in

📢| クエクテルがRTKとDRの技術を搭載したデュアルバンド高精度GNSSモジュールのLC29Hをリリース

※この記事は日本語専用記事となります。

LC29Hシリーズは、センチメートルやデシメートルのレベルでの高精度測位という市場ニーズに対応する高性能かつ高電力効率のソリューションを提供


独ニュルンベルク–(BUSINESS WIRE)–IoTソリューションを提供する世界的企業であるクエクテル・ワイヤレス・ソリューションズは、デュアルバンドのマルチコンステレーションGNSSモジュールとなるLC29Hを発表しました。Airoha AG3335プラットフォームを使用して構築されたLC29Hは、複数のバリエーションがあり、オプションでRTKとDRを統合することも可能です。LC29H シリーズは、センチメートルやデシメートルのレベルでの高精度測位を必要とする市場のニーズに応えるため、高性能で電力効率の良いソリューションとなります。これらのモジュールは、自律型芝刈り機、ドローン、精密農業、小型スクーター、配送ロボット、その他の産業用自律型アプリケーションの拡大する市場にうってつけです。

クエクテルのパトリック・チェン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「センチメートルレベルの精度を持つ高精度測位は、多くの新しいIoTアプリケーションにとって一層不可欠になっています。精密なナビゲーションを必要とするロボット工学、UAV、産業の分野におけるアプリケーションは、新たな市場要求を牽引しており、私たちは最新世代の高精度測位モジュールを発売できることを非常にうれしく思います。求めやすい価格で使いやすくクラス最高のソリューションをお客さまに提供することに傾注している当社は、IoT市場が幅広いシナリオでセンチメートルレベルの測位モジュールを大量に採用する準備が整ったと考えています。」

LC29Hは、すべてのコンステレーション(GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS)からの信号を同時に受信・処理し、SBASのサポートと組み合わせて、衛星信号の可用性を最大化します。このモジュールは、L1およびL5のデュアルバンド信号受信をサポートしており、これにより端末は、信号が遮断された場合でも、収束時間の短縮、測位精度の向上、高速応答を実現することができます。デュアルバンド設計により、高層ビル周辺や深い都市渓谷で発生するマルチパスの影響を大幅に低減し、信頼性の高い測位性能を提供します。

また、一部のバージョンでは6軸IMU慣性センサー(3軸加速度センサー+3軸ジャイロスコープ)を搭載し、RTKおよびDRの測位アルゴリズムを統合することで、地下駐車場、トンネル、都市渓谷、森林など、衛星信号が一部または完全に遮断された状況でも車線レベルの精密な測位を継続的に行うことが可能です。衛星信号が再取得されると、LC29Hは慣性センサーデータとGNSS信号を結合し、統合ナビゲーションにより短い収束時間とデシメートルレベルの測位精度を提供します。

パッシブアンテナ使用時の性能を向上させるため、組み込みLNAと内蔵SAWフィルターを搭載し、高感度と卓越した測位精度を確保しています。

LC29Hは12nmプロセスの2周波数レシーバーチップと高度な低消費電力管理を採用し、低消費電力でのGNSSセンシングと位置決めを実現しています。そのためこのモジュールは、携帯用機器、資産追跡用装置、共有車両など、厳しい電力要件を持つバッテリー駆動機器に最適なソリューションとなります。

LC29Hシリーズは、LCCフォームファクターと12.2mm × 16.0mm × 2.5mmという業界標準のフットプリントサイズを特徴としており、システム統合が容易で、従来の設計を最新の高精度GNSS技術にスムーズに移行させることができる設計になっています。

LC29Hには4つの製品バリエーションがあり、それぞれ異なるアプリケーションシナリオを対象にしています。LC29H(EA)は、農業用ドローンや電力検知端末などの成長市場に最適なソリューションとなり、複雑なシステムの干渉防止能力を向上させることができます。LC29H(BA)は農業機械や特殊車両に適しており、LC29H(DA)はネットワーク接続型の芝刈機や安全ヘルメットにおいてセンチメートルレベルの精度を競争力のあるコストで実現することが可能です。

さらに、LC29Hはクエクテルの幅広い既製品およびカスタマイズ品のGNSSアンテナをバンドルすることができます。パッシブアンテナとアクティブアンテナの両方を提供しており、高精度測位に対する顧客の要求を満たすことができます。コネクタータイプやケーブル長のカスタマイズに加え、シミュレーションや試験サービスを含む包括的なアンテナ設計サポートも提供しています。また、お客さまが迅速に製品開発を行えるよう、カスタマイズ式アンテナソリューションの製造も可能です。

LC29Hは、2022年6月21~23日に開催されるエンベデッド・ワールド・ニュルンベルクのホール5、171番ブースで展示中です。

クエクテルについて

クエクテルは、よりスマートな世界を目指す情熱によって、IoTの革新を加速させています。顧客中心を強く打ち出した組織である当社は、傑出したサポートとサービスによって支えられた世界的なIoTソリューションプロバイダーです。4000人を超える専門家から成り成長を続ける当社の世界的チームは、セルラー、GNSS、WiFi/BTモジュール、アンテナ、IoT接続の革新のペースを先導しています。上海証券取引所(603236.SS)に上場している当社の国際的な経営陣は、世界中でIoTを推進することに専心しています。

詳細情報についてはwww.Quectel.comリンクトインフェイスブックツイッターをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。 

Contacts

Ashley Liu

media@quectel.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。