、業績を測定し、事業に影響を与える動向を特定し、事業計画を策定し、戦略的意思決定を行うために、以下の事業指標や非IFRS指標を含む数多くの営業・財務指標を検討しています。調整EBITDA、調整営業利益、調整当期純利益を表示しているのは、アナリストや投資家、その他の関係者による当業界の企業の評価でよく用いられているためです。また、これらの指標は当社の営業業績の動向を明らかにする上で役立つと考えています。これらの指標は、経営陣の管理の及ばない項目や、当社の継続的な事業や業績を反映しない項目の影響を除外しているためです。調整EBITDA、調整営業利益、調整当期純利益には、特定の種類の費用が含まれていないため、制約があります。当社は、調整EBITDA、調整営業利益、調整当期純利益を補足情報としてのみ用いています。それぞれの調整と、それが補足的分析に適していると当社が判断した根拠を評価してください。

当社の非IFRS財務指標には以下のようなものがあります。

  • 調整EBITDAは非IFRS財務指標であり、金融費用(純額)、税金、減価償却費控除前の純利益として計算され、IPO準備・取引費用、その他の取引費用、IPO関連の株式報酬費用を除外して調整されたものです。
  • 調整営業利益は非IFRS財務指標であり、IPO準備・取引費用、その他の取引費用、IPO関連の株式報酬費用を除外した調整後の営業利益として計算されたものです。
  • 調整純利益は非IFRS財務指標であり、株主融資にかかる金融費用、IPO準備・取引費用、その他の取引費用、IPO関連の株式報酬費用、および関連する法人税効果を除外して調整した純利益として計算されたものです。

純利益(損失)に影響を及ぼす特定の項目(法人税、支払利息など)は変動性が高く予測が難しいため、将来見通しでは不相応な努力なくして純利益(損失)を予測することはできません。そのため、予想調整EBITDAとの差異調整を提示することはできません。

総商品取扱額(GMV)は営業指標であり、処理済み注文のユーロでの総額です。GMVには、商品代金、送料、関税が含まれます。返品、付加価値税、キャンセルは差し引かれています。GMVは当社の収益を表すものではありません。当社はGMVを、直販と委託販売の構成に影響されない当社プラットフォームの利用状況を示す指標として用いています。当社がプラットフォームの利用状況を監視するために用いている指標には、アクティブ顧客数、出荷済み注文総数、GMVなどがあります。

マイテレサについて

マイテレサは、有数の世界的高級ファッションeコマース・プラットフォームの1つであり、130カ国以上に出荷しています。1987年にブティックとして設立されたマイテレサは2006年にオンライン販売を開始し、レディトゥウェア、靴、バッグ、アクセサリーを婦人服、紳士服、子ども服向けに販売しています。200を超えるブランドの厳選された品揃えは、ボッテガ・ヴェネタ、バーバリー、ドルチェ&ガッバーナ、グッチ、ロエベ、ロロ・ピアーナ、モンクレール、プラダ、サンローラン、ヴァレンティノなど、真の高級ブランドを重視しています。マイテレサの独自のデジタル体験の基盤には、ハイエンドの高級品購入者、格別な製品とコンテンツの提供、先進的技術および分析プラットフォーム、そして質の高いサービス展開への強い注力があります。NYSE上場企業である当社(https://investors.mytheresa.com)は、上場企業としての初年度に6億1210万ユーロの純売上高(2020年度比36.2%増)を記録しました。

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

財務業績および主要営業指標

(単位:100万ユーロ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四半期

 

9カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%またはBPs)

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%またはBPs)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:100万)(未監査)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総商品取扱額(GMV)(1)

€ 164.8

 

€ 186.6

 

13.2%

 

€ 449.7

 

€ 550.6

 

22.4%

アクティブ顧客(直近12カ月、単位:1000)(1), (2)

621

 

755

 

21.6%

 

621

 

755

 

21.6%

出荷済み注文合計(直近12カ月、単位:1000)(1), (2)

1.384

 

1,703

 

23.1%

 

1.384

 

1,703

 

23.1%

純売上高

€ 164.8

 

€ 169.5

 

2.9%

 

€ 449.7

 

€ 514.9

 

14.5%

粗利益

€ 72.4

 

€ 82.8

 

14.4%

 

€ 209.6

 

€ 260.2

 

24.1%

粗利益率(3)

43.9%

 

48.8%

 

490 BPs

 

46.6%

 

50.5%

 

390 BPs

調整EBITDA(4)

€ 11.1

 

€ 10.2

 

(8.1%)

 

€ 43.7

 

€ 52.6

 

20.2%

調整EBITDA利益率(3)

6.8%

 

6.0%

 

(80 BPs)

 

9.7%

 

10.2%

 

50 BPs

調整営業利益(4)

€ 9.1

 

€ 8.0

 

(12.6%)

 

€ 37.6

 

€ 45.8

 

21.9%

調整営業利益率(3)

5.5%

 

4.7%

 

(80 BPs)

 

8.4%

 

8.9%

 

50 BPs

調整純利益(4)

€ 4.5

 

€ 5.6

 

25.8%

 

€ 24.5

 

€ 32.7

 

33.5%

調整純利益率(3)

2.7%

 

3.3%

 

60 BPs

 

5.5%

 

6.4%

 

90 BPs

(1) GMV、アクティブ顧客、出荷済み注文合計の定義は、当社中間報告書の29ページに記載されています。

(2) アクティブ顧客と出荷済み注文合計は、報告期間の最終日に終了した過去12カ月間(LTM)に当社サイトから出荷された注文に基づいて計算されています。

(3) 純売上高に対する比率。

(4) EBITDA、調整EBITDA、調整営業利益、調整純利益はIFRSで定義されていない指標です。これらの指標の計算方法とその使用の制限に関する詳細情報については、以下のページをご覧ください。

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

財務業績および主要営業指標

(単位:100万ユーロ)

以下の表は、純利益からEBITDAと調整EBITDA、営業利益から調整営業利益、純利益から調整純利益への差異調整を示しています。

 

四半期

 

9カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%)

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:100万)(未監査)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純利益

€ (50.0)

 

€ (4.3)

 

(91.4%)

 

€ (24.6)

 

€ (9.5)

 

(61.2%)

金融費用、純額

€ (4.6)

 

€ 0.3

 

(106.8%)

 

€ (14.8)

 

€ 0.7

 

(104.8%)

法人税費用

€ 3.8

 

€ 2.0

 

(47.2%)

 

€ 13.5

 

€ 12.4

 

(7.8%)

減価償却

€ 2.0

 

€ 2.3

 

12.0%

 

€ 6.1

 

€ 6.7

 

10.2%

その内、使用権資産の減価償却

€ 1.3

 

€ 1.4

 

9.7%

 

€ 3.9

 

€ 4.2

 

6.2%

EBITDA

€ (48.7)

 

€ 0.3

 

(100.6%)

 

€ (19.8)

 

€ 10.3

 

(152.0%)

IPOの準備および取引費用(1)

€ 3.3

 

€ 0.0

 

(100.0%)

 

€ 7.0

 

€ 0.0

 

(100.0%)

その他取引関連費用(2)

€ 0.0

 

€ 0.3

 

N/A

 

€ 0.0

 

€ 1.3

 

N/A

IPO関連の株式報酬(3)

€ 56.5

 

€ 9.6

 

(82.9%)

 

€ 56.6

 

€ 40.9

 

(27.6%)

調整EBITDA

€ 11.1

 

€ 10.2

 

(8.1%)

 

€ 43.7

 

€ 52.6

 

20.2%

 

四半期

 

9カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%)

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:100万)(未監査)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業利益

€ (50.7)

 

€ (2.0)

 

(96.1%)

 

€ (25.9)

 

€ 3.6

 

(113.8%)

IPOの準備および取引費用(1)

€ 3.3

 

€ 0.0

 

(100.0%)

 

€ 7.0

 

€ 0.0

 

(100.0%)

その他取引関連費用(2)

€ 0.0

 

€ 0.3

 

N/A

 

€ 0.0

 

€ 1.3

 

N/A

IPO関連の株式報酬(3)

€ 56.5

 

€ 9.6

 

(82.9%)

 

€ 56.6

 

€ 40.9

 

(27.6%)

調整営業利益

€ 9.1

 

€ 8.0

 

(12.6%)

 

€ 37.6

 

€ 45.8

 

21.9%

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

財務業績および主要営業指標

(単位:100万ユーロ)

 

四半期

 

9カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%)

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

変化率

(%)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:100万)(未監査)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純利益

€ (50.0)

 

€ (4.3)

 

(91.4%)

 

€ (24.6)

 

€ (9.5)

 

(61.2%)

IPOの準備および取引費用(1)

€ 3.3

 

€ 0.0

 

(100.0%)

 

€ 7.0

 

€ 0.0

 

(100.0%)

その他取引関連費用(2)

€ 0.0

 

€ 0.3

 

N/A

 

€ 0.0

 

€ 1.3

 

N/A

IPO関連の株式報酬(3)

€ 56.5

 

€ 9.6

 

(82.9%)

 

€ 56.6

 

€ 40.9

 

(27.6%)

株主融資の金融費用(4)

€ (5.0)

 

€ 0.0

 

(100.0%)

 

€ (16.0)

 

€ 0.0

 

(100.0%)

法人税効果(5)

€ (0.4)

 

€ 0.0

 

(100.0%)

 

€ 1.6

 

€ 0.0

 

(100.0%)

調整純利益

€ 4.5

 

€ 5.6

 

25.8%

 

€ 24.5

 

€ 32.7

 

33.5%

(1) 新規株式公開に係わる一時的専門家費用(コンサルティング、法務、会計費用)。これらは販売費および一般管理費に分類されています。

(2) その他の取引関連費用は、予想される取引に関連する一時的専門家費用(アドバイザリーおよび会計費用)です。

(3) 2021年度に、IPOの効力発生に伴い、一部の主要経営陣は一時の株式報酬を受け取り、これについての株式報酬費用は、将来の期間に既定の権利確定日程に従って認識されていきます。2022年3月31日締め9カ月については4090万ユーロです。これらの費用は、当社の中核的営業業績を示すものとは見なしていません。

(4) 調整純利益には、株主融資に関連する金融費用は含まれていません。当社はこれを当社の中核的業績を示すものとは見なしていません。当社は、2014年のニーマン・マーカスによる買収の一環として生じた株主融資によりいかなる受取現金も取得していません。2021年1月、新規株式公開による正味受取金の一部を使用して、株主融資(元本と未払い利息)を返済しました。

(5) 法定税率27.8%を前提とし、株主融資に係る金融費用の変化に伴う各期の課税所得の変動を反映させるため、過去の法人税費用の調整額を示しています。

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

未監査要約連結損益計算書および包括利益計算書

(単位:1000ユーロ、株式および1株当たりデータを除く)

 

 

 

四半期

 

9カ月

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:1000ユーロ)

 

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

2021年3月31日

 

2022年3月31日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純売上高

 

 

164,776

 

169,512

 

449,728

 

514,914

売上原価(減価償却を除く)

 

 

(92,413)

 

(86,747)

 

(240,114)

 

(254,716)

粗利益

 

 

72,363

 

82,765

 

209,614

 

260,199

出荷・決済費用

 

 

(19,265)

 

(25,146)

 

(51,931)

 

(70,622)

マーケティング費用

 

 

(22,094)

 

(23,280)

 

(59,231)

 

(69,536)

販売費および一般管理費

 

 

(80,040)

 

(34,214)

 

(117,701)

 

(111,352)

減価償却

 

 

(2,040)

 

(2,284)

 

(6,107)

 

(6,728)

その他の費用(収入)、純額

 

 

329

 

184

 

(568)

 

1,612

営業利益

 

 

(50,747)

 

(1,975)

 

(25,925)

 

3,574

金融収益

 

 

5,905

 

0

 

22,148

 

0

金融費用

 

 

(1,295)

 

(314)

 

(7,380)

 

(702)

金融収益(費用)、純額

 

 

4,610

 

(314)

 

14,768

 

(702)

税引き前利益(損失)

 

 

(46,137)

 

(2,289)

 

(11,157)

 

2,872

法人税費用

 

 

(3,838)

 

(2,028)

 

(13,464)

 

(12,418)

純利益(損失)

 

 

(49,975)

 

(4,317)

 

(24,621)

 

(9,546)

キャッシュフロー・ヘッジ

 

 

(992)

 

448

 

(43)

 

(1,721)

キャッシュフロー・ヘッジに係わる法人税

 

 

211

 

(125)

 

(20)

 

479

為替換算

 

 

 

14

 

 

(39)

その他の包括利益(損失)

 

 

(781)

 

337

 

(63)

 

(1,281)

包括利益(損失)

 

 

(50,755)

 

(3,979)

 

(24,683)

 

(10,827)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本および希薄化後1株当たり利益

 

(0.60)

(0.05)

 

(0.33)

(0.11)

加重平均流通普通株式数(基本、希薄化後) – 単位:100万

 

 

82.8

 

86.4

 

74.4

 

86.3

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

未監査要約連結貸借対照表

(単位:1000ユーロ)

(単位:1000ユーロ)

2021年6月30日

2022年3月31日

資産の部

固定資産

無形資産およびのれん

155,611

155,242

有形固定資産

 

 

8,810

 

8,308

使用権資産

14,009

21,923

固定資産合計

178,430

185,473

流動資産

 

 

棚卸資産

 

 

247,054

 

226,117

売掛金およびその他の債権

5,030

5,932

その他の資産

 

 

14,667

 

58,713

現金および現金同等物

76,760

93,527

流動資産合計

 

 

343,510

 

384,288

資産の部合計

521,941

569,761

 

 

株主資本および負債の部

 

 

引受資本

1

1

資本準備金

 

 

444,951

 

488,022

累積欠損金

(60,837)

(70,382)

その他の包括利益累計額

 

 

1,602

 

320

株主資本の部合計

385,718

417,961

 

 

固定負債

 

 

 

 

 

引当金

 

 

717

 

750

リース負債

8,786

17,032

繰延税金負債

 

 

2,308

 

5,058

固定負債合計

11,811

22,841

流動負債

 

 

 

 

 

税金負債

 

 

14,293

 

20,862

リース負債

 

 

5,361

 

5,116

契約負債

10,975

8,737

買掛金およびその他の債務

 

 

43,558

 

42,797

その他の負債

50,225

51,448

流動負債合計

 

 

124,412

 

128,959

負債合計

136,223

151,800

株主資本および負債の部合計

 

 

521,941

 

569,761

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

未監査要約連結株主資本等変動計算書

(単位:1000ユーロ)

(単位:1000ユーロ)

 

引受資本

 

資本準備金

 

累積欠損金

 

ヘッジ準備金

 

為替換算準備金

 

株主資本の部合計

2020年7月1日現在の残高

 

1

 

91,008

 

(28,232)

 

 

1,602

 

64,377

純利益

 

 

 

(24,621)

 

 

 

(24,621)

その他の包括利益

 

 

 

 

(63)

 

 

(63)

包括利益

 

 

 

(24,621)

 

(63)

 

 

(24,683)

新規株式公開(IPO)による増資

 

 

283,224

 

 

 

 

283,224

IPO関連の取引費用

 

 

(4,550)

 

 

 

 

(4,550)

株式報酬

 

 

59,833

 

 

 

 

59,833

2021年3月31日現在の残高

 

1

 

429,514

 

(52,853)

 

(63)

 

1,602

 

378,201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年7月1日現在の残高

 

1

 

444,951

 

(60,837)

 

 

1,602

 

385,718

純利益

 

 

 

(9,546)

 

 

 

(9,546)

その他の包括利益

 

 

 

 

(1,242)

 

(39)

 

(1,281)

包括利益

 

 

 

(9,546)

 

(1,242)

 

(39)

 

(10,827)

株式オプションの行使による発行済資本

 

 

369

 

 

 

 

369

株式報酬

 

 

42,701

 

 

 

 

42,701

2022年3月31日現在の残高

 

1

 

488,022

 

(70,382)

 

(1,242)

 

1,563

 

417,961

 

MYTネザーランド・ペアレントB.V.

未監査要約連結キャッシュフロー計算書

(単位:1000ユーロ)

3月31日締め9カ月

(単位:1000ユーロ)

2021

2022

 

純利益(損失)

 

 

(24,621)

 

(9,546)

調整

 

 

 

 

 

減価償却

 

 

6,107

 

6,728

金融支出(収入)費用、純額

 

 

(14,768)

 

702

株式報酬

 

 

59,833

 

42,701

法人税費用

 

 

13,464

 

12,418

営業資産と負債の変動

 

 

 

 

 

引当金の増加(減少)

 

 

133

 

33

棚卸資産の(増加)減少

 

 

(63,425)

 

20,937

売掛金およびその他の債権の(増加)減少

 

 

(805)

 

(902)

その他資産の減少(増加)

 

 

2,526

 

(44,035)

その他負債の(減少)増加

 

 

(3,936)

 

(509)

契約負債の増加(減少)

 

 

(1,083)

 

(2,239)

買掛金およびその他の債務の増加(減少)

 

 

(10,493)

 

(761)

支払い法人税

 

 

(2,684)

 

(2,620)

営業活動によるキャッシュフロー

 

 

(39,751)

 

22,907

有形固定資産および無形資産のための支出

 

 

(1,555)

 

(1,702)

固定資産および無形資産売却による受取金

 

 

44

 

投資活動によるキャッシュフロー

 

 

(1,511)

 

(1,702)

支払利息

 

 

(4,581)

 

(702)

銀行負債による受取金

 

 

64,990

 

銀行負債の返済

 

 

(74,990)

 

株主融資の返済

 

 

(171,827)

 

増資による受取金

 

 

283,224

 

IPOの準備および取引費用

 

 

(4,550)

 

株式オプションの行使による受取金

 

 

 

369

リース債務の支払

 

 

(4,345)

 

(4,067)

財務活動によるキャッシュフロー

 

 

87,922

 

(4,400)

現金および現金同等物の純増(純減)

 

 

46,659

 

16,806

期首の現金および現金同等物

 

 

9,367

 

76,760

為替レートの変化の現金および現金同等物への影響

 

 

(18)

 

(39)

期末の現金および現金同等物

 

 

56,008

 

93,526

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20220510005162/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Investor Relations Contacts
Mytheresa.com GmbH

Stefanie Muenz

phone: +49 89 127695-1919

email: investors@mytheresa.com

Solebury Trout

Deena Friedman / Maria Lycouris

phone: +1 800 929 7167

email: investors@mytheresa.com

Media Contacts for public relations
Mytheresa.com GmbH

Sandra Romano

mobile: +49 152 54725178

phone: +49 89 127695-236

email: sandra.romano@mytheresa.com

Media Contacts for business press
Mytheresa.com GmbH

Alberto Fragoso

mobile: +49 152 38297355

phone: +49 89 127695-1358

email: alberto.fragoso@mytheresa.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。