in

📢| FEELMが電子たばこ製造免許を取得

※この記事は日本語専用記事となります。

中国・深セン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界最大の電子たばこメーカーであるスモアの主力霧化技術プラットフォームのFEELMは、今年になって中国政府が定めた要件に従い、電子たばこ製造免許を取得しました。


2022年初めに、中国は電子たばこの新たな国家基準を定め、機器メーカーに製造免許の取得を義務付けました。スモアの3工場(そのうち2工場はFEELMブランドで免許取得)はこの免許を取得し、FEELMも自ブランドの事業として電子たばこを製造する正式な認可を受けました。

スモアは、すべての電子たばこメーカーが法律を完全に遵守して事業を行うことを保証するこの新たな政策的枠組みを歓迎しています。スモアの目標は、科学技術を事業モデルの原動力として継続して活用し、業界の長期的な持続可能性を積極的に推進し、世界中のお客さまと顧客層をサポートすることです。

FEELMの製品は、すでに世界50カ国以上で販売されています。2022年に、FEELMは革新的な使い捨て電子たばこデバイスのFEELM Maxと、世界初の超薄型電子たばこデバイスのFEELM Airを発売します。これらの新製品は、米国、欧州、アフリカなどの市場で販売され、FEELMの電子たばこ市場の世界的技術リーダーとしての地位を固めようと目指しています。

FEELMは現在、年間計20億個のデバイス製造能力を持ち、1時間当たり7200個以上のアトマイザーを製造できる業界初の完全自動化製造ラインを誇ります。高品質な製造工程は、お客さまの電子たばこ体験の継続的な向上を中心に置いています。

FEELMについて:

SMOOREの主力技術ブランドのFEELMは、世界をリードするクローズド・ベイプ・システム・ソリューション・プロバイダーです。世界有数のセラミック・コイル加熱技術に基づき、FEELMは本物の風味の再現技術と革新的な電子技術を組み合わせ、最高の感覚と上質な吸引体験をもたらします。

スモアについて:

スモアは、ODMベースのHNB製品のための電子たばこ機器や電子たばこ部品の製造を含む電子たばこ技術ソリューションの世界的大手であり、高度な研究開発技術、強力な製造能力、幅広い製品ポートフォリオ、多様な顧客基盤を有しています。

フロスト&サリバンによれば、SMOOREは収益で世界最大の電子たばこ機器メーカーとして、2021年時点で世界の市場シェアの22.8%を占めています。その世界的な市場シェアは、2位から5位のシェアの合計を超えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For more information or journalist queries, please contact Tommy Gilchrist on 0044 7388 110 679 or via tommy@davidroach.co.uk.


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。